集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > アメリカの集団ストーカーについて知りたい!
公開日: 2021/10/03 最終更新日: 2021/09/21
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/10/03 最終更新日: 2021/09/21

アメリカの集団ストーカーについて知りたい!

アメリカの集団ストーカーとテクノロジー犯罪は総称して「ターゲットにされた個人”Targeted Indivisuals”」、あるいは「ギャングストーキング”Gang Stalking”」、「スローキル”Slow Kill”」と呼ばれています。

ここではアメリカの集団ストーカーについて有名な言葉である”Targeted Indivisuals”と呼ぶことにします。

目次| アメリカの集団ストーカーについて知りたい!

アメリカにおける集団ストーカーの方法

長い実験の証が現代の集団ストーカー

日本では、テクノロジー犯罪を「不正電波」と称する探偵事務所もありますが、使い方としては正しくありません。テクノロジー犯罪はマイクロ波・高周波・赤外線・放射線・低周波などの電磁波を利用してターゲットの身体に何らかの反応を期待するものです。

歴史は、アメリカがドイツの当時ナチス側にいた戦犯・マインドコントロール・拷問を行っていた研究者を招聘してMKウルトラ計画の前身にあたるペーパークリック作戦が今日のテクノロジー犯罪の発端とされています。

MKウルトラは1950~60年代にCIAとタビスタック研究所が国民を被験者として「大衆支配」という目的のために包括的に(心理学応用から科学技術による特許を取得)行ってきた秘密の実験なのです。

長い実験結果を経た集大成として大まかに分けて現在のコインテルプロ、ガスライティング、エレクトロニクスハラスメントにつながっていきます。

一部の者たちによる身辺調査による人間関係破壊工作や金銭工作がコインテルプロにあたります。多くの加担者による防犯パトロールと称したつきまとい、仄めかしなどがガスライティングにあたります。

頭の中で声がする、頭や身体に損傷を与える電磁波を撃ってくる、思考盗聴をするのがエレクトロニクスハラスメントと呼ばれるものです。

アメリカにおける集団ストーカーのメディア報道

アメリカ人は社会問題として認知済

アメリカのメディアは、”Targeted Indivisuals”について今まで何度も報道されています。

日本のように、「集団ストーカーという人は精神病」として言論統制が日本全土、一律統制されていることはありません。

アメリカでは”Targeted Indivisuals”という言葉を聴くと大概は「知っている」という反応になるようです。

それというのも、FOXやCNNなど大手のメディアで”Targeted Indivisuals”が社会問題として報道されているからです。”Targeted Indivisuals”がアメリカでは世間に周知されています。

世間に周知させる運動をしやすいということでしょう。多くの人がデモに参加する、情報共有しやすい環境にあり、発言できるのがアメリカというわけです。

最近ではChange.orgなどで署名活動をしている方がおり発起人はアメリカ人の女性です。多くの方が賛同しています。

既に多くの被害者の方たちが団結しており情報共有しているのですから、メディアが注目して社会問題として報道するのは当然でしょう。

日本の被害者は情報を有利に活用しよう

昨今の情報戦は被害者が有利な立ち位置に

日本ではアメリカとは異なり、以前からインターネット上では否定的です。

掲示板で集団ストーカーについて相談すると「精神病だから病院へ行け」、集団ストーカーについての本が出版されるとコメント評価には「集団ストーカーという人は精神病で異常者」というレッテルが貼られます。

一昔前のインターネットはTwitterやYouTubeによるライブ配信がなかったので、コメント締め切りのある質問箱が主流の時代では一方的に被害者を陥れるような発言で終了していることが多く見受けられました。

アメリカではそういう現象はないようです。但し、現在はリアルタイムによる発言が生きた情報として尊重され共有されるため、一方的に発言して終了するような情報筋の質の低下は終了していく傾向にあります。

今後は、リアルタイムで返信できる時代ですので「嘘」が見破れやすくなっています。嘘の情報拡散をすると、すぐに「あのアカウントは嘘情報だから気を付けて」と注意してくれる人がいます。そのため情報共有が「生きた情報」となりやすく被害者にとって有利な時代になってきているかもしれません。

真実を知らなければ何も変わらない

集団ストーカーQ&A

Q

集団ストーカーは解明できますか?

A

集団ストーカーそのものが解明されるとしたら、世界的なきっかけとなる発表がなされることでしょう。日本が単独でしているわけではありませんので、集団ストーカー存在そのものをあなたが解明しようとしても難しいでしょう。但し、あなただけの被害の問題を解決することは可能です。それには被害の証拠を撮る必要があります。被害の証拠を撮るにはひとりでは困難ですので、私どもにご相談ください。

Q

集団ストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にも集団ストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

集団ストーカーを早期に解決するには

実行犯の割り出しから

集団ストーカーに加わっているメンバーは、身元がバレるのを何よりも恐れます。そのため、誰が嫌がらせに加担しているのかをターゲットや世間に知られないように、数ヵ月ごとにメンバーを入れ替えたり、他の地域へ派遣させたりする集団もいます。

集団ストーカーは、徒党を組まなければ何もできない小心者たちの集まりと言っても過言ではありませんが、しかし、集団になったとき、組織的に動く彼らの結束力や団結力を甘く見てはいけません。

プロファイリングされている被害者

彼らはターゲットにした相手の家族構成や家庭環境、交友関係、職場環境などを徹底的に調べあげ、どのような嫌がらせをするのが最も効果的でダメージが大きいかを計算しています。

他の人ならほとんど気にならないようなことでも、ターゲットが不快に感じたり苦手にしたりしていることを執拗に繰り返して精神的な苦痛を与えようとします。

そのような集団ストーカーに1人で立ち向かおうとするのは無謀であり、危険でもあります。つきまといやストーカー行為をやめさせようとして躍起になればなるほど、嫌がらせはエスカレートしかねません。

多勢に無勢では太刀打ちできない場合がほとんどなので、私ども「対策専門窓口」をお頼りください。

集団に対抗する方法

ストーカー行為や嫌がらせをやめさせる第一歩として、対策専門窓口では、ストーカー集団を束ねている主犯格もしくは実行犯を割り出し、身元を特定します。

そのうえで、警察に被害届を出す、精神的苦痛を被ったとして損害賠償請求をする、訴訟を起こすなどの措置をとることもできますが、いずれの場合でも被害の実態を証明する証拠が必用になります。

証拠の収集および警察署や裁判所に提出する書類の作成も私ども対策専門窓口がお手伝いします。1人で悩んだり、集団ストーカーに立ち向かおうとしたりせず、まずは私たちに話を聞かせてください。

大切なのは集団ストーカーや嫌がらせをやめさせるだけでなく、二度とさせないことです。私どもと一緒に集団ストーカー問題を解決していきましょう。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop