探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 青森県電磁波対策|思い当たる症状は?
公開日: 2020/11/04 最終更新日: 2020/11/19
探偵ニュース
 公開日: 2020/11/04 最終更新日: 2020/11/19

青森県電磁波対策|思い当たる症状は?

ずっと抱えていた
電磁波の悩み無事解決!

青森県担当スタッフの
電磁波お悩みサポート!

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、青森県で電磁波を悪用した嫌がらせで悩んでいる方に、電磁波の正しい解決方法に対応することを目的に、今起きてる身の覚えのないトラブルの原因が何なのかを探ることができます。電磁波の被害は個人差がありますが、人体に影響をうけているのが電磁波なのか?知ることが重要です。自分が我慢すれば全て丸く収まるようなレベルではない近年の嫌がらせに、見えない敵に怯える日から解放される最後までサポート致します。

青森県電磁波過敏症相談

目次

電磁波調査について

電磁波調査の目的

  • 電磁波の測定及び平均値
  • 電磁波過敏症(自律神経失調を中心とした健康被害)の原因追及
  • 電磁波過敏症と似た症状の化学物質過敏症などの可能性を追及

青森県だけではなく全国的に電磁波による過剰な照射による健康被害を訴える人が、水面下で増加してると言われています。ここでは、電磁波について調査する重要性と身体の不調との関係について考えてみてましょう。電磁波で人体を攻撃するのはテクノロジー犯罪の要素がかなり強く、故意に電磁波を発生させている場合や、周辺環境の影響や電磁波と思わせるような嫌がらせ問題も含め、電磁波の数値を調べて欲しいという問い合わせが多く、無視できない事案となっているのです。

探偵事務所が電磁波を測定する理由

電磁波の影響が、「人為的に行われている場合」測定だけでは解決しません。電磁波測定は「原因追及」であり探偵が行う意味は、「加害者の特定」になります。電磁波かもしれないなど確定要素がなくても「電磁波数値」ことを知ることで、ご自身が抱えている不安要素を取り除くことができます。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、専門機器の説明や調査方法や料金、解決方法についてわかりやすくご説明をさせていただきます。

真実を知らなければ何も変わらない

電磁波被害について

青森県での電磁波被害者の特徴

電磁波はスマートフォン、電化製品から発生しており電磁波が発生しない環境は皆無と言えます。ここ最近、電磁波による体調不良やテクノロジー犯罪の1つである身体被害を訴えてる人が水面下で増えているなかで、電磁波の影響について知ってもらおうと思いまとめて見ました。

  • 不眠症に悩まされている
  • 息苦しくなり窒息感が続く
  • 体がよく疲れるようになった
  • 頭痛や後頭部が重い
  • 皮膚のざわつき、皮膚にあたる感覚がある
  • 免疫機能の低下でアレルギー状態が続く
  • 集中力の欠如で考えがまとまらない

電磁波過敏症はストレスが蓄積されて起こると言われており、電磁波に敏感になるとそれだけ神経が高ぶった状態で生活を送らなければなりません。今起きてる体の不調が精神的なストレスからきているのか、電磁波による体の不調なのかはっきりするために、電磁波を正確に測定する必要があります。

電磁波は目に見えないので、電磁波の影響があると第三者に訴えても「妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないリスクが高いので、電磁波の影響が人為的に行われている疑いがある場合、電磁波測定だけでは解決しないので専門家に必ずご相談ください。

電磁波過敏症(ElectricalHypersensitivity)とは

集中力低下や皮膚の腫れ…
病態解明へ第一歩

家電製品などの電磁波にさらされることで集中力低下や皮膚過敏などの症状を示す「電磁過敏症」の人は、日本で人口の3.0~5.7%に上るという研究結果を早稲田大応用脳科学研究所「生活環境と健康研究会」のチームがまとめた。

電磁過敏症は家電製品のほか携帯端末、携帯電話基地局、パソコン、高圧送電線などが発する電磁波が原因とされ、世界的に問題になっている。ただ実態はよく分かっておらず、診断基準もない。英国では2万人を対象とした調査で人口の4%という結果が出ている。

研究会の代表、尚絅学院大(宮城県名取市)の北條祥子名誉教授は今回の結界について「病態の解明に向けた第一歩。調査を重ね、診断基準作りや治療法と予防法の開発につなげたい」と語る。

チームは英国で調査に使われた問診票を日本向けに改良。全国の一般人2千人と、電磁過敏症の症状を自助グループなどで自己申告している165人に送り、一般人1306人、自己申告者127人から有効回答を得た。

自己申告者と一般人の回答を統計的に分析し「電磁過敏な人」の基準を設定。日本の人口に占める「電磁過敏な人」の割合を推定した。

電磁過敏症の症状の例
中枢神経 極度の疲労、集中困難、憂鬱(ゆううつ)、注意欠如など
皮膚 皮膚過敏、発赤、腫れ、チクチク感など
その他 頭痛、耳鳴りなど

北條名誉教授は「多くの電磁波発生源に囲まれて生活している現代では誰がいつ発症してもおかしくない。こういう健康障害があるということを認識し、気をつけて生活すれば発症は未然に防ぐことができると思う」と話している。

電磁波に関する被害事例

電磁波過敏症は私だけで家族に理解してもらえない

電磁波過敏症という症状がインターネット上で検索すると、かなり多くのキーワードがヒットします。電磁波の被害者は、電磁波で攻撃されてるという事例が多く「毎日頭痛がする」「体がピリピリする」「体の痺れ」や不眠症など確認されています。

女性
ご依頼者様: 青森県 59才/女性
ご依頼内容: 電磁波測定調査
ご依頼理由: マンションで一人暮らしをしています。深夜が特にひどく体が「チクチク」したり「皮膚が熱い」などの症状が起きます。上階の住民によるものではないかと考えていますが、原因がまったく不明のままで困っています。引っ越しを視野にいれていますが、被害者である私がなぜ逃げないといけないのか納得がいかないため、誰の仕業であるか確かめたいです。場合によっては、法的手段をとることも考えています。
専門家のアドバイス: まずは原因を特定するところから進めていく必要があります。マンションの構造・住人・生活環境など、様々な視点から情報を収集していくことで、被害原因を絞り込んでいきます。原因の特定が完了した後は、加害者の特定を行う流れとなります。十分な証拠や加害者の身元を特定することで、裁判や示談といった法的な処置を行うことも可能です。

最近よく耳にするエレハラ被害

このような嫌がらせを一般に「エレクトロニックハラスメント」と呼ばれています。日本では馴染みがないエレクトロニックハラスメントは海外では問題視されてるハラスメントの種類で、アメリカでは電磁波などの異常な照射を州法のなかで禁止しています。日本の場合、総務省が電波に関する管轄を行ってますがエレクトロニックハラスメントの対策は皆無に等しく放置したままの状態で、電波の規制を望む声がでています。

男性
ご依頼者様: 青森県 38才/男性
ご依頼内容: 電磁波測定調査
ご依頼理由: 私は家族と戸建てに住んでいて、両親と同居しています。自宅は私と両親だけなのですが、ある時から体を突き刺すような痛みがでるようになりました。両親に異変は全くなく、不思議に思いましたが、私だけは日に日に強くなっており、不眠症になり相談しましたが「気のせい」で終わり。病気と思い病院で診てもらっても異常はありませんでした。このことを友人に相談しましたが、半信半疑といった感じであまり助けにはなりませんでした。一秒でも早く、やめてもらいたい。
専門家のアドバイス: 電磁波被害に悩まされる方は多くいらっしゃいます。このようなケースは自分だけで解決することは不可能に等しく、周りの助けを受けることも難しいため、電磁波被害の専門家に相談することが大切です。

電磁波測定に関連するQ&A

よくあるご質問

Q

調査を依頼して秘密が漏れることはありませんか?

A

漏れることは一切ありません。ご依頼者様から頂いた情報や調査で取得した情報などは、厳格な守秘義務が課されており、外部に持ち出し禁止で事務所内の保管室に保存しております。また調査終了後にはご依頼様から頂いた情報や調査で取得した情報は全て破棄させて頂いております。裁判等でご依頼者様のご希望があれば弊社で保存しておくことも可能です。

Q

電磁波を浴びるとどのような症状がでるのでしょうか?

A

鬱や集中力の欠如などの神経症状が最も多い他にも、吹き出物や腫れ、赤みといった皮膚症状、頭痛、筋肉・関節症状などがあります。また、電磁波及び微量化学物質による健康被害(シックハウス症候群や化学物質過敏症)を併発している可能性もあるので専門家に調べてもらうことから始めましょう。

Q

嫌がらせ行為者から仕返しされませんか?

A

嫌がらせする人の心理を知ることで対策・対処できます加害者が一方的に「傷付けられた」などの被害意識を持ち、その復讐や報復のために嫌がらせを行うケースです。嫌がらせ行為に対して怒ったり怯えたり困ったり怖がったりといったリアクションを起こすことは、加害者にとって嫌がらせ成功となりますので、毅然とした態度で「迷惑だから止めて」と相手に伝えるようにしましょう。

Q

発がんの可能性も指摘されてますが大丈夫?

A

健康面で差が出る可能性があります。携帯電話が発する電磁波(高周波)は、脳腫瘍の危険性を高める可能性があると国際がん研究機関では位置づけされています。送電線や変電所などの近くで高まる電磁波も、小児白血病との関連が疑われています。

Q

電磁波の影響の種類は?

A

熱的作用・刺激的作用・その他の作用が報告されています。電波が人体に与える影響について多くのことが分かってきています。電波が人体に与える作用として、電波がとても強い場合に限られますが、その場合「刺激作用」と「熱作用」を及ぼします。

電磁波被害対策について

どのような環境かチェックする

欧米に比べて、日本の住居は狭く、低周波電磁波からの影響は受けやすい環境です。まずは、自分の住んでいる環境をチェックし正しい電磁波測定を行うことをおすすめします。

青森県内での電磁波対策事例
  • 携帯電話基地局やオール電化、電柱の上に設置してある変圧器(トランス)の影響はないか?
  • 強力な電磁波発生電化製品や電子機器の使用を極力やめる。
  • 間違った電磁波対策(防止グッツやアルミなど)をしていないか確認する。

有害電磁波にさらされていないか?

現代では電磁波被曝を避けて生活するのは不可能と言われています。電磁波の正しい知識を身につけて、電磁波とうまく付き合っていく対策と予防をしましょう。電磁波といっても、「環境」や「体質」によって症状は様々で全く気にならない方もいます。故意におこなっている可能性がある場合は、下記対策と併用して専門家にご相談ください。

青森県内での電磁波被害対策事例
  • 自宅内の電磁波を測定し正しい対策を行う。
  • 見慣れない車や自宅敷地内や周辺に違和感はないか確認。
  • 電磁波を強く感じる時間帯や症状を記録する。(継続した記録)

長時間浴びた身体の帯電をアーシング

身体の余分な電気(帯電)が身体に影響を及ぼし、ストレスや疲労の原因であり、病気の元でもあると懸念されています。アーシングや軽減対策を行うことで、健康被害のマイナスをゼロに近づける健康法の1つです。下記対策と併用して専門家にご相談ください。

青森県内での電磁波軽減対策事例
  • 電磁波発信源から距離を取り、身体に蓄積した静電気を大地に放出する。
  • 体内電圧はアーシングすることで減らす。⇒軽減対策はこちら
  • 専門家に測定してもらった電磁波に有効な軽減対策を行う。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

青森県電磁波対策相談窓口

青森県で電磁波対策をお考えの方へ

電磁波専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず無料相談のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。電磁波対策は、一般的な探偵が行う調査とは少し違い電磁波対策に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵であればどこでも解決できるわけではありません。

正しく怖がることが大切

あなたが不安感や恐怖心を抱いている電磁波の情報を把握することで、あなたの漠然とした不安や恐怖をぬぐい去ってくれるはずです。人体に影響を及ぼす電波は目に見えませんが、その強さは測定器を使えば知ることができます。また、無線機の出力電力やアンテナからの距離などがわかれば、計算により知ることができます。

参考資料:数値について(総務省)

まず、現状について相談することから始めましょう。

青森県電磁波対策被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop