ホーム > いじめ調査関連記事 > いじめ調査レポート > 探偵にいじめ調査・証拠収集を依頼した時の費用は?相場を解説
公開日: 2023/12/26
いじめ調査関連記事 - いじめ調査レポート
 公開日: 2023/12/26

探偵にいじめ調査・証拠収集を依頼した時の費用は?相場を解説

わが子のいじめに悩んでいる親であれば、一度は探偵会社へいじめ被害の調査を依頼したいと思うかもしれません。

しかし、費用のことで断念してしまうという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、いじめ調査にかかる費用について事例を交えてご紹介していきます。

調査にかかる費用がどれくらいかかるのかわかると思いますので、参考にしてみてください。

丸メガネに髭を生やしたハット姿の探偵

執筆者:藤井2023年12月26日更新

ストーカー・嫌がらせ調査歴5年。オンラインに関する嫌がらせ対策を専門とする。電子端末のデータを解析する「フォレンジック調査」では社内で右に出るものはいないと言われるために日々奔走中。

⇒ 監修者ページ

目次|いじめ調査の相場について解説

探偵社が行なういじめ調査

我が子のいじめを探偵に依頼する

複合的要因を調査する

いじめにはいくつかの要素が絡んでおり、単にいじめっ子だけを調査するわけではありません。

  • いじめの目的
  • いじめの背景
  • いじめに加担している大人
  • いじめの主犯・指示をしている人物

上記の要素も含めて分析していくことが必要です。

いじめの有無を調べる方法

「子どもがいじめを受けている気がする」と、いじめの確証を得るために依頼する方も時折おられます。

こうした依頼に対して、探偵は下記のような方法を使って調査を行ないます。

子どもの周囲を調べて、いじめの存在を突き止めることが可能です。

尾行や張り込み

探偵は公安からの認可を得ているため、合法的に尾行・張り込み・聞き込みが可能です。

保護者の合意のもと、子どもを尾行して登下校や習い事など外出時の行動を追いかけて、そこで何が起きているかを確認します。

尾行・張り込みでわかること

  • 泣きながら通学路を歩いている
  • 一人でうかない表情で歩いている
  • 登校時に学校に真っ直ぐ向かわず寄り道をしている
  • 友達との登下校時に行き過ぎたからかい・嫌がらせを受けている

など

もし何か気になる出来事があれば、写真や映像に残してその様子をご依頼者様に報告いたします。

決定的な出来事がなくても、普段と違う様子が見られたら話し合いによって実情を子どもから聞き出すことも可能です。

いじめの確証を得ることで、より効果的な対処が実行できるでしょう。

子どものSNSを確認する

インターネットが発達し、子どもの行動範囲は現実世界だけではなくなってきています

SNSなどでも交友関係が広がるため、保護者の目の入らないところで予期せぬトラブルに巻き込まれている可能性も。

探偵はインターネット上の調査のノウハウも持ち合わせているため、インターネット上でのいじめも調べることができます

子どものSNSアカウントが分かれば調査は早く進行しますが、不明であっても探偵のスキルを用いてアカウントの特定から始めていきます。

被害が表面化しないいじめに対しても、探偵は調査を進めていきます。

いじめの詳細を調べる方法

子どもがいじめられていると判明した、もしくは既に明らかである場合、行なうべきは被害の実態調査と証拠の確保です。

その段階で調査依頼を受けた場合、探偵はいじめの確証と被害の証拠を得るために動きます

聞き込み

探偵は合法的に尾行・張り込み・聞き込みが可能ですが、学校内に侵入して調査することはできません。

学校内での様子を把握するために、同じ学校に通う児童・生徒への聞き込み調査を行ないます。

その際に得た証言は、立派な証拠として利用可能です。

子どもにボイスレコーダーを持たせる

もし子ども自身が調査に協力的だった場合、子どもにボイスレコーダーを持たせて証拠となる音声を得ることも可能です。

悪口や暴言の音声が録音できれば、決定的な証拠になります。

「盗聴や秘密録音なのでは?」と気が引ける方もいるかと思いますが、実は盗聴・秘密録音は現状違法ではありません

また、いじめの証拠収集のために盗聴・秘密録音したデータは、損害賠償請求時に証拠能力が認められています。

もし録音を検討される場合はアドバイスも行ないますので、お気軽にご相談ください。

費用事例1 いじめっ子が判明している場合

最も調査期間が短い

加害生徒が判明している場合は、すぐに証拠収集調査が必要です。

最低でも4日間は調査日数を要します。

いじめの証拠として認められるためには、「いじめが複数回によって行なわれたこと」つまりは突発的なものではなく、明確な悪意を持って何度もいじめをしたことを証明しなければいけません。

4日間という与えられた期間のなかで、何度もいじめがあった場合、それらを記録することでいじめの証明が可能となります。

4日間で25万円~50万円

4日間ほどの調査ですと約25万円から50万円が相場となります。

裁判をするかどうかは別として、裁判をした場合に勝訴できる証拠を得るためには、4日間は最低でも日数が必要です。

しかし、いじめっ子から毎日いじめられるわけではなかったり、巧妙に隠しているとある程度の日数が必要になる可能性があります。

費用事例2 巧妙にいじめをしている場合

隠ぺいしていると証拠を取りづらい

人目に触れるようないじめをしてこないと思いきや、急にいじめを行なうなど巧妙にいじめを行なう場合があります。

また、いじめを教室でせずに人目のつかない場所でいじめをし、助けを呼べない不安感と苦痛を与えることで、精神的に追い詰めるといった手口です。

これらは非常に手の込んだ形でいじめをしているかのような印象が見受けられます。

教師の目の死角となっている場所や時間帯を知っていなければできないでしょう。

主犯の特定が難航するパターンです。

60万円~90万円かかることも

教員へいじめについて相談しているのに一向に改善されないというのであれば、教員もいじめに加担している可能性もあります。

いじめの状況が複雑なほど調査日数を要します。

7日間の調査日数の場合、60万~90万円はかかると思ったほうがよいでしょう。

証拠調査は複雑であればあるほど日数が必要となります。

調査日数と、予算に合わせた金額や調査プランを提示してくれる調査会社がよいでしょう。

費用事例3 オンライン調査が必要な場合

ネットを使ったいじめを突き止める

近年では、SNSが生徒同士のコミュニケーションツールとして使われています。

ゆえに、SNSを悪用したいじめの被害が増加しているのです。

たとえば、被害生徒のアカウントになりすまして発言したり、他の子の誹謗中傷をするといった被害報告もあります。

誰がなりすましアカウントを作成したのかわからず、いじめの複雑化に一役買っています。

このような場合は、オンラインで実行犯の特定調査が可能です。

オンライン調査の費用

オンライン調査には10万円~30万円の費用がかかります。

現在はSNSでのやりとりも、いじめの証拠としての効力をもつようになりました。

裁判で有効な証拠を取ることが目的とされる場合は、ぜひお問い合わせください。

いじめに対して何らかの措置を取る

いじめの加害者に対して

いじめの存在や加害者が明確になった場合、証拠を突き付けることで謝罪や損害賠償を求めることが可能です。

場合によっては、加害者の児童・生徒に刑事責任を追及することもできます。

ただし、未成年者は少年法により刑事事件の刑罰を問われませんが、家庭裁判所で少年裁判という形で処分されることになります。

大半の場合は、損害賠償を加害者の児童・生徒の保護者が支払う形で解決するでしょう。

学校に対して

学校でいじめがあった場合は教員や校長・教頭の責任問題になる可能性もあるため、隠蔽を図る教員も中にはいます。

もし学校側から適切な対処がなかった場合は、学校側の責任も追及することが可能です。

その際に、いじめについて相談した際の音声などが証拠になります。

相談時の音声を記録しておけば、いじめへのより厳しい対応を訴えられるでしょう。

また、もし教員の意図的ないじめの放置やいじめへの加担の証拠が取れたら、損害賠償請求も可能です。

探偵会社を選ぶ決め手

こんな探偵には注意!

探偵事務所や興信所の「建物や規模や立派さ」や「言葉巧みなキャッチフレーズ」に惑わされないようにしてください。

かつてはタウンページや電話帳を見て探偵業者を探していましたが、現代はインターネットで探偵事務所を探す時代です。

探偵業法の施行とともに、手口なども変わってきました。

とりわけ広告や宣伝文句に「完全後払い」「成功報酬」「格安料金」を謳った探偵事務所には注意と警戒が必要です。

また、専門の弁護士を「有償」で紹介するとあった場合は弁護士法27条・72条・74条および弁護士職務基本規定11条で禁止されている行為に当たるので気をつけてください。

探偵は弁護士の紹介料や仲介料を請求することはできません。

ご依頼者に弁護士を紹介するときは、「無償」での紹介が原則です。

自分のニーズに合った探偵事務所を

探偵会社は誰でも起業できるため、調査能力に乏しい探偵も存在しており、注意が必要です。

探偵会社にも得意不得意があります。

自分が解決したい悩みに適切に対応できる探偵会社を選びましょう

私ども「対策専門窓口」では、いじめ調査をはじめとした数多くの嫌がらせ調査実績を持ち、いじめの調査に特化した専門のアドバイザーが対応いたします。

まず、現状について相談することから始めましょう。

いじめ被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、いじめの被害状況、いじめ調査依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談