集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 警備員や店員によるつきまとい
公開日: 2019/06/05 最終更新日: 2021/02/19
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2019/06/05 最終更新日: 2021/02/19

警備員や店員によるつきまとい

つきまといの被害が過去にあった場合や、現在つきまといの被害にあっている場合は盗聴やGPS監視などされている可能性も考えられます。被害を防ぐには、手口を知る事とそれに対する予防対策が重要です。

ストーカー・嫌がらせ対策を専門とする対策専門窓口では、つきまといの解決事例も豊富であり、依頼人それぞれのお悩み・トラブル内容に沿った解決プランをご紹介することで、トラブル解決の最後までスムーズに進めることを目指しております。

ここでは問い合わせが多かった、付きまといについてご紹介いたします。

つきまとい対策相談室

執拗なつきまといについて

つきまとい調査とは

特定の人物に対して嫌悪、羞恥、憤り、不快感などを与えるような行為で様々な嫌がらせをする人物を特定し、つきまとい被害の証拠収集などを行う調査のことです。つきまといのなかで厄介なものは複数による付きまといと監視で、複数のつきまといを継続して行うことにより「一般人」を不審者に仕立てあげることが可能で、どこにいても付きまとわれている感覚に陥りやすく、冷静に判断できる第三者の力が必要となります。

自分でできる対策について

つきまといは自然を装ってやることを前提にしてますから、タイミングが合わなければその場を去るしかありません。複数人で加害行為をすることもありますが、ほとんど怪我をするようなレベルでないので、気にしなければ害はありません。注意点としては、その場にいる人全てが加担者でないので、むやみに写真を撮ったり注意したりせず専門家に任せた方が無難です。

迷惑防止条例違反

つきまといや監視行為は迷惑行為防止条例の違反になりますが、あたかもたまたま通りがかったというシチュエーションで、自然に被害者を監視するように嫌がらせを行います。被害の年数が長いほど、犯人の特定や状況を把握できて、撃退するチャンスはたくさんありますが、身の危険を考えて、すぐに警察に連絡しましょう。事件性が高いのであればその場で対処してくれるはずです。
参考資料:警視庁

買い物中のつきまとい相談事例

事例1:警備員や店員による付きまとい

普段からよく買い物するお店で、警備員や店員さんとよく出くわす機会が増えた程度と思っていました。若いバイト店員と何気に目があった時、すごく睨んで店長に報告した矢先に警備員から付きまとわれたり、いちいちカゴの中身まで見るようになりました。

気味が悪くてそこのお店で働いている知人に相談したら「つい最近、万引きがあっでね〜警戒するようになったんだよ。」と教えてくれましたが、ある日買い物していたら「あっ万引き犯だ」と知らない子どもが母親らしき女性がニヤニヤ笑っていたのです。

もちろん、万引きはやっていませんし万引きはをやっていたらその場で捕まえてバックヤードに連れて行くのが普通なのに、ニヤニヤする買い物客に見られるのが気味が悪いです。

ネットスーパーに替えて事なきを終えようか。それとも原因が何なのか突き止めたほうがいいのか。アドバイスをお願いします。

専門家のアドバイス

相談者は万引きはしてないでしょう。ですが、警備員や店員の不可解な付きまといは「情報操作」をしたか、組織的な嫌がらせの要素があります。店員に睨まれることや、お客から「万引き犯」と言われる時点で「集団ストーカー」の一種の嫌がらせの可能性を疑っています。

対策として、万引きしてないのであれば堂々と買い物するばいいですし、調査会社の人間を派遣して「不当なつきまとい」を立証することは可能ですし、買い物をネットスーパーに移行するのも対策の1つです。

あと、警備員が本物の警備員かどうかも疑います。1人のお客に対してしつこく、付きまといをするため「コスプレ」しながら紛れてるケースもあります。店員が睨んでるということで店員に聞き込み調査で睨んだ理由を特定することも可能です。

一種のガスライディングですので、動画などで証拠を集めるようにするのも良いでしょう。もし、不安であれば調査会社に相談して、的確なアドバイスを受けるのも1つの方法です。

つきまといの対処法

つきまといへの対処のよくある間違い

つきまといに悩む人のために、正しいつきまといの対処法をお伝えします。つきまといにどういう対処をすればいいかわからない人は是非参考にしてみてください。

相手の情報を十分に得ること

あなたにつきまといをしてくる人に、不安感や恐怖心を抱くのは当たり前のことです。ですが、恐がってばかりでは、つきまといをやめさせることはできません。相手の情報を把握すれば、その相手が「できること」「できないこと」をある程度は予測することができます。そうすれば、何を目的につきまといをしているのかがわかり、漠然とした不安や恐怖をぬぐうこともできるでしょう。

感情的に拒否しない

つきまといをされたとき、感情的に拒否するのは逆効果です。つきまといをしてくる人は、強い言葉を使われると逆恨みをしたり、中途半端に拒否をするともっとアピールしないとと思い、エスカレートする可能性が高くなります。つきまといをする人の頭の中は、何があっても「自分は正しくて誠実な対応をしないあなたが悪い」となっています。つきまといをされても、できるだけ冷静さを保ち、誠実に話し合い、はっきり拒絶するようにしましょう。

異性との接触に注意する

つきまといをされていることを誰か(異性など)に相談した場合、その人がつきまとい行為をやめさせようとして、加害者に接触を試みるようなことがあるかもしれません。しかし、第三者の単独での介入はできるだけ避けるようにしてください。安易な介入や異性の介入は、かえってつきまといの加害者を怒らせ「直接的な被害者がさらに増える」「つきまとい行為がエスカレートする」恐れがあるからです。

相談するのは悪いことではありませんが、自己判断は危険を伴います。事態を悪くする前に、専門家や公的機関などを訪れ、対処法などを早めに相談するようにしましょう。

つきまとい被害の対策料金案内

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

調査料金の比較

つきまとい対策に関する相談窓口

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop