集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 宗教の勧誘を断ってから始まった集団ストーカー被害
公開日: 2021/04/28 最終更新日: 2022/03/10
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/04/28 最終更新日: 2022/03/10

宗教の勧誘を断ってから始まった集団ストーカー被害

集団ストーカーというのは遠い世界の話ではなく、あなたの近所づきあいからでも本当にささいなきっかけで起きるということを知ってもらいたいと思います。どこにでも宗教勧誘がありますが、宗教勧誘が引き金で家族崩壊にまで至るというケースもあるようです。

どのような宗教勧誘により集団ストーカーが始まっていくのかをいくつか例を挙げて見ていきましょう。

目次│宗教勧誘トラブル相談

専門家
集団ストーカー調査
2022年3月10日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

集合住宅で起こる宗教勧誘

宗教勧誘を断ると集団ストーカーに狙われ出した

近隣とのトラブルで集団ストーカーが始まる

近所づきあいで宗教勧誘の最たる代表として、一昔前では集合住宅などがあげられます。住民を特定しやすく、また誰がどの宗教に入っているかなと識別しやすいのがマンション住まいの人でした。

そのためマンション住まいの人は宗教勧誘に晒されやすいということもあります。

そのような集合住宅というのは、いわゆる井戸端会議など主婦が色々な噂を立てたり嫌がらせを構成するには適した環境でした。現在でも、昔ほど近所付き合いはなくなったものの、宗教勧誘に関するトラブルはどこにでもある問題と言えるでしょう。

なぜ集団ストーカーをしてくるの?

仲良くしているのにどうして宗教勧誘をしてきて、断ったら集団ストーカーが始まるのはなぜだろうと思うかもしれません。

しかし、考え方は逆で、宗教勧誘するために近寄ってきたので、思い通りにならないとわかれば弱らせるために、集団ストーカーに発展する可能性は十分あります。

学校や職場で宗教勧誘を断ったケース

きっかけは小さいのに被害が甚大

宗教勧誘というのは、見ず知らずの人たちをどんどん巻き込んでいくという状況を作っていきます。学校であろうが職場であろうが勧誘できる場があれば利用していきます。

学校では、最初とても愛想がよくすぐに仲良くなった子がいつも「遊びに行こう」と誘ってくるので待ち合わせ場所に行ったところ友人が知らない人と一緒にいて、3人で喫茶店に入ると宗教勧誘の話になったという話はよくあります。

危ない人の見分け方

最初から自分は宗教団体に属していることをアピールしてくる人はまだわかりやすいです。まだ宗教団体に入ったばかりという人で宗教勧誘をアピールしてくる人は、断っても集団ストーカーが始まる可能性は少ないのではないでしょうか。

問題は、宗教団体に属している中堅層以上の存在です。こういう人たちは知らず知らずのうちに勧誘して、はいりそうな人をターゲットとして見ている可能性があります。

学校で宗教勧誘を断るというのは、あまりストーカー被害が始まるというのは一見考えにくいですが、断った子の親も宗教勧誘を断っている場合、被害に遭うケースもあります。

子どもが宗教に入っているというのは、親が宗教に入っている可能性が高く、宗教トラブルに発展しやすい事例です。

なぜ必死で宗教勧誘してくるのか

勧誘するには裏がある

しかし、なぜそこまでして「必死に宗教勧誘してくるのだろう」と誰もが不思議に思うところです。宗教団体とは位階が存在するために入信者は勧誘した人の下の位階へ位置することになります。

そして入信した人が今度は他の人を入信させることに成功したら入信者は勧誘者の下の位階になります。このように細かく位階分けされていきます。

位階のポジションごとに宗教団体での貢献度が違ってくるとされています。位階があがると宗教団体内で享受できるメリットが異なります。またお布施というのも重要でお布施の額によっても位階のランクが異なります。

しかし、入信者の数の積み重ねも重要視されますので、多額のお布施ができなくても入信者がより多い人の位階が上がっていくシステムもあわせてとっているようです。

そのため入信者は勧誘者に「あなたからの入信者が多ければ位階があがり、その結果団体にとって重要なポジションになっていく」と上手くのせられるのです。

勧誘者も危険と隣り合わせ

信者にとって「やるかやらないか」の世界、つまり「All or Noting」の世界でもあるわけです。宗教団体での活動をするかしないかであり、するならとことんさせられ、しないなら不要と口止めで切り捨てされていくわけです。ここに集団ストーカーと絡む要素があるわけです。

なかには自分の至らなさによって断ってくる相手に、集団ストーカーへ仕向ける人もなかにはいるかもしれません。そして集団ストーカーの共謀者としてボランティア活動のような無償活動を彼らはするのです。

集団ストーカーは、宗教団体活動の無私の奉仕の表れですから信者も頼まれたら断れないでしょう。断ったら自分が集団ストーカーの対象になるのかもしれません。

宗教勧誘を断ると集団ストーカーが始まる理由

巨大ビジネスとしての宗教のありかた

宗教とは観念体系に基づいて教義、儀礼、組織を形成していきます。

そのため信者からお金を定期的に徴収する一方、信者に還元するという発想には至りません。つまり信者のための組織団体ではなく、組織団体の一部の者たちが信者全員をマインドコントロールし、思想や行動及びお金をコントロールすることが可能になっていきます。

宗教法人には税金はかかりませんし、毎月毎年お布施のお金は上の者に現金で手渡しするなどいくらでも使途不明金をつくることか可能です。

こうして入信者ひとりひとりから程度の差はあれ、毎月毎年定期的にお金が入金され蓄積していきますので、団体としてかなりの資金を有しているでしょう。

終焉の希望

宗教団体と集団ストーカーが関連性があるとしても、資金がなければ集団ストーカーのような時間とお金がかかる行為は長年にわたり行なうことは不可能です。

しかし、集団ストーカーというのは長年にわたり嫌がらせを繰り返すことから、資金は大きく関係するでしょう。

ですので、資金が枯渇したり削減ということになれば集団ストーカーに手を染めにくくなるのではないでしょうか。

集団ストーカーを早期解決するために

実行犯の割り出しから

集団ストーカーに加わっているメンバーは、身元がバレるのを何よりも恐れます。そのため、誰が嫌がらせに加担しているのかをターゲットや世間に知られないように、数ヵ月ごとにメンバーを入れ替えたり、他の地域へ派遣させたりする集団もいます。

集団ストーカーは、徒党を組まなければ何もできない小心者たちの集まりと言っても過言ではありませんが、しかし、集団になったとき、組織的に動く彼らの結束力や団結力を甘く見てはいけません。

プロファイリングされている被害者

彼らはターゲットにした相手の家族構成や家庭環境、交友関係、職場環境などを徹底的に調べあげ、どのような嫌がらせをするのが最も効果的でダメージが大きいかを計算しています。

他の人ならほとんど気にならないようなことでも、ターゲットが不快に感じたり苦手にしたりしていることを執拗に繰り返して精神的な苦痛を与えようとします。

そのような集団ストーカーに1人で立ち向かおうとするのは無謀であり、危険でもあります。つきまといやストーカー行為をやめさせようとして躍起になればなるほど、嫌がらせはエスカレートしかねません。

多勢に無勢では太刀打ちできない場合がほとんどなので、私ども「対策専門窓口」をお頼りください。

5つの安心保障

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーによる被害内容、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop