集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 色のアンカリングの恐怖…潜在意識に介入して支配する
公開日: 2021/06/07 最終更新日: 2022/03/11
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/06/07 最終更新日: 2022/03/11

色のアンカリングの恐怖…潜在意識に介入して支配する

集団ストーカーの被害に遭われている方は、色のアンカリングを受けている方が多いのはご存じですか?

集団ストーカーの加害側が、どのようにして被害者へ色のアンカリングを行っているのか、色のアンカリングをする目的は何かについて分析していきます。

目次│アンカリング相談窓口

専門家
アンカリング調査
2022年3月7日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、アンカリングでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

NLPによる心理学の応用

色での嫌がらせ

NLPとは

NLPは、Neuro Linguistic Programmingを略称した用語で直訳すると「神経言語プログラミング」といいます。

プログラミングというように、ある一定の効果を自分と自分の周囲にいる人たちに与えることを目的として開発された心理学になります。

1970年代に成功者を真似する学問として誕生し、現在は資格伝授のような形で伝承されています。

アメリカの大統領などが演説などでNLP手法を取り込んだ演説を行いますが、アメリカ人であれば立ち居振る舞いやコミュニケーションツールとして、あるいは自己成功を叶えるためのツールとして取り込む一要素として学ばれている手法になります。

NLPをマイナスプログラミングとして悪用

NLPは主に2つの心因を変化させるといわれています。1番目は、マインドの思考の癖と心因性による行動パターンの変化です。2番目は自分の見せ方(魅せ方)で対人関係に与える効果を変化させ、それによってコミュニケーションスキルを身につけることです。

これらの効果は大概、自分自身のよりよい変化・よりよい人間関係をつくっていくためのスキルとして身につけるものです。集団ストーカーもNLP開発もアメリカ発祥といわれているので、日本の集団ストーカーでもNLP手法を用いて悪用されているのでしょう。

心因性プログラミングとは、思い込み、信条、好き嫌い、自己評価などですが、これらはたとえ非言語であっても五感を含めた出来事として認識していくことにより一定のパターンが出来上がります。

NLPを利用して、集団ストーカーがターゲットにたいして、一方的にプログラミングしていくのが今日の集団ストーカーのアンカリングといえるでしょう。

色のアンカリングをする目的

後天的条件反射とは

アンカリングとは条件づけのことです。「パブロフの犬」が条件反射の実験として有名です。

パブロフ博士という20世紀初頭ロシアの生理学者が犬の条件反射の実験を行った際、犬にある刺激(特定条件)を与えると刺激にたいし犬が特定の反応をすることを発見したものです。

ある刺激とは、犬の頬に管を通し食事を与えるときの唾液量を測っていたのですが、食事を運んでくる人の足音を聞いた時点で犬の唾液分泌量が増えていることが分かりました。

そこから生理的反応は、訓練や経験で得ることを後天的原因の条件反射とも言わるようになりました。

条件反射はその後の実験で、人にも同様の結果が得られることがわかりました。後天的条件反射により子どもやペットのしつけなどに応用されてきたのですが、集団ストーカーは後天的条件反射を悪用してターゲットに悪い条件付けを行なうように方向づけてきたともいえるでしょう。

悪用された後天的条件反射のひとつが色のアンカリングといえます。

間接的といえる色のアンカリング

なぜ色のアンカリングが必要かというと、集団ストーカーの被害者には「あなたにたいして私たちは集団ストーカーを行なっています」と一方的にアピールします。

言葉で示さずに意味を提示するといえば、視覚で相手に訴えるより他にありません。一番効果的なのは色やアイコンなどといったロゴですが、簡単なのはやはり色を使うことです。

色を利用することで「この人も集団ストーカーだ」「あの人も集団ストーカーだ」と、自ら多くのことを連想させ、混乱させて心理的にも行動も萎縮させること、それが色のアンカリングをする加害側の目的といえるでしょう。

色別アンカリング分析

色を利用して伝えたい

被害者によって加害側が身に着ける色は異なります。一番多いのは、被害者が嫌う色を意図的に仕込んできます。

集団ストーカーはずる賢く、被害者どおしの情報共有を妨害するなど、それぞれを孤立させて協力し合えないようにしながらターゲットにした相手を徹底的にプロファイリングし、どの色のアンカリングをするのが1番のトラウマになるかを調査・分析しています。

宗教団体が加害者と示したい

最近では、宗教団体の旗を匂わすような色が被害者の方にアンカリングされることが多いようです。代表的な宗教団体の旗といえば、赤と青が脇に配置されていて真ん中が黄色で、こういった色のアンカリングが起きているようです。

集団ストーカーの組織犯罪が、宗教団体が関与していることを仄めかそうとしているのかもしれません。しかし、集団ストーカーの組織犯罪というのは発祥が日本ではありませんし、被害者の方は世界中にいらっしゃいます。

決めつけて本当の犯人が見えなくなる前に、冷静に判断できる第三者に相談しましょう。

人を思い通りにしたい

集団ストーカーがNLPという心理を利用してアンカリングをしてきた経緯は、最近1970年以降になります。すでに1960年代から集団ストーカーというのは存在していたとも言われます。

長い年月をかけ、視覚(色のアンカリング)による意識の植え付けを行い、ターゲットに恐怖や不安を植え付けて、洗脳しようと試みているかもしれません。

集団ストーカーの解決へ

再プログラミングしよう

集団ストーカーは神経言語プログラミングのNLPを利用し、被害者を洗脳して言動の方向づけや抑制を行いますが、だからといってNLPの作用を半永久的に持続させることは不可能です。

思い込みや思考の癖や行動パターンをマイナスへ方向付けするのが集団ストーカーの定番であることを知ってください。

被害に遭われているご自身で思い込みや思考、そして行動の罠に気が付けばぬかるみに落ちることはなくなるでしょう。

そしてNLPを理解し、自分自身を正しい方向へと導くことが重要なのです。しかし、それには集団ストーカーを終わらせねばなりません。

集団ストーカーの終焉方法

被害に遭われている方の真摯な願いとして集団ストーカー被害を完全に終焉させる方法をお伝えします。探偵に依頼して証拠をとればそれを基に相手と話し合いをして被害を終焉させることができます。

この事実を知らない方が結構いらっしゃいますが、その原因としてはSNS上で「探偵は加害側」「解決は不可能」という被害者への意識づけがあまりに多いからです。

これもNLPのように意識煽動の画策が行なわれているともいえます。たしかに探偵事務所や個人探偵のなかには加害側と契約している者もいるかもしれません。

しかし長年にわたる実績のもと集団ストーカーやテクノロジー犯罪について調査を行ってきており、終焉に至らせることが可能な探偵社はあります。

集団ストーカー調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーの被害内容、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop