集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 異臭攻撃ってなに?不快な臭いを発生させる集団ストーカーの手口
公開日: 2021/07/16 最終更新日: 2021/07/15
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/07/16 最終更新日: 2021/07/15

異臭攻撃ってなに?不快な臭いを発生させる集団ストーカーの手口

集団ストーカーはさまざまな方法で標的に攻撃を仕掛けますが、嫌がらせ目的で行なう「異臭攻撃」があるのはご存じでしょうか?ここでは、どのような時にどのような種類のものがあるのか分析が必要です。

目次|集団ストーカーによる異臭攻撃

集団ストーカーによる嫌がらせ「異臭攻撃」

街中を歩いているときなどに、集団ストーカーの工作員がタバコを目の前でわざと吸って「煙をつかった嫌がらせ」を、偶然を装ってくることがあります。別のケースでは、強烈な体臭を使うケースもあり、他にはライターを使ったガス臭も多数報告されています。

強烈な体臭は、通常自分では気づかないため意図的に作られている可能性が高いでしょう。頻発に「異臭攻撃」に遭遇した時は、故意か偶然かは一旦置いといて、「起きた日時や状況」を記録しておくことが重要です。

現在は、「コロナ対策」でマスクをすることが常識になり臭いを感じることが少なくなりました。基本的には、臭いがする範囲を通りすぎれば匂いがしなくなりますので、その間は匂いを吸い込まないようにしましょう。

においの種類

嫌がらせで使われるにおいはさまざまです。下記のようなにおいが常に、どのような場所でも発生する場合は、嫌がらせをされていると考えてよいでしょう。

  • ツーンとするシンナーのようなにおい
  • ガソリンのようなにおい
  • ガスのようなにおい
  • 強い香水のにおい
  • 甘ったるくむせるにおい
  • 発酵したようなにおい
  • カメムシのような青臭いにおい
  • 腐敗した魚や卵のようなにおい
  • し尿のようなにおい
  • 化学物質のようなにおい
  • トイレの芳香剤のようなにおい

異臭攻撃による身体被害

長年異臭攻撃を受けた事例

集団ストーカーに遭遇している被害者のなかでテクノロジー攻撃に遭遇している方は少なくないです。とりわけ長年異臭攻撃の対象になっている方で、身体から異臭がし続けることに悩んでいる男性がいらっしゃいます。

もともと体臭がひどかったわけではないのですが、換気扇の通気口から「悪臭」を注入されるのが嫌で部屋を閉め切った状況で生活をしていると当然部屋から臭いも発生します。悪環境で生活をし続ければ当然、体臭が気になるようになり不健康にもなります。

その状況が長期間続くと、ストレスによる影響で暴力的になったり、アルコールに依存したりと2次被害3次被害と続きます。この負の連鎖を断ち切るためには、臭いのもとを突き止めるしかありません。

パターン化された異臭攻撃手口

異臭攻撃は次の3つのパターンだと言われています。

  • エアコンや換気扇経路から送風されるケース
  • 偶然を装って体臭やたばこの臭いを嗅がせる
  • 換気できない環境で自室から臭いが発生する

集団ストーカーの目的

集団ストーカーは組織犯罪

集団ストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある

集団ストーカーは組織で動いているので、特殊詐欺など、嫌がらせの背後には何かしらの犯罪が隠れている可能性もあります。昨今話題の煽り運転や学級内・職場でのいじめなどは、集団ストーカーの動きと類似した点も多く、もしかしたら犯罪組織に動かされているケースもあるのかもしれません。

海外では集団ストーカーは「ギャングストーキング」と呼ばれ、頻繁にニュースや雑誌などの特集で取り上げられていますが、日本では集団ストーカーが大々的に取り上げてられる機会はまだ少ないようです。

そのため「集団ストーカー」が逮捕案件に通じる犯罪だということはもちろん、「集団ストーカー」そのものを理解している人もまだ少ないようです。

感情をコントロールする力が必要

集団ストーカーの目的は、ターゲットにした相手につきまとう、悪臭攻撃などの嫌がらせをすることですが、その他にも嫌がらせを繰り返してターゲットを感情的にさせたり怒らせたりして、被害に遭っているのに「嫌がらせの加害者に仕立てる」ようなこともするので、どのような嫌がらせをされても、決して反撃に出たり、攻撃的な行動を起こしたりしないようにしてください。

物理的な暴力とは違う心理的な虐待

集団ストーカーに加担している人は、主犯格に命令されて動いている「駒」に過ぎません。指示どおりに動きますが、危害を加えてくるようなことはありません。プライバシーを覗き込み、盗撮や盗聴を繰り返す集団ストーカーは人権を無視した犯罪です。

個人に対し集団でさまざまな嫌がらせをしてくるので恐怖を感じたり不安になったりするかもしれませんが、1人で悩まず私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

異臭問題は証明できます

異臭は出所を突き止める

異臭の原因特定をして、誰がそのようなことをしているのか突き止めることができます。ひとりではなかなか特定できないので、集団ストーカーや異臭測定に実績のある探偵社に協力してもらうことが必要です。異臭がどこからきているのかを辿ると、壁の小さな隙間や換気口から流れてきていることがほとんどですが、稀に床下や天井に腐敗した動物などをしかけることもあります。

まずは、悪臭を発生させた証拠を押さえ裁判所で受忍限度を超えていると判断できる数値を証明することです。

但し、犯行側も探偵が行なう調査を理解しておりますので、ただ異臭を測定する調査をするだけでなく集団ストーカーについて熟知したプロに依頼することが重要です。

異臭攻撃測定による臭気指数測定

臭気の測定法は2種類あります。ひとつには人の嗅覚で感じるにおいを総体把握する嗅覚測定器があります。 もうひとつは硫化水素やアンモニアなどが悪臭の原因となる個々の特定悪臭物質が何かを測定する機器分析法があります。生活環境に影響を及ぼす悪臭度を的確に分析するために欧米では嗅覚測定法が主流となっています。

異臭攻撃は夜中に行われることもあり、日にちによってあるいは探偵がいるときは行わないと犯行側が決めていることもありますので、異臭機器測定にとどまらず他の機器測定や長年の経験と知見を有した探偵が調査することによって始めて解決するということを分かっていただければと思います。

コンシェルジュが必要な方へ

コンシェルジュの意義

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。

コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。

理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。


嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop