集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > どうしたら理解されるか?妄想と混同させる集団ストーカー
公開日: 2021/06/29
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/06/29

どうしたら理解されるか?妄想と混同させる集団ストーカー

日本では約2,000人以上が集団ストーカーの被害を受けている自覚があるにもかかわらず、警察では調査できない状況が何十年も続いており、日本において集団ストーカーは精神病扱いにされる流れがずっと続いています。集団ストーカーが妄想ではなく、「どうしたら理解されるのか?」について考えてみましょう。

目次|妄想と片づける前にもう一度分析しよう

周囲の理解が得られない原因

1つに警察の対応

集団ストーカーの被害者が周りの人に自分の被害状況を話してみても周囲の人から言われるのは「考えすぎ」「そうは取れなくもないけれども嫌がらせか不明」「証拠がないから判断しづらい」というのが大半な意見のようです。

警察へ集団ストーカーの被害について相談しにいっても、警察は現行犯逮捕が基本なので「何かあったらすぐに110番してください」「怪しい車が家の前にずっと停車していたらその時点ですぐに電話してください。すぐに駆けつけます」と言ってはくれますが、根本的な解決にはなりません。

実際に逮捕されている事例でも、「集団ストーカー法」など存在せず、ストーカー規制法か迷惑防止条例が現状です。警察に理解を得ようと動くことも大切ですが、やめさせるためには「警察が動きやすい犯罪」に絞って証拠収集することをおすすめします。

警察への「被害届」は重要

最初は丁重に時間をかけて話を聴いてくれた警察の人も、被害を証明するものが無ければ厄介者扱いされてしまいます。警察に相談することと並行して、集団ストーカーの対応に実績のある探偵へ依頼し、証拠収集してもらうようにしましょう。

加害側の情報統制とは

工作員の仕事のひとつ-情報管理-

集団ストーカー側も探偵に依頼させないように、率先してインターネットのサイトでの情報統制を行います。

インターネットサイト、閲覧・書き込み可能な掲示板、SNSなどで集団ストーカーについて情報統制を行っているようです。「集団ストーカーに遭っている自分は統合失調症患者として精神科へ通院している」「探偵へ依頼したところ加害側とグルでお金だけとられて解決しなかった」などが情報統制として挙げられます。

集団ストーカーの狙い

集団ストーカーと主張するすべての人が被害者とは限りませんが、大抵は「精神科へ行け」などと揶揄されて終了しているのをよく見かけます。全てを妄想で片づけるのは、自分が被害に遭ったことがないから理解できないのであって、悪気があって理解しないわけではありません。

そんなことを繰り返しているうちに、「相談しても無駄」「調査しても無駄」と洗脳されていくのです。孤立した状況は、加害者からしたら「やりたい放題」で誰にも相談できず1人で苦しみ続けるのです。だから、ネットにある情報全てを鵜呑みにしないで、積極的に情報収集をして孤立しないでください。

集団ストーカーの工作員について

集団ストーカーは組織犯罪でかなりの人数が関与しているといわれていますが、実際には集団ストーカーと認識して動いている人は限られているでしょう。ほとんどが、指示されたレベル、頼まれたレベルで本質まで理解していません。なかには、洗脳された間違った正義感で動いている人もいることから宗教に近い存在かもしれません。

集団ストーカー被害かもしれない

集団ストーカーによる嫌がらせの特徴

集団ストーカーがやる嫌がらせの数々は以下のようになります。

  • 車での追尾や監視行為。
  • 複数人による仄めかし(※1)や監視。
  • ネット上でのストーカー。
  • 心当たりのない風評被害。
  • 改札口や道路での進路妨害(コリジョン※2)。
  • 盗聴・盗撮しないと知ることのできない情報の漏えい。
  • ガスライティング(※3)。

※1:仄めかし:盗聴・盗撮などで入手したターゲットの個人情報をそれとなく本人に仄めかし、「常に監視している」「お前のことなら何でも知っている」と思い込ませ、不安にさせる嫌がらせ。

※2:コリジョン:もともとは「衝突」という意味。電車の揺れを利用してわざとカバンや身体を何度もぶつけ、因縁を付けてターゲットを「危険人物」に仕立て上げようとする嫌がらせ。

※3:ガスライティング:ターゲットにわざと誤った情報を提示し、ターゲットが見聞きしたことや信じていたことを勘違いだったと思わせたり、そうした「思い違い」が頻繁に起きることを責め立てたりして精神的に追いつめる心理的な虐待の1つ。

集団ストーカーが周囲に理解されない理由

人の心理として「寄らば大樹の陰」という善悪の区別なしに「悪事だと分かっていても背後が強ければ何でもいい」という、考えない人が多いのです。なぜかというと、そのような洗脳体制の心理面を利用したNLP心理手法などを含めて、人間を効率よく動かす技術が盛んに開発されてきたからでしょう。

なかなか周囲に理解されないのは被害者本人だけでは証拠が取りにくい事情もあります。自分の被害を終了するためにも唯一、解決へ至る行動をおこせるのが理解ある探偵となります。

世界中で問題となっている集団ストーカー

集団ストーカーは世界中で行われている犯罪

日本では巧みな情報操作によって集団ストーカーが隠ぺいされてきました。声高に挙げる人が多くなり、SNSでも集団ストーカーの被害者が被害の詳細を日々投稿しているためかなり認知度が上がってきました。

世界中を見ても、中東以外(中東は集団ストーカーのプログラム加入圏内にないそうです)は、どこの地域でも集団ストーカーの被害者が多くいらっしゃいます。ヨーロッパではベルギー発祥のICATORという集団ストーカーの被害者の会があり、集団ストーカーの被害者として国際集団訴訟を行うようです。

興味がある方は下記のリンク先へ一度お問い合わせしてみてください。アメリカやカナダなどでは日本でいう集団ストーカーの被害者をTarget Indvisualと言われており、この用語で検索すれば被害の詳細が多数出てきます。

集団ストーカーに関する団体も各国であるようです。日本の被害者が受けている被害状況、加害のされ方が、ほぼ共通内容であることから同一マニュアルによって構成された組織犯罪であることがわかります。

嫌がらせとテクノロジー技術の組織犯罪の分析

アメリカの元上院議員ジョン・グレイン氏によると「アメリカの医薬品はブレイン・チップを含んでおり、チップによって人間はスーパーコンピューターと接続され医療研究、脳実験、行動操作やマインドコントロールが行われている」と記しておりテクノロジー犯罪の本質であるとしています。

テクノロジー犯罪の被害者は必ずといっていいほど集団ストーカーの被害者でもあります。集団ストーカー(海外ではギャングストーキング)は嫌がらせのことです。内容は次のようなものになります。ラウニ・リーナ・ルーカネン・キルデ博士によると、組織的で継続的な集団ストーカーは11の特徴があると著書『黒い陰に輝く光―BRIGHT LIGHT ON BLACK SHADOWS-』で述べています。

著書によると11の特徴とは次のようなものになります。

  • 集団性
  • 四六時中
  • ストーカー性
  • タイミング性(なにかしようとする絶妙のタイミングで嫌がらせを働いてくる)
  • 監視性(室内の行動を走査してその行動に合わせてなんらかの反応をするようにプログラミングする)
  • システム性(行く先々でつきまといがあって、連絡網が発達している)
  • ネットワーク性
  • 組織性
  • マニュアル性(世界中同様の内容)
  • 歴史性(歴史は40年を超える)
  • 非常識性

集団ストーカーの犯罪が周知されつつある

手口が明らかになった集団ストーカー行為

集団ストーカーとは、集団で(もしくは組織的に)ガスライディングのような嫌がらせを仕掛ける、盗聴や盗撮をしなければわからないような個人の情報を「知っている」「秘密を握っている」と仄めかす、ターゲットにした相手が周囲や近隣住人に疎まれたり避けられたりするように仕向けて精神的に追い込んでいく犯罪を私たちは集団ストーカーと呼んでいます。

嘘の情報に惑わされないようにする

以前なら、集団ストーカーの被害を訴えても、ほとんどが統合失調症による幻覚・幻聴で片付けられてきました。しかし近年では、集団ストーカーは周知されようになり、「集団ストーカー」の調査を依頼される方が増えてきています。集団ストーカーはターゲットにした相手を陥れるため、「会社で不倫をしている」「万引で逮捕されたことがある」など嘘の情報を広めたり、近隣から不審人物と思われるような悪評を立てたりします。

根も葉もない噂や嘘が広がっていると感じたら、集団ストーカーによる嫌がらせを疑ったほうがいいかもしれません。彼らが流す「嘘の情報」に惑わされないように、冷静に対処しましょう。

真実を知らなければ何も変わらない

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop