集団ストーカー相談サポート

Group-Stalker support

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー相談サポート > 引っ越しを繰り返した結末…「引っ越し誘導」「経済的攻撃」
公開日: 2021/07/17 最終更新日: 2021/07/15
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー相談サポート
 公開日: 2021/07/17 最終更新日: 2021/07/15

引っ越しを繰り返した結末…「引っ越し誘導」「経済的攻撃」

集団ストーカーの被害者は地域ぐるみの被害のために引っ越しを考える方が多いようです。実際に引っ越しした方は国内どこに引っ越ししても被害が続いてしまうケースもあります。今回は、集団ストーカーと引っ越しの関係についてご紹介していきます。

目次|引っ越しを仕向ける集団ストーカーの目的

加害側の「引っ越し誘導」

被害者に引っ越しをさせて利益を得る

集団ストーカーの被害者には、攻撃に嫌気がさして引っ越しをする方がいます。しかし、引っ越しを何度しても、被害が止まないケースがあります。それは、なぜでしょうか?

集団ストーカーの目的の中には、「地上げ」によって利益を得たり、被害者が移って空き屋となった家を、工作員の潜伏先として利用するなどがあります。地上げの場合、不動産を手に入れようと画策する人物や企業が黒幕になると考えられます。

被害者に引っ越しさせる理由

集団ストーカーの狙いは、「引っ越しの繰り返しによる追い込み」です。引っ越しには時間と労力、さらに、お金が掛かります。引っ越しを繰り返すたびに、不動産契約や引っ越しの日程決め、引っ越し予定日までの荷造り、それらの費用の支払いをしなければなりません。当然、精神的にも経済的にも強い負担になります。

加害側の「経済的攻撃」

引っ越しを頻繁にさせたい加害側

集団ストーカーの加害者は同じ被害者の方に何度も引っ越しを促進させます。嫌がらせは近隣住民を使った仄めかしや監視などがあります。嫌がらせ行為によって、被害者に「ここに長く居たくない」と思わせ、思考の意識変更をするように仕向けます。

何度引っ越しても、違う場所に引っ越しせようと工作をしてくることがあります。 また、被害者の方が家族と同居している場合、ひとり暮らしをさせるように引っ越し工作をすることがあります。単身者の家は不法侵入と工作がしやすいです。また、被害に遭ったことを家族に伝えても「被害妄想」として片付けられやすくなります。

絶えず誰かがいるような住居だと不法侵入が難しく、室内工作が困難になってくるからです。したがって、家族で住んでいるような人には一人暮らしへ方向転換させようとしてきます。

「経済的攻撃」をする理由

同じ被害者に何回も引っ越しさせようと加害側が意図するのは、 被害者の資金を削減してやがて身動きができないように破滅に追い込むためです。破滅と言っても、現在では自殺へ向かわせようとせず、自宅軟禁状態へ仕向けるようになっています。

集団ストーカーを終わらせたいあなたへ

引っ越しを頻繁にさせたい加害側

心当たりのない集団ストーカーなら、海外へ行けば終わると考える被害者もいます。確かな集団ストーカーの終焉はひとつあります。被害者の資金を削減することはご本人の身動きを取れないようにするだけではありません。実績のある探偵へ依頼をさせないようにしている可能性もあります。

SNSで探偵も加害側という書き込みが散見されます。ある意味では本当で、一方で、誤りでもあります。探偵会社にも違いがあり、どこに依頼するかで結果が大きく違ってきます。

集団ストーカーの解決を依頼できる探偵のポイント

ですが、探偵に依頼することで、確たる証拠を取り、被害が終焉する元被害者の方が増加している現実をご存知でしょうか? 探偵に依頼するポイントは「証拠がとれるまで責任もって動いてくれるか?」という点と「加害が再発したら追加料金なしで加害を終わらせてくれるか?」という点です。この2点について自信をもって「Yes」と答えてくれる探偵事務所を探すとよいでしょう。

コンシェルジュが必要な方へ

コンシェルジュの意義

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。

コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。

理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。

「契約時」にチェックしたい項目

依頼申し込み時

ご契約時にチェックすべき項目についてご説明します。これらのチェック項目を事前に知っておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

  • 料金総額の内訳を把握する。
  • 探偵社から請求される費用には、着手金や成功報酬の他に、交通費などの諸経費があります。ご依頼の際には、成功報酬だけでなく、諸々の諸費用を含めた総額がいくらになるのかを確認しておく必要があります。

  • 契約書を必ず作成しましょう。
  • 契約書を作っておけば、探偵社との間で何らかのトラブルが生じたときの証拠になります。見積書や契約書は必ず作成し、調査が終了するまで保管しておきましょう。

  • 中間報告をしてくれるか確認する。
  • 調査の途中経過を報告してくれるかどうかをあらかじめ確認しておきましょう。報告は電話、メール、LINEなどさまざまなやり方がありますが、ご依頼者が指定することができます。また、調査状況によっては契約書にない調査を新たに追加しなければならないようなことも起こり得ます。

    そのようなときにはご依頼者とへの連絡と相談が必要になるため、不測の事態が生じた場合の連絡方法や相談をする場所なども決めておかなければなりません。

  • 公安委員会から認可されているか確認する。
  • ご依頼前、もしくはご依頼時に必ず「探偵業届出証明書」を確認しましょう。探偵業を営むには各都道府県の公安委員会に届出を提出し、証明書を交付されなければ営業することができません。ご依頼者との契約時にも証明書を提示する決まりになっています。

    証明書を持っていない、あるいは提示しない探偵社は公安委員会の認可を受けていないので、違法で営業していることになります。そのような違法業者との契約は避けなければなりません。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop