集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 引っ越しを繰り返した結末…「引っ越し誘導」「経済的攻撃」
公開日: 2022/03/05 最終更新日: 2022/03/15
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/03/05 最終更新日: 2022/03/15

引っ越しを繰り返した結末…「引っ越し誘導」「経済的攻撃」

集団ストーカーの被害者は地域ぐるみの被害のために引っ越しを考える方が多いようです。実際に引っ越しした方は国内どこに引っ越ししても被害が続いてしまうケースもあります。今回は、集団ストーカーと引っ越しの関係についてご紹介していきます。

目次|引っ越しを仕向ける集団ストーカーの目的

専門家
集団ストーカー調査
2022年3月5日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーの「引っ越し誘導」「経済的攻撃」でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

加害側の「引っ越し誘導」

引越しで散財

被害者に引っ越しをさせて利益を得る

集団ストーカーの被害者には、攻撃に嫌気がさして引っ越しをする方がいます。しかし、引っ越しを何度しても、被害が止まないケースがあります。それは、なぜでしょうか?

集団ストーカーの目的の中には、「地上げ」によって利益を得たり、被害者が移って空き屋となった家を、工作員の潜伏先として利用するなどがあります。

地上げの場合、不動産を手に入れようと画策する人物や企業が黒幕になると考えられます。

被害者に引っ越しさせる理由

集団ストーカーの狙いは、「引っ越しの繰り返しによる追い込み」です。引っ越しには時間と労力、さらに、お金が掛かります。

引っ越しを繰り返すたびに、不動産契約や引っ越しの日程決め、引っ越し予定日までの荷造り、それらの費用の支払いをしなければなりません。当然、精神的にも経済的にも負担になります。

加害側の「経済的攻撃」

引っ越しを頻繁にさせたい加害側

集団ストーカーの加害者は同じ被害者の方に何度も引っ越しを促進させます。嫌がらせは近隣住民を使った仄めかしや監視などがあります。

嫌がらせ行為によって、被害者に「ここに長く居たくない」と思わせ、思考の意識変更をするように仕向けます。

何度引っ越しても、違う場所に引っ越しせようと工作をしてくることがあります。 また、被害者の方が家族と同居している場合、ひとり暮らしをさせるように引っ越し工作をすることがあります。

単身者の家は不法侵入と工作がしやすいです。また、被害に遭ったことを家族に伝えても「被害妄想」として片付けられやすくなります。

絶えず誰かがいるような住居だと不法侵入が難しく、室内工作が困難になってくるからです。したがって、家族で住んでいるような人には一人暮らしへ方向転換させようとしてきます。

「経済的攻撃」をする理由

同じ被害者に何回も引っ越しさせようと加害側が意図するのは、 被害者の資金を削減してやがて身動きができないように破滅に追い込むためです。

破滅と言っても、現在では自殺へ向かわせようとせず、自宅軟禁状態へ仕向けるようになっています。

負のループを抜け出すために

引っ越しを頻繁にさせたい加害側

心当たりのない集団ストーカーなら、海外へ行けば終わると考える被害者もいます。被害者の資金を削減することはご本人の身動きを取れないようにするだけではなく、探偵へ依頼をさせないようにしている可能性もあります。

そもそも、引っ越し先の選び方を間違っている可能性もあります。次に「集団ストーカーが起きにくい」とされるエリアや地域についてご説明します。

過疎地域が理想的なワケ

集団ストーカーの加害をしにくい地域は、集合住宅のように上下左右前後に配列された他住民の住宅が配置されていないことです。

他にも、電波の入らない田舎暮らしも集団ストーカーの加害はしにくいでしょう。集団が隠れる場所もない見渡しの良い土地も、不審者はバレるリスクが高いので近寄れないでしょう。

これからの時代は宅配もあるので、住民同士の関係が密ではないことと、家と家の間が非常に離れているような場所は加害がしづらいでしょう。

気を付けないといけないのは、加害がまったくできないわけではなく、テクノロジー犯罪に発展する可能性もゼロではありません。加害側に選択肢がなくなりテクノロジー犯罪に手を出す可能性がでてくるわけです。

ただし、近くで行なうことが難しく距離も離れているため加害がしづらい環境であることは間違いありません。

日本の法律と集団ストーカー

小さな改良が始まる

組織的犯罪処罰法は集団ストーカーに適用されても良いところですが、現状では実際に犯罪に影響を与えることはほとんど皆無です。

ただし、改正ストーカー規制法が令和3年6月15日から実際にいる場所での見張りが規制対象になりました。

さらに令和3年8月26日より改定された「GPS機器等を用いた位置情報の無承諾取得等」では、人が所有する車両等などに承諾なくGPSを取り付けて、位置情報を取得すると警告や禁止命令等の対象になります。

さらに繰り返すとストーカー行為罪の対象となり、引っ越し先を割り出そうとするGPS取り付けは現行犯逮捕となりますので、引っ越し日付近は証拠取得のチャンスといえます。

集団ストーカーですから、すべての要員とまでいかなくてもトカゲの足きり的に末端要員を罰する状況ではありますが、「集団ストーカーの終焉」のきっかけとなります。

コンシェルジュが必要な方へ

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。

コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。

ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。

理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。

コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。

集団ストーカー調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーの被害内容、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop