集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカー被害者は本当に精神病なのか…  
公開日: 2021/07/22 最終更新日: 2021/07/27
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/07/22 最終更新日: 2021/07/27

集団ストーカー被害者は本当に精神病なのか…  

いつの頃からか、「集団ストーカーについて話をする人は精神病、統合失調症だろう」と調べもしないのに精神病と決めつけられていました。しかし、本当に被害に遭い苦しんでいる人がいる以上、全てを被害妄想と決めつけてしまう行為が、更に被害者を追い込んでいるということに私たちも気づかねばなりません。

目次│集団ストーカーと精神病の関連性

集団ストーカーの情報戦略が影響している

集団ストーカーの被害に遭われている方が、家族や配偶者、友人、知人、職場の人に被害内容を相談すると、耳を傾けて「そういうこともあるよね」と理解してくれる人もいるかと思います。ほとんどは「気のせい」で片づけられ、何度も相談すると精神病として扱われることになるのです。

そもそも、集団ストーカーが知られるようになったのはここ最近ですが、何十年も前から存在し加害手法も今と似ている部分が当時から確認されています。何十年も前はインターネットもないので、集団ストーカーを知っている人は皆無に等しく、ほとんどが「精神病」で片づけられていました。

現在では、誰もが情報を入手できるようになり少しづつ「集団ストーカー」は認知されていますが、未だに「精神病扱い」されるのは「加害者側の意図」であることを忘れてはいけません。

集団ストーカーはビジネス?

よく集団ストーカーはビジネスであるとネットで騒がれていますが、ごく一部(復讐代行など)であり全てではありません。集団ストーカーは日本だけではなく、中東以外のほぼ全域で集団ストーカーが実施されておりますが、ビジネスである確証はありません。

マニュアル化された「組織いじめ」を見よう見まねで実践しているだけの人はいっぱいいます。起きている全てを大きく捉えず、冷静に見れば簡単に解決できる事例もいっぱいあるので、一度「情報の整理」を実践してください。

この手の犯罪は、情報弱者が加害者側に振り回されやすいので、不安な方は一度ご相談ください。

精神病患者も情報戦略の影響がでている

偽被害者の実態

よくインターネット掲示板などに「偽被害者」と言われる人を見ますが、本当に偽被害者なのか誰も真実を確認していません。理由は、本当の被害者と精神病の影響で「集団ストーカー被害」と思い込んでいる方が掲示板に被害状況を書き込み争っているだけです。

集団ストーカーの被害者は、日々の嫌がらせで「心の余裕」を持つことが大変です。言い争ってしまうこともあるかと思いますが、決めつけずに話を聞いてあげることも必要です。偽被害者であっても、集団ストーカーの情報戦略の「被害者」であり敵ではありません。

情報戦略の1つに「孤立」させるように仕向けているのであれば、本物も偽物も関係なく「情報の共有」をして、自分で「情報の精査」をしていけばよいのです。孤立せず積極的に情報収集をしてみましょう。

集団ストーカーは進化する実験

ここ最近では、集団ストーカーの被害を訴える人が多くなりました。近所や学校、職場だけでなく24時間365日集団組織にストーキングされると認識していく人たちが急増してきました。しかし、メディアへの言論統制が先回りして進んでいるためか「集団ストーカー被害者は精神病」との扱いが基本とされています。

集団ストーカーは一方的な恨みを晴らす嫌がらせだけではなく、心理的工作と科学技術工作を被害者に実験対象として行っている可能性もゼロではありません。

集団ストーカーによる被害事例

集団ストーカーに巻き込まれていませんか?

集団ストーカーの特徴は、ターゲットにされた人が受けた被害が、それぞれ全く異なっている点です。電磁波を利用した攻撃を受けて身体的な被害を被った人もいれば、音波攻撃やつきまといなど複合的な手段を用いた嫌がらせをされた人もいるといった感じです。

集団ストーカーはずる賢く、被害者どおしの情報共有を妨害するなど、それぞれを孤立させて協力し合えないようにしながらターゲットにした相手を徹底的にプロファイリングし、どのような嫌がらせをするのが1番のトラウマになるかを調査・分析しています。

下記の事例は集団ストーカーの被害に遭った方々の声をまとめたものです。似たようなことが身の周りに起きていたら、集団ストーカーに巻き込まれている可能性を考えなければなりません。

  • 商業施設に入ると音楽が変わり、数人の警備員につきまとわれた。
  • 自宅前で大声をあげる男性がいる。
  • 動物の死骸を玄関先に置かれたり、監視カメラを壊されたりした。
  • 団地に住んでいいるが、まるで睡眠妨害をしているかのように、夜になると上下左右の部屋の騒音がうるさくて眠れない。
  • 歩道を立ち塞ぐように歩く集団に頻繁に遭遇したり、アンカリング(※1)のような言葉を囁かれたりする。
  • 家の真上でヘリコプターが低空飛行しているかのような重圧音が24時間続き、頭痛が治まらない。
  • 通勤途中や旅行先にまで後をつけてくるグループがいて、気がつくと駅の構内やサービスエリアでスマートフォンを使って盗撮している。

※1:アンカリング(認知の歪み):心理学やマーケティング分野で用いられる概念を悪用し、相手の思考を操作しようとする手法。監視していることや「お前を狙っている」という恐怖心を意識させる。

これらは被害事例のごく一部に過ぎませんが、集団ストーカーは一般の生活や習慣に紛れて嫌がらせ行為をしています。

例えば、配電施設の近くに住んでいるターゲットには電磁波を使って身体に影響や被害を与えようとしたりしますが、警察署の近くに住んでいたりすると、見た目が大柄で屈強そう、強面など「目立つ外見」の人が待ち伏せするような事例は極端に少なくなるなど、ターゲットにした相手の生活環境によって嫌がらせの手口を変える傾向があります。

孤立させようとする集団ストーカーから自分を守る

一人の力では必ず限界がくる

集団ストーカーは、ターゲットにした相手の職場やふだん買いものをしているスーパー、趣味や習い事で通っている教室など全ての行動範囲を網羅し、先回りをして嫌がらせをします。

まるで「いつも監視している」「お前には安らげる場所などない」と言わんばかりに、どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、「どうしていつも行き場所を知っているのか」と疑心暗鬼になり、最悪の場合は家族や友達でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないか疑うことになるかもしれません。

このように、ターゲットを不安にさせ、精神的に弱らせていくのが集団ストーカーの卑劣で狡猾なところです。

家族や友人を疑うようになったら「孤立」が待っているだけです。そのような状況に陥らないようにするためにも、あなたを孤立させようとする集団ストーカーから身を守る方法を私ども「対策専門窓口」と一緒に考えて対応しましょう。

記録に残す習慣から

私どもは「無料相談」を受けつけていますが、ご相談やご依頼の前に、まずは自分なりにわかる範囲で状況を整理してノートにまとめてみましょう。例えば、どのようなときにどのような嫌がらせをされたのか、盗聴や盗撮をされた可能性の有無などです。調査を依頼される際はその記録がベースになるので、私どもも嫌がらせの全体像の把握や調査着手しやすくなります。

集団ストーカーに関連するQ&A

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にも集団ストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

Q

集団ストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop