集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカーの何が面白いのか?
公開日: 2021/07/26 最終更新日: 2021/09/01
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/07/26 最終更新日: 2021/09/01

集団ストーカーの何が面白いのか?

集団ストーカーは視点を変えると面白いと感じる点があります。あえて面白いと感じる部分を知ることで、集団ストーカーの解決や理解に役立ちます。こちらのページでは、集団ストーカーを調べるにあたり、面白いと思うことをまとめてみました。

目次|集団ストーカーの面白い部分とは?

集団ストーカーが面白いと感じる点

特異な被害内容のため面白く感じる

被害者のなかには、「テクノロジー犯罪によって〇〇が膨れ上がった状態にさせられている」という内容を日々書いている方がいらっしゃいます。被害内容は人それぞれ異なるため、誰にでも該当することではありません。

集団ストーカー加害者の行動は滑稽

被害者同士で統一されていないものの、日々の被害内容をつづっているうちに、加害行為の詳細が見えてきます。加害行為の内容については、集団ストーカー被害ブログや掲示板サイトなどを読むと確認できます。

加害側が奇妙な手口を用いることがとても興味深いです。「こんなことまでする?」という手口が公開されていて、一見ありえないと思われる内容ですが「集団ストーカーの加害パターン」を知っているとあながち間違っていない情報もあります。

例えば、屋根裏に潜んだり、自転車でキーキー音を出したりしてくるなど、はたから見ると実に下らないことまで行なっているというのが、読んでいて面白く感じることはあるでしょう。

被害者意識を持たず「笑い飛ばす」メンタルが必要

集団ストーカーが必死になっている姿が笑えるように

集団ストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある

個人的な理由には弱みを握られているケースも考えられますが、だからといって人に迷惑行為をしてもよいということにはなりません。同情する余地はないので、必死な姿を笑い飛ばす気持ちを持てれば1つ1つの加害行為に意識しないで済みます。

もちろん、営利目的で加担している人は逮捕されるべきであり、証拠を掴み徹底的につぶす必要があります。ただし、深い恨みなどなにかしらの理由があって行なっている加害行為であれば「理由を探る」ことが必要となり、笑ってすませる問題ではないかもしれません。

真実を知らなければ何も変わらない

集団ストーカーに探偵ができること

プロとして最善の解決策を提案する義務がある

探偵にできることは、「集団ストーカーの被害を証明」することを目的に調査をします。
集団ストーカーの被害は複数の嫌がらせが絡み合い、一つの調査だけでは解決することは難しいのですが、探偵に依頼する際に必ず確認することは、「どの被害なら確実に証拠が取得できるのか?」になります。複数ある被害全ての証拠を収集する提案をしていたら、被害者は調査にかかる時間、調査費用の負担は大きくなり、更に追い詰められてしまい「最善の方法」とはいえません。

集団ストーカーの被害の本質は心理戦なので、極力精神的な負担は避けなければなりません。そして、被害者自身も集団ストーカーに屈することなく、国内外の情勢も収集し、情報弱者にならないようにしなければなりません。初めて経験する集団ストーカー被害に向き合うために、相談した探偵社の内容を鵜呑みにするのではなく、自分でも調べておく必要があります。

国内外の情報を共有するサービス

私たちは、集団ストーカーの被害者専門のコンシェルジュサービスを展開しております。こちらでは、集団ストーカーに関する独自の情報を提供しているだけではなく、被害解決に向けた活動も行っております。そして、わたしたちは解決するまでサポートする体制を整えておりますので、不安な部分は全てお聞かせください。

集団ストーカーを早期に解決するには

実行犯の割り出しから

集団ストーカーに加わっているメンバーは、身元がバレるのを何よりも恐れます。そのため、誰が嫌がらせに加担しているのかをターゲットや世間に知られないように、数ヵ月ごとにメンバーを入れ替えたり、他の地域へ派遣させたりする集団もいます。

集団ストーカーは、徒党を組まなければ何もできない小心者たちの集まりと言っても過言ではありませんが、しかし、集団になったとき、組織的に動く彼らの結束力や団結力を甘く見てはいけません。

プロファイリングされている被害者

彼らはターゲットにした相手の家族構成や家庭環境、交友関係、職場環境などを徹底的に調べあげ、どのような嫌がらせをするのが最も効果的でダメージが大きいかを計算しています。他の人ならほとんど気にならないようなことでも、ターゲットが不快に感じたり苦手にしたりしていることを執拗に繰り返して精神的な苦痛を与えようとします。

そのような集団ストーカーに1人で立ち向かおうとするのは無謀であり、危険でもあります。つきまといやストーカー行為をやめさせようとして躍起になればなるほど、嫌がらせはエスカレートしかねません。多勢に無勢では太刀打ちできない場合がほとんどなので、私ども「対策専門窓口」をお頼りください。

集団に対抗する方法

ストーカー行為や嫌がらせをやめさせる第一歩として、対策専門窓口では、ストーカー集団を束ねている主犯格もしくは実行犯を割り出し、身元を特定します。そのうえで、警察に被害届を出す、精神的苦痛を被ったとして損害賠償請求をする、訴訟を起こすなどの措置をとることもできますが、いずれの場合でも被害の実態を証明する証拠が必用になります。

証拠の収集および警察署や裁判所に提出する書類の作成も私ども対策専門窓口がお手伝いします。1人で悩んだり、集団ストーカーに立ち向かおうとしたりせず、まずは私たちに話を聞かせてください。大切なのは集団ストーカーや嫌がらせをやめさせるだけでなく、二度とさせないことです。私どもと一緒に集団ストーカー問題を解決していきましょう。

集団ストーカー調査依頼方法

無料出張相談・オンライン相談実施中!

お住まいの場所から相談ルームまでの電車移動が不安、コロナウイルスで面談に不安を感じる方のために、ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では出張相談・オンライン相談を実施しております。初めての探偵依頼に関するお悩みや不安などを、直接相談してみませんか?各エリアの出張相談は、全て予約制で24時間、土日祝日もご予約を受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop