集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > メンタルを強くする│集団ストーカーは視点を変えると面白い
公開日: 2022/03/10 最終更新日: 2022/03/23
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/03/10 最終更新日: 2022/03/23

メンタルを強くする│集団ストーカーは視点を変えると面白い

集団ストーカーは視点を変えると面白いと感じる点があります。あえて面白いと感じる部分を知ることで、集団ストーカーの解決や理解に役立ちます。こちらのページでは、集団ストーカーを調べるにあたり、面白いと思うことをまとめてみました。

そして、集団ストーカー被害に遭われた人たちの情報を分析してみると、そこにはある法則があることがわかりました。それは、被害に遭っている人がメンタルを強化すれば、組織的に行動するストーカー集団も満員電車の乗客や街なかですれ違う通行人と何ら変わりはないということでした。

彼らは、1人では何もできない人たちの集まりに過ぎません。このサイトをご覧になることで、集団ストーカーは恐れる存在ではないことを知ってほしいと思います。

目次|集団ストーカーとメンタルの関係

専門家
集団ストーカー調査
2022年3月10日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

集団ストーカーが面白いと感じる点

集団ストーカーは面白い?

特異な被害内容のため面白く感じる

被害者のなかには、「テクノロジー犯罪によって〇〇が膨れ上がった状態にさせられている」という内容を日々書いている方がいらっしゃいます。被害内容は人それぞれ異なるため、誰にでも該当することではありません。

集団ストーカー加害者の行動は滑稽

被害者同士で統一されていないものの、日々の被害内容をつづっているうちに、加害行為の詳細が見えてきます。加害行為の内容については、集団ストーカー被害ブログや掲示板サイトなどを読むと確認できます。

加害側が奇妙な手口を用いることがとても興味深いです。「こんなことまでする?」という手口が公開されていて、一見ありえないと思われる内容ですが「集団ストーカーの加害パターン」を知っているとあながち間違っていない情報もあります。

例えば、屋根裏に潜んだり、自転車でキーキー音を出したりしてくるなど、はたから見ると実に下らないことまで行なっているというのが、読んでいて面白く感じることはあるでしょう。

あなたの心を弱らせる集団ストーカー

孤立させようとする集団ストーカーから自分を守る

組織的な集団ストーカーは、勤務先やプライベートで出かけた行き先まで追尾するなど、「嫌がらせを忘れられる時間」を与えないように仲間を配置し、ターゲットにした相手から冷静な思考を奪おうとします。

ストーカー集団は、ターゲットの行動範囲をはじめ、職場までの交通手段や交友関係、どのようなことを苦手にしているか等々を徹底的に調べ上げたうえで行動に移します。苦手なものを把握しているので、ターゲットが嫌がることや嫌いなことを繰り返して、じわじわと精神的に追い込んでいきます。

ときには睡眠を妨害するような悪質な嫌がらせをするので、被害に遭った方はどこにいても不安がつきまとい、自宅にいても安らぐことができません。このように「メンタルが強い人」でも精神的にダメージを与え、弱らせていくのが集団ストーカーが卑劣で狡猾なところです。

相談することで更に弱らせることも

集団ストーカーの被害に遭っていることを家族や友人らに相談しても、「気のせい」「考えすぎ」などと言われ、相手にしてもらえないこともあるかもしれません。しかし、誰も相談に乗ってくれないからといって家族や友人との関係を断ち切って「孤立」したら、それこそストーカー集団の思うつぼです。

嫌がらせに耐えられなくなったら、私どもの対策専門窓口にご相談ください。孤立を避け、集団ストーカーから身を護る術を一緒に考え対応していきましょう。

被害者意識を持たず「笑い飛ばす」メンタルが必要

メンタル強化のすすめ 集団ストーカーの被害

集団ストーカーが必死になっている姿が笑えるように

集団ストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある

自分が原因で集団ストーカーの被害に遭われることも考えられますが、だからといって人に迷惑行為をしてもよいということにはなりません。加害者に同情する余地はないので、必死な姿を笑い飛ばす気持ちを持てれば1つ1つの加害行為に意識しないで済みます。

もちろん、営利目的で加担している人は逮捕されるべきであり、証拠を掴み徹底的につぶす必要があります。ただし、深い恨みなどなにかしらの理由があって行なっている加害行為であれば「理由を探る」ことが必要となり、笑ってすませる問題ではないかもしれません。

集団ストーカーを無力化にするメンタル

集団ストーカーが必死になっている姿が笑えるように

集団ストーカーの加害行為の多くは「精神的な攻撃」であり、最強のメンタルを手に入れればほとんどが気にならないレベルに達することが可能です。

集団ストーカーの目的に、「精神的に追い詰めて破綻させる」ことは知っている方も多くいらっしゃると思います。単純に考えれば「精神的な攻撃」に意味をなさないことを加害側が知れば、別の方法に切り替えるかやめるかの2択になります。

なぜ2択かは、被害者なら理解できるかと思います。意味のないことに「時間と労力」を使うことは考えずらい加害者側の背景があるからです。

メンタルを強化すべき人の特徴
  • 真面目で努力家
  • 頭が良く完璧主義者
  • 内向的でマイペースな性質

特に頭がよく回転が速い方は、今おかれている現状を深く理解し最悪の状態をも予測できてしまうため、ネガティブな思考に至る可能性が高いです。

集団ストーカー被害では、完璧主義者は不利になります。真面目で完璧を追い求めると加害者に振り回され、良い結果が得られなかった際に落ち込みやすく挫折や無力を感じてしまいます。

集団ストーカーの被害者は、悩みを自分自身だけで抱え込んでしまう傾向があり、孤立しやすく物事をマイナスな方向に捉えやすくなってしまいます。

真実を知らなければ何も変わらない

メンタルを強化するには

メンタル強化のすすめ

気にしないメンタル

ストーカー集団が何よりも嫌がるのが、「嫌がらせを気にしない」「動じない」ことです。そのようにするには、反発したり、嫌がらせに負けまいとしてストーカー集団に立ち向かおうとうとしたりしても、その闘いは不毛で、何も生まれないことを理解しておく必要があります。

また、一人で集団に挑むのは無謀なだけでなく、多勢に無勢という不利な状況に置かれるので、勝てる見込みはほとんどないと言ってもいいでしょう。仮に相手を打ちのめすことができたとしても、相手は一人ではありません。

別の仲間が報復行動に出れば嫌がらせはエスカレートし、また消耗戦が続くことになります。そうなれば無駄なエネルギーを使っていることに気づいて途方に暮れるだけです。

悪いことが起きても全て嫌がらせに結びつけない

集団ストーカーは「偶然」を装った嫌がらせを繰り返します。しかし、「誰かに嫌がらせをされているのかも」と考えてみても、まったく答えが見つからないこともよくあります。

メンタルが弱っていると周りで起きていることの全てが怪しく感じて不安になったり、必要以上にストレスを溜めたりする状況に陥りやすくなります。

嫌がらせを無視できるようになれば、冷静な判断力を維持することができ、自分の周りで起きていることが偶然なのか、それとも誰かが故意にやっていることなのかの違いを簡単に見分けられるようにもなります。

集団ストーカーに探偵ができること

プロとして最善の解決策を提案する義務がある

探偵にできることは、「集団ストーカーの被害を証明」することを目的に調査をします。
集団ストーカーの被害は複数の嫌がらせが絡み合い、一つの調査だけでは解決することは難しいのですが、探偵に依頼する際に必ず確認することは、「どの被害なら確実に証拠が取得できるのか?」でしょう。

複数ある被害全ての証拠を収集する提案をしていたら、被害者は調査にかかる時間、調査費用の負担は大きくなり、更に追い詰められてしまい「最善の方法」とはいえません。

集団ストーカーの被害の本質は心理戦なので、極力精神的な負担は避けなければなりません。そして、被害者自身も集団ストーカーに屈することなく、国内外の情勢も収集し、情報弱者にならないようにしなければなりません。

初めて経験する集団ストーカー被害に向き合うために、相談した探偵社の内容を鵜呑みにするのではなく、自分でも調べておく必要があります。

国内外の情報を共有するサービス

私たちは、集団ストーカーの被害者専門のコンシェルジュサービスを展開しております。こちらでは、集団ストーカーに関する独自の情報を提供しているだけではなく、被害解決に向けた活動も行っております。そして、わたしたちは解決するまでサポートする体制を整えておりますので、不安な部分は全てお聞かせください。

集団ストーカー調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーの被害内容、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop