集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカー被害者と病院との関係│本当に心の病なのか
公開日: 2022/03/09
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/03/09

集団ストーカー被害者と病院との関係│本当に心の病なのか

集団ストーカーの被害を受けている人たちが、病院に行くと不当な扱いやおかしなことに気づくという方がいます。

いつの頃からか、「集団ストーカーについて話をする人は精神病、統合失調症だろう」と調べもしないのに精神病と決めつけられていました。しかし、本当に被害に遭い苦しんでいる人がいる以上、全てを被害妄想と決めつけてしまう行為が、更に被害者を追い込んでいるということに私たちも気づかねばなりません。

目次|集団ストーカーと病院

専門家
集団ストーカー調査
2022年3月9日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

集団ストーカー被害者の病院の付き合い方

集団ストーカーと精神病院を勝手に結び付けようとする社会

集団ストーカーの被害者の方は、「精神病だから精神科へ行ったほうがいい」と周囲や警察に勧められて診察します。

本来、周囲から病気だと決めつけられているため、治療を受ける道理はありません。医師の診療を受けた場合、大抵は「統合失調症」などの病気として診断され、薬を処方され定期的な通院を指示されます。

医師の判断によっては、頭部に電気的な刺激を与える「電気けいれん療法」を施術する場合があります。この治療法は麻酔によって安全に行なわれますが、副作用の事例もあり施術には賛否両論あります。

被害者にとって病院必要?

集団ストーカーの被害者には「病気でもないのに、頭に電気を流されるのか!?」と考える方もいらっしゃいます。しかし、集団ストーカー被害者には、度重なる嫌がらせから心に傷を負い、精神疾患を患う人も存在します。

病院は集団ストーカーの被害の有無にかかわらず、心の病を感じているならば、適切な処置をしてくれる医師に相談することはとても重要なことです。

医師による薬の処方は正しい?

集団ストーカーの被害者は、精神的にセンシブルになり薬の効果を疑ってしまうこともあります。もし、「効き目を感じない」「副作用がきつい」と感じたなら、薬の変更を遠慮なく医師に希望しましょう。

本当に病院を信用していいのか?

病院は患者を治療する使命のもと、運営しなければいけませんが、不祥事を起こすこともあります。特に、精神科の病院では医師やスタッフが患者を蔑ろにする事件が目立ちます。

未だ明けぬ精神科の闇

昨今では精神科病院の数々の不祥事が認知されてきたため、病棟に入院していた元患者や、病棟のスタッフによる現場で起きた出来事を告白する機会が得やすくなったと言えます。

しかし、精神病棟の不祥事はすべてなくなったわけではありません。これには、精神病棟の構造が関わっていて、精神病棟は基本的に密室で、窓も格子がかけられているところもあり、機密性が保たれています。

このことから、スタッフらによる虐待が患者に起きても、その事実が外部に漏れることはありません。スタッフ同士が黙認しているケースも珍しくなく、常態化している病棟もあるほどです。

非常に残念なことではありますが、これらのリスクを鑑みると100%信頼できるものではありません。

集団ストーカーの情報戦略も影響している

集団ストーカーの被害に遭われている方が、家族や配偶者、友人、知人、職場の人に被害内容を相談すると、耳を傾けて「そういうこともあるよね」と理解してくれる人もいるかと思います。

ほとんどは「気のせい」で片づけられ、何度も相談すると精神病として扱われることになるのです。そもそも、集団ストーカーが知られるようになったのはここ最近ですが、何十年も前から存在し加害手法も今と似ている部分が当時から確認されています。

何十年も前はインターネットもないので、集団ストーカーを知っている人は皆無に等しく、ほとんどが「精神疾患」で片づけられていました。

現在では、誰もが情報を入手できるようになり少しづつ「集団ストーカー」は認知されていますが、未だに「精神疾患扱い」されるのは「加害者側の意図」であることを忘れてはいけません。

集団ストーカーはビジネス?

よく集団ストーカーはビジネスであるとネットで騒がれていますが、ごく一部(復讐代行など)であり全てではありません。集団ストーカーは日本だけではなく、中東以外のほぼ全域で集団ストーカーが実施されておりますが、ビジネスである確証はありません。

マニュアル化された「組織いじめ」を見よう見まねで実践しているだけの人はいっぱいいます。起きている全てを大きく捉えず、冷静に見れば簡単に解決できる事例もいっぱいあるので、一度「情報の整理」を実践してください。

この手の犯罪は、情報弱者が加害者側に振り回されやすいので、不安な方は一度ご相談ください。

精神病患者も情報戦略の影響がでている

偽被害者の実態

よくインターネット掲示板などに「偽被害者」と言われる人を見ますが、本当に偽被害者なのか誰も真実を確認していません。理由は、本当の被害者と精神病の影響で「集団ストーカー被害」と思い込んでいる方が掲示板に被害状況を書き込み争っているだけです。

集団ストーカーの被害者は、日々の嫌がらせで「心の余裕」を持つことが大変です。言い争ってしまうこともあるかと思いますが、決めつけずに話を聞いてあげることも必要です。偽被害者であっても、集団ストーカーの情報戦略の「被害者」であり敵ではありません。

情報戦略の1つに「孤立」させるように仕向けているのであれば、本物も偽物も関係なく「情報の共有」をして、自分で「情報の精査」をしていけばよいのです。孤立せず積極的に情報収集をしてみましょう。

集団ストーカーは進化する実験

ここ最近では、集団ストーカーの被害を訴える人が多くなりました。近所や学校、職場だけでなく24時間365日集団組織にストーキングされていると認識していく人たちが急増してきました。しかし、メディアへの言論統制が先回りして進んでいるためか「集団ストーカー被害者は精神病」との扱いが基本とされています。

集団ストーカーは一方的な恨みを晴らす嫌がらせだけではなく、心理的工作と科学技術工作を被害者に実験対象として行っている可能性もゼロではありません。

真実を知らなければ何も変わらない

集団ストーカーに探偵ができること

プロとして最善の解決策を提案する

探偵にできることは、「集団ストーカーの被害を証明」することであって医師ではありません。

集団ストーカーの被害は複数の嫌がらせが絡み合い、精神病と疑われるような被害も実際にはあります。当然、一つの調査だけでは解決することは難しいのですが、探偵に依頼する際に必ず確認することは、「どの被害なら確実に証拠が取得できるのか?」になります。

複数ある被害全ての証拠を収集する提案をしていたら、被害者は調査にかかる時間、調査費用の負担は大きくなり、更に追い詰められてしまい「最善の方法」とはいえません。

集団ストーカーの被害の本質は心理戦なので、極力精神的な負担は避けなければなりません。そして、被害者自身も集団ストーカーに屈することなく、国内外の情勢も収集し、情報弱者にならないようにしなければなりません。

初めて経験する集団ストーカー被害に向き合うために、相談した探偵社の内容を鵜呑みにするのではなく、自分でも調べておく必要があります。

国内外の情報を共有するサービス

私たちは、集団ストーカーの被害者専門のコンシェルジュサービスを展開しております。こちらでは、集団ストーカーに関する独自の情報を提供しているだけではなく、被害解決に向けた活動も行っております。

そして、わたしたちは解決するまでサポートする体制を整えておりますので、不安な部分は全てお聞かせください。


嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop