集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 仄めかす前に会話を盗聴する連携作業「集団ストーカー撲滅」
公開日: 2021/08/12 最終更新日: 2021/08/09
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/08/12 最終更新日: 2021/08/09

仄めかす前に会話を盗聴する連携作業「集団ストーカー撲滅」

集団ストーカーの被害に遭遇している人が共通する被害のひとつに「仄めかし」というのがあります。仄めかしには、実際に起きたすぐの出来事から過去の情報までさまざまですが、条件として正確な情報を収集しないと効果的に仄めかせないのが特徴です。

目次│集団ストーカーの手口を知ろう

仄めかす内容は新しい情報が効果的

スーパーやレジャー施設などで、自分しか知らないワードや好きな色や嫌いな色を「所持品」で仄めかす実行犯がいることは集団ストーカーの被害事例ではよくあることです。

皆さんは、「なぜ?リアルタイムな情報を仄かすことができるのか」不思議に思ったことありませんか?

実行役と指示役がいる「集団ストーカー」ではよくあることですが、事前に情報を入手する人とその情報を仄めかす人が連携すれば可能なのです。特に難しい技術やテクノロジーは必要なく、盗聴と仄めかしの単純な作業を繰り返しているだけです。

仄めかす情報は新しくないと意味がない?

一般的に、仄めかす内容は「本人の記憶に新しい」方が効果的であり、意識しやすく不安に陥れやすいのです。下記にある事例は「ほのめかし事例」ですが、頻度が多くなっていたら「盗聴の仄めかし」を疑ってください。

  • 昨日の出来事なのになぜか知っている
  • 嫌いな色の服やバックを持つ人が意図的に近寄ってくる
  • さっき話していた内容がもうすでに漏れていて仄めかされた

どのように盗聴しているのか

現在もアナログが主流

集団ストーカーの仄めかし実行犯は、「盗み聞き」と「盗聴」の繰り返しになります。意識させるだけであれば「覗き」「盗撮」が主な活動内容です。

「え?単純すぎじゃない?」と思われる方もいるかと思いますが、実際やってみるとわかりますがバレないようにやるには難しい作業になります。被害者の中には、難しく考えてしまう方が多く見受けられますが作業自体はとてもシンプルです。

アナログなやり方には地道な調査で充分解決できます。ただし、情報が漏れている原因が「スマホ」「GPS」など人が情報収集していない場合もありますので決めつけないでご相談ください。

店内の盗聴の仕方

ファミレスや居酒屋などの店内での会話は、来店したお客に装った犯人が収音マイクを使ったり、ボイスレコーダーを仕掛けたりします。

特徴としては、できる限り近寄ってきますのでテーブルなど確認してください。飲み物だけ注文して、スマートフォンをいじってるタイプは怪しいかもしれません。

おかしいなと思ったら放置しない

盗聴は特定以外の人しか知らないはずの情報を知っている、なんとなく電波の様子がおかしいなど「違和感」を感じることがあれば、疑がってください。

盗聴・盗撮被害は、気が付かないまま情報が流出して悪用されるリスクがあります。また、最近では本人が知らないうちに盗聴アプリをインストールされていた被害事例もあり、疑わしいと思ったら携帯電話を期化するなど対策することをおすすめします。

「盗聴されてるかもしれない」「盗撮されているかもしれない」と少しでも感じたらすぐに専門家にご相談ください。早めに連絡をすることで、被害を最小限で食い止めることができます。

風評被害に発展するケースも

信頼を失ってる気がする

盗聴や盗撮で得た情報は、必ずしも仄めかしに使われるわけではありません。陥れるために、嘘の情報を含ませて「ネットで拡散」することも考えられます。

他にも、ネットだと足がつくことを恐れて口頭による拡散もあります。近隣住民や職場の関係者などの「本人に近すぎない人※1」に嘘の情報を流して、勝手に噂が広まるのを待っていることもあります。

※1 近すぎる人には直接吹き込まないで、外堀を埋めて間接的に聞かせる方法が一番バレずらい。

エゴリサーチで引っかからない

エゴリサーチでも自分の情報が引っかからない場合、今の状況と風評被害の情報が全く噛み合っていないため「検索キーワード」があっていない可能性があります。第三者に冷静に分析してもらって新しいキーワードが必要かもしれません。

しばらく様子を見ても落ち着かない場合は、ネットだけではなく風評被害に対応する専門家の「ネットリサーチ」と「現地調査」を組み合わせて情報を確認してください。

集団ストーカーの犯罪が周知されつつある

手口が明らかになった集団ストーカー行為

集団ストーカーとは、集団で(もしくは組織的に)ガスライディングのような嫌がらせを仕掛ける、盗聴や盗撮をしなければわからないような個人の情報を「知っている」「秘密を握っている」と仄めかす、ターゲットにした相手が周囲や近隣住人に疎まれたり避けられたりするように仕向けて精神的に追い込んでいく犯罪を私たちは集団ストーカーと呼んでいます。

嘘の情報に惑わされないようにする

以前なら、集団ストーカーの被害を訴えても、ほとんどが統合失調症による幻覚・幻聴で片付けられてきました。しかし近年では、集団ストーカーは周知されようになり、「集団ストーカー」の調査を依頼される方が増えてきています。集団ストーカーはターゲットにした相手を陥れるため、「会社で不倫をしている」「万引で逮捕されたことがある」など嘘の情報を広めたり、近隣から不審人物と思われるような悪評を立てたりします。

根も葉もない噂や嘘が広がっていると感じたら、集団ストーカーによる嫌がらせを疑ったほうがいいかもしれません。彼らが流す「嘘の情報」に惑わされないように、冷静に対処しましょう。

集団ストーカーについては早期相談

集団ストーカーは統合失調症による妄想、思い込み、偶然などではなく「れっきとした犯罪」です。集団ストーカーは、嫌がらせに加担しているメンバーの身元がバレるのを極端に恐れるため、組織・集団の規模が小さいとネット上で誹謗中傷を繰り返す傾向があるので、どのような集団がネットストーキングをしているのかを探りたい場合は「オンライン調査」ができる探偵事務所を探す必要があります。

現地調査とネットを組み合わせる

オンライン調査には専門的な知識と技術が要るので、被害に遭った方が単独でストーカー集団の素性を暴こうとすると、全く無関係の人を「犯人」と決めつけるような誤りを犯しかねません。判断を誤ると解決までの道のりが遠くなることもあります。そのため、ネット上での誹謗中傷に気づき、誰かに批難されるようなことに心当たりがないときは、なるべく早い段階で専門家に相談し、アドバイスしてもらいましょう。

コンシェルジュが必要な方へ

コンシェルジュの意義

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。

ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。

理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。


嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop