集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカー被害者が行なう体調管理と重要性
公開日: 2021/09/11 最終更新日: 2021/09/09
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/09/11 最終更新日: 2021/09/09

集団ストーカー被害者が行なう体調管理と重要性

集団ストーカーからエレクトロニクスハラスメントを受けている被害者は常に電磁波の影響にさらされています。そのためきちんとした体調管理を行わないと体調不良となりメンタル面でも影響を受けやすくなります。

どのようなことがエレクトロニクスハラスメントかをよく理解していただいた上で、おすすめの体調管理をご提案させていただきます。

目次 |集団ストーカー被害者の体調管理相談窓口

エレクトロニクスハラスメントを受けているとは?

集団ストーカーの常套手段として、電磁波攻撃をするエレクトロニクスハラスメントがよく知られています。これは世界中で集団ストーカーが行われている被害者に共通している手口でマニュアル化しているようです。

いわゆるテクノロジー犯罪ですが、集団ストーカー被害者全員が電磁波攻撃をされているわけではないです。しかし、知らずにエレクトロニクスハラスメントを受けている可能性があります。

考えすぎもよくないのですが、不審なことが続くようでしたら疑ってみてもよろしいかと思います。

電磁波に過敏に反応

テクノロジー犯罪を理解していれば、体の異変にいち早く気づくことができます。「もしかしたらエレクトロニクスハラスメントかも?」と思ったら、周囲の電磁波を一度測定してみてください。

自分では難しいと思ったら専門家に依頼することも1つの手段です。

電磁波の影響があるという人の共通意見

  • ある時期から耳鳴りがするようになった(特定の部屋に入ると強くなるなど)
  • 不眠症に悩まされている
  • 息苦しくなり窒息感が続く
  • 体がよく疲れるようになった
  • 頭痛や後頭部が重い
  • 皮膚のざわつき、皮膚にあたる感覚がある
  • 免疫機能の低下でアレルギー状態が続く
  • 集中力の欠如で考えがまとまらない
  • 明らかに頭部や身体に放射されたり打たれている感覚がある

電磁波過敏症はストレスが蓄積されて起こると言われており、電磁波に敏感になると神経が高ぶった状態で生活を送らなければならないと言われています。体の不調が精神的なストレスからきているのか電磁波による身体の不調なのかはっきりさせるために、電磁波を正確に測定する必要があります。

しかし問題は、電磁波過敏症という自覚があるだけなのか、あるいは普段生活しているなかで最近何か違う影響を感じ、それが原因で上記の症例のように身体に違和感や異常を感じるということもあります。

エレクトロニクスハラスメントを受けたメンタルの影響

被害者が徐々に病んでいくことを期待される加害

集団ストーカーによってエレクトロニクスハラスメントを受けている被害者の方は、インターネット上で集めた言論統制されたニセ情報などで加害を解決できないと思い、絶望になり引きこもりになってしまう方もいるかと思います。

「スローキル“Slow Kill”」と言って、被害者自らがゆっくり時間をかけて自滅していくことを集団ストーカーは目的としているため、その手に乗る必要は一切ありません。

エレクトロニクスで色々な攻撃を受けているとメンタルまで病んでしまいます。とはいえ、必ず照射された電磁波は放出されていきますのでご安心ください。

まずは可視化することで不安が和らぐ

電磁波は目に見えないので、電磁波の影響があると第三者に訴えても「妄想」「考えすぎ」と理解してもらえないリスクが高いです。

電磁波の影響が人為的に行われている疑いがある場合、ご自身で購入できる範囲の電磁波測定器による電磁波測定だけでは解決しない可能性があります。

その場合は、専門家に必ずご相談ください。些細なことでも今までと違う、今までとは異なる状況になった気がする等、ご自身の身の回りに起きている現象に疑問をお持ちになったらぜひ当社へご相談ください。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

おすすめ体調管理方法

アーシングのすすめ

アーシングをお勧めします。アーシングは自然に電気を放出していくのですが、一番放出しやすいのは裸足を地面につけるのが最も効果的でしょう。他に海水に足を浸すなどあります。

しかし、毎日行うには実用的な話ではありません。手を地面につけるのも効率を考えると大変かと思います。自宅の庭、もしくは公園などの地面に直接、裸足でアーシングしましょう。

時間のあるときは30分、最低でも毎日10分行えば大分違います。たったそれだけですが、日々の積み重ねがとても重要です。

電磁波防止グッズは一時的なものになりますし、いつまでもその方法で身体を守れるとは考えにくいです。ぜひアーシングを実践されてください。電磁波被害者の方で心配なのが、ご自身で費用節約のために機材を買って証拠を撮ろうとする方がなかにはいますが、あまりお勧めしません。

ご自身で電磁波測定はできたものの、一体誰が加害をしているかまで証拠を撮るのは1人では困難でしょう。

集団ストーカーQ&A

Q

エレクトロニクスハラスメントをする基準は何ですか?

A

加害側の都合です。集団ストーカーの被害者でも、テクノロジー犯罪を受けているかいないかは被害者によって違います。但し、なぜエレクトロニクスハラスメントを受けているのかは、加害側が勝手に決めていることですので、理由は実のところ「ない」というのが回答になるでしょう。

Q

エレクトロニクスハラスメントを受けないようにするには?

A

加害そのものをやめさせるしか方法がありません。個人的に何らかの物理的方法によって加害を受けなくできるようになればいいのですが、現在そのような方法がありません。加害をやめさせるには「誰が主導して、仲間が誰で、いつ、どこで、どのような加害をしているか」に関する証拠が必ず必要になってまいります。

Q

アーシング以外に電磁波を除電でますか?

A

アーシングが最も効率がいいです。所説出回っていますが、どれも費用がかかったりします。お部屋の改造や電磁波防止グッズというのは対策であり、電磁波を除電するわけではありません。正直、部屋を改造するような費用をかけるなら「引っ越し」や「証拠収集」など選択肢が広がります。どうしても住む理由がある方は、住宅リフォームも1つの選択肢となります。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop