集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 無理に理解してもらおうと思わない│集団ストーカーの理解者とは?
公開日: 2021/09/15 最終更新日: 2021/09/10
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/09/15 最終更新日: 2021/09/10

無理に理解してもらおうと思わない│集団ストーカーの理解者とは?

嫌がらせに遭遇していると、周囲に相談してもなかなか理解されない、あるいは誰に相談していいのか分からないという状況にあると思います。そのようなときに誤った方向にいかないように本当の理解者は誰なのかをお伝えしていきます。

目次|集団ストーカーの理解者に関する相談窓口

理解者が誰もいない

理解者がいないことは工作かもしれない

嫌がらせをされているのに、周囲に相談しても誰も理解してくれない。家族に相談したが、親身になって聞いてくれないこともあるかもしれません。

しかし、「理解を得られない」ことが、誰かしらに影響されてのことであれば、集団ストーカーの被害者である可能性が高いです。

もし、集団ストーカーの被害者でなければ、学校、職場、近隣住民で仲良くしてくれる人、味方になってくれる人、パイプ役になってくれる人が必ずいます。

あなたに嫌がらせをしてくる人を嫌だなと思えば、他の人もその人によくない感情を抱くことが多いです。それがないのは、なんらかの根回しや工作があるのが集団ストーカーなのです。

真実を知らなければ何も変わらない

理解者がいないときに確認すること

自分には理解者がいない状況をチェックしよう

まず冷静に、自分に理解者がいない理由を探ります。的確に情報を把握することで自分に起きている嫌がらせの種類が集団ストーカーか、そうではないかを理解できるからです。

下記の項目をチェックして、1が多ければ集団ストーカーの被害者、2が多ければ個人か少人数による嫌がらせと見てもよいでしょう。

2が多くても、周囲にトラブルや被害が及ぶ確率が高かったり、それをきっかけに加害に寝返った理解者がいる場合は集団ストーカーである確率が高いです。

但し、他の項目が該当しなくても、いつも監視されている気がする、トラブルがなにかしらある場合、判断するには注意が必要です。

  • 1. 家族に相談したが理解は得られない
  • 2. 家族に相談して、理解は得られた
  • 1. 友人・知人に相談したが話は聞いているがそこまで親身ではない
  • 2. 友人・知人に相談して理解を得られた
  • 1. 学校で、理解者がいない・誰にも相談できない雰囲気がある(教員も信頼できない)
  • 2. 学校で、自分と嫌がらせ加害者の間を橋渡し・対策してくれる教員や友人がいる
  • 1. 職場で、理解者がいない・誰にも相談できない雰囲気がある(職場全体が嫌がらせにかかわっている気がする)
  • 2. 職場で、上司あるいは同僚に相談したところ理解者が得られて気軽に相談できる人がいる・役割の配属配置もしくはシフトで加害者と鉢合わせしない組み合わせにしてくれる配慮がある
  • 1. 近所で、理解者がいない・誰にも相談できない雰囲気がある(近所全体が嫌がらせにかかわっている気がする)
  • 2. 近所で、長あるいは近くの住民に相談したところ理解者が得られて気軽に相談できる人がいる・地域会議などで配属配置変換により当事者同士が顔合わせをしないような配慮がある
  • 1. 通学・通勤ルートあるいは自宅から出た外出先のいたるところで、不審人物を見かける。
  • 2. 通学・通勤ルートあるいは自宅から出た外出先で人につきまとわれていることはないと言い切れる
  • 1. メインの嫌がらせ(学校や職場、近隣住民とのいざこざ)以外で、近所の人が随分な確率で自分のタイミングにあわせて行動していると思う。玄関のドアを開けたときに、車両や人が通りすぎたり、近所の人が近くにいるタイミングの頻度が高い
  • 2. メインの嫌がらせ(学校や職場、近隣住民とのいざこざ)以外で、近所の人が随分な確率で自分のタイミングにあわせて行動していると思うことはない
  • 1. 誰なのかは分からないが、SNSで悪口や誹謗中傷を拡散されている。自分を装い第三者を誹謗中傷するような書き込みがあり、書かれた人と自分の関係が悪化していたことがある
  • 2. 上記の経験がまったくない

理解してくれる人とは?

理解者は多い方がいい

嫌がらせの加害を理解してくれる人は、あなたを心から心配している家族や友人、あなたと同じような経験をした人ならわかってくれるでしょう。

特に集団ストーカーは理解されないために、日本では「集団ストーカーをいう人は精神病」とされ、警察に相談しても「精神科」をすすめてくることがあります。

しかし、警察へ被害届を出すことは忘れないようにしましょう。証拠を残すことに積極的になってください。

SNSを利用するケース

Twitterなどで被害状況を日々綴っていき、そこで同じような被害者と繋がっていくのはよいと思います。

自分が発信したことは自分がフォローしている人たちも読むことができ、多くの人の目に入ります。

そうすると、多くの人が嫌がらせについて知ることができます。あなたが勇気を出して発信して、たくさんの人をフォローしているだけで自分の書いたことを読む人が多くなるのです。

アメリカでは集団ストーカーが社会問題として一般社会で認知されていますが、日本ではまだ多くは知られていません。

リアルタイムでの嫌がらせについて「つぶやき」をする人が多ければ多いほど、周囲に認知する健全な第一歩となります。

集団ストーカー対策が必要な方へ

集団ストーカー対策

集団ストーカーによる嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには徹底した「証拠収集」が必要です。損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「オオカミ少年(※1)」とみなされて孤立が進むだけです。

問題を解決したい方は私どもにお任せください。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

解決には協力者が不可欠

集団ストーカーの被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の妄想」や「思い込み」「ただの偶然」と決めつけることがあります。

しかし、集団ストーカーは被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。

集団ストーカーは複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。

早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

※1「オオカミ少年」:繰り返し嘘をついていると、やがて周囲の人から信用されなくなってしまう童話

集団ストーカーQ&A

Q

相談にのってくれる人はいますが、なんだか信頼できません。

A

自分の直感を信じるのも大切です。工作によっては、わざと話を聴く役をつくり、ターゲットの気持ちを探ってプロファイリングしようとする場合もあります。不自然に親しくしてくる人物には、話半分で本当のことを話さないのも必要です。

Q

学生~就職後も、長年いじめに遭遇してきましたが、家族も相手にしてくれません。結局、今は引きこもりになっています。

A

結論から申し上げますと解決できます。長年、集団ストーカーの被害に遭っていらっしゃる方に共通しているのは、就職しても意味の分からない嫌がらせを受け、転職を繰りかえし、精神的にきつくなって引きこもるケースがあります。その姿こそ犯人の望む姿なのです。もし、立ち上がる気力が残っているのであれば一度ご相談ください。今の環境を変えるには「行動のみ」です。

Q

リアルな人間関係で相談しないほうがいい?

A

信頼のおける人なら相談してください少しでも理解者を増やすことを加害側は恐れています。理解者が増えれば増えるほど、加害側は嫌がらせをしづらくなります。そのため理解者は見せしめとして被害者になることすらあります。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop