集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > あなたの認識あってますか?集団ストーカーに潜む罠
公開日: 2021/09/19 最終更新日: 2021/09/11
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/09/19 最終更新日: 2021/09/11

あなたの認識あってますか?集団ストーカーに潜む罠

集団ストーカーの認識

集団ストーカーに関わるということは、多くの罠と思ってしまうような誤認識が多くなってきます。ここでは、誤認識とはどういったケースに気を付けるかご紹介します。

目次│集団ストーカーにたいっする正しい認識

全てが加害者に見える罠

「誰もかれもが敵である」錯覚を利用して陥れる

集団ストーカーの加害方法で顕著なのが、なるべく自分の手を汚さずに被害者に自滅してほしいと考えています。

そのため、被害者に過剰に受け止めてもらうための秘策が「プロファイリング・ガスライティング・エレクトロニクスハラスメント」であるのです。

加害者は意味を知らなくても簡単にできる、車両のカルトナンバーや数字、指定の色やマークのものを着用、指定の言葉などで、なるべく被害者の周囲の人すべての人が加害者であるように見せていくことがテーマです。

SNSで陥れられる罠

相手が不明なだけに被害者を恐怖と不安に陥らせる

最近ではSNSで実際には知らない人同士でつながり、やり取りする機会が多く見受けられます。

大抵、ご自身が興味のある世界で発信コメントをすることがありますが、自分のアカウントのやり取りで、大量の否定的な意見「アンチ」、アカウントを見てくれる人の目をそむけたくなる「荒らし」があります。

このような方法も、集団ストーカーの加害行為のひとつであります。

集団ストーカーは、そもそもタビスタック人間関係研究所が目的としている「大衆煽動」に少なからず影響を受けている可能性もありますから、SNSでの「アンチ」発言や「荒らし」活動は組織犯罪では常套手段といってもいいでしょう。

仕組まれた工作であることに気づかずに、被害者がひとつひとつ別のアカウントからの「アンチ」コメントを集団工作によるものと気づかず、実際に多くの他人に自分が否定されている、自分の生存を快く思っていないと勘違いして、精神的な不調や酷い場合には自殺する方もなかにはいらっしゃいます。

多くの「アンチ」に囲まれても「一律工作」であることを見抜けば動揺することはありません。

警察が全員加害者に見える罠

公務員全員が敵であると誤認識させ混乱させる

集団ストーカーの被害に遭遇すると、警察も集団ストーカーに加担しているか?という議題がつきまといます。インターネットでは「警察は加害のグルだから気をつけろ」というように考える傾向にあるようです。

しかし、こう考えてみることはできないでしょうか。警察を敵に思わせることで解決できないと思わせることができるのです。

警察組織もある意味指示直下型ですので、あなたの近くにいる警察官があなたを実質マークしているかははなはだ疑問です。「今日のこの時間はこの道路上で防犯活動をする」だけかもしれません。

警察関係者のカミングアウトがなければ解明できる話ではありません。あなたの周囲にいる警官があなたを意識しているとは断定できないのです。業務としてひたすら見回っているだけかもしれません。近くに行っても警官はあなたをまったく意識していなかったりもします。

すべてを疑ってしまうと、冷静に判断・対応できなくなってしまいます。それが加害側の罠ということに気づきましょう。情報に振り回されることなく、警察は味方につけましょう。

加害者自身が陥る罠

加害者も被害者という謎

加害者は色々な立場がいます。なかには、加害についてカミングアウトをしたいと内心思っている人もいるでしょう。しかし、もしカミングアウトしたらどうなるか分かっており、なかなか集団ストーカーの実態について明るみになっていません。

もし加害側がカミングアウトしても代償をともなわなければ既に明るみになり社会問題として解決していたかもしれません。あるいはカミングアウトで誰かに話したことで消される、カミングアウトをしようとして何か悲劇に遭遇した人もいるかもしれません。

コンシェルジュの目的

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。

ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。

理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。


集団ストーカーQ&A

Q

近所の人も加害してきます

A

委託されて加害しているケースが濃厚です被害者の近隣住民が最も加害委託をされやすいです。被害者に個人的に恨みがあるわけではありません。近隣住民に「もう加害したくない」と思わせる行動をとることが重要で、敵対しても相手の思うつぼです。

Q

SNSの「アンチ」が自分に攻撃されるように工作してくることはある?

A

工作で充分あるでしょう最近では、「アンチ」として自分が攻撃するのではなく、相手に攻撃させて印象を悪くする操作をしてきます。冷静に観察することで対処できることもあります。

Q

悪夢は終わる?

A

必ず終わりがきます集団ストーカーの加害行為は、ネットでも広く拡散され自分でも対策ができるようになりました。証拠を撮り、相手側に話し合いをすることで集団ストーカーの被害が終焉します。示談や裁判で損害賠償を請求することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop