集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカー被害者同士を分断させる工作
公開日: 2021/09/23 最終更新日: 2021/09/17
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/09/23 最終更新日: 2021/09/17

集団ストーカー被害者同士を分断させる工作

集団ストーカーの被害者が集まると必ず加害側がいて「離縁工作をする」という話をよく聞きます。

それはどのようなからくりなのかをご紹介します。

目次│集団ストーカー分断工作相談

公の場で分断される工作

孤立化現象工作

学校、職場、地域などで人が集まる場所に毎日行く人が多いため群像意識を利用することで分断工作をされます。集団ストーカーの被害とは人が集まる空間で人間関係の工作絡みが多いです。

人間関係があまりない引きこもり気味の人はエレクトロニクスハラスメントが主体となってきます。しかし、引きこもりの人たちでも最初は何らかの団体に所属しており、色々な人間関係工作があったことでしょう。

公の場で人間関係を工作するのは、ターゲットの人間関係を断ちたいからです。分断することでターゲットを孤立させようとします。そのために必要な工作はいじめだったり、人間関係の諍いや、人と人をいがみ合わせたりさせることです。

要は、ターゲットだけを孤立させたいために、大人数対ひとりの図式となります。孤立させるためには集団ストーカー側ではなんでもやるといっても過言ではないでしょう。

距離感が大切

リアルな人間関係では、実際に相手のことを実はよく知らないということがよくあります。

たまたま学校・職場・地域で顔を合わせているだけであり、その人が大事にしていること・信念・宗教・政党・何に興味を持っているのかまで肩書上で知ることができません。

そのため、容易にターゲットにたいしての誤解を周囲にさせる工作が実情可能であるというわけです。

SNSで分断される工作

分断工作で侵されない領域がある

リアルな人間関係だけではなく、SNS上で人が集まるところもまた分断される工作をされます。

YouTubeのライブ配信でリアルなチャットのやり取りが行われますが、たとえばターゲットがチャットを視聴していることが分かっていれば、ターゲットしか分からない単語やアカウント名をわざわざ作成して仄めかしをしてきます。

あるいは、ターゲットの交友関係やSNSでのやり取りを調べ、嫌がらせを行なうことがあります。「この人に関わるといいことない」と思わせることができるのです。

分断工作は脅威に感じている証拠

これらは加害側が自分たちにとって脅威となる発言や繋がりを持っていると判断すれば、簡単に可能なことのようです。

しかし、SNSで同じ志や趣味嗜好を持っている人たちの繋がりは心によるもので、そう簡単には分断できません。

被害者同士を分断させる工作心理とは?

身勝手な加害側の思惑

集団ストーカーの被害に遭遇して分断工作をされていることを共有している人たちは強く繋がります。それが加害者にとっては脅威となります。小さな集まりも繋がっていけばやがて大きくなり、社会現象として表舞台へ出ます。

そうなれば、加害側の計画が終わります。中には、人に嫌がらせを行うことで生計をたてている人が世間にはいることを知ってください。嫌がらせはすべて人の手で行われているのです。

そのためにはターゲットを社会から分断し、情報弱者にして孤立させなければならないのです。ターゲットが社会的に分断され、人間関係が断たれ、生きる術を失っていく人は振り回されてしまっている被害者なのです。

加害者同士も実は分断されている

加害者同士でも何者かすら分かっていない

集団ストーカーの加害側は、上からの指示直下型で嫌がらせされているケースが非常に多いです。

完全に棲み分けが行われており、上下間は接点がない状態として取り扱われています。「〇〇さん」と委託された者を知ってはいますが、実のところその人が誰なのかよく知らないとされています。

復讐代行や集団ストーカーなどの違法行為を行なう組織は、犯人の身元がわからないように情報共有されてないことがほとんどです。芋づる式に捕まることを警戒していることが理由です。

ただし、実行役1人でも捕まれば指示役にもその情報が入り、嫌がらせを撤退することがあるので証拠収集は止めないでください。

真実を知らなければ何も変わらない

集団ストーカーQ&A

Q

集団ストーカーの被害者と仲良くなっても、なぜか相手を嫌いになることが多い

A

被害者同士で分断させられる工作の可能性があります加害側は被害者同士が被害内容を拡散し、仲間を増やし声を大きくされ社会の表舞台に立たれることを最も嫌がります。そのため被害者同士が繋がりをもつと、なるべく早い段階で分断しようとしてきます。

Q

SNSの「アンチ」が巧妙で、自分と同じような被害者を分断する工作をしてきます

A

工作で充分あるでしょう「アンチ」は「自分はこういうことを知っているよ、こういうことを持っているよ」などと仄めかしをすることで反射的にあなたに反感を買わせ、自尊心をくすぐってきます。あなた自身を攻撃させる方向へ立ち回ることが多いです。自分が攻撃するのではなく、被害者に攻撃させて印象を悪くする「印象操作」をしてきます。冷静に状況判断することで加害側の罠にはまらぬように充分気を付けましょう。

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にも集団ストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop