集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 嘘の情報を「ネット上」で公開する集団ストーカーの手口
公開日: 2021/03/19
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/03/19

嘘の情報を「ネット上」で公開する集団ストーカーの手口

このページでは、実際に集団ストーカー被害に遭っていた30代女性が調査を行ない被害を解決した事例紹介や、集団ストーカー被害者の正しい専門家選びについてご紹介致します。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
集団ストーカー調査レポート!

ご依頼者様
30代 (女性)

目次│集団ストーカー対策専門窓口

知らぬ間に広がる誹謗中傷の恐怖

こんなことありませんか?

下記の事例は、集団ストーカーの被害に遭った方の声をまとめたものです。似たようなことが身の周りに起きていたら、集団ストーカーに巻き込まれている可能性を考えなければなりません。

女性
ご依頼者様: 30代 女性 会社員
ご依頼内容: 嫌がらせ調査
ご依頼理由:

1ヵ月程前から集団ストーカー被害に遭っています。行く先々での「つきまといや待ち伏せ」「監視していることの仄めかし」「スマートフォンを使った盗撮」を不特定多数の人にやられています。被害が始まる少し前に仕事でトラブルを起こしてしまい、そのトラブルが原因で被害が始まった様に思います。この出来事以来、会社の上司や同僚の態度がおかしくなり、社内で仄めかしを受けるようになりました。最初は社内の人間だけからでしたが、次第にエスカレートして不特定多数の人から被害を受ける様になりました。社内だけの被害であれば退職すれば問題は解決出来ると思うのですが、無関係の人まで関わっているとなると、どこに行っても被害は続くのではないかと感じております。また先日社内の人間からの仄めかしで「あの写真ネットに乗せちゃえよ」などと私に関する内容を複数人で話しているのが聞こえてきました。今後どのようにすればいいでしょうか?被害に対しての対策やアドバイスを下さい、よろしくお願いします。

調査レポート:

今回は2つの調査を提案致しました。本人が被害が始まった原因を把握出来ている為「加害行為者特定調査」、本人に関しての情報がネット上で拡散されている可能性が考えられる為「オンライン調査」この2つの調査をご提案致しました。「加害行為者特定調査」とは言葉の通り加害行為者を特定し被害の裏付けとなる証拠収集を行う調査になります。「オンライン調査」とは、ネット上でご依頼者に関する書き込みや写真、動画、個人情報などのデータが流出していないか専門の調査員が調べる調査になります。

実際に調査を行うと、某有名掲示板に匿名でご依頼者についての書き込みや盗撮した写真、誹謗中傷している内容の書き込みが発見されました。その内容を依頼者に報告すると「絶対に許せない、何としても探し出す」という結論になり、協議の結果、弁護士に依頼して書き込みを行った人物を特定する事になり今回の調査は終了しました。1ヵ月後、ご依頼者から連絡を頂き、書き込みを行った犯人を特定出来たとの事でした。犯人に内容証明郵便を送り、会社は転職してネットの書き込みも削除した事で被害はすっかり止んだとの報告を頂きました。今回のケースでは、被害に早く気づき状況を判断し早く対応が出来た為、ネット上の広がりも浅く短期間での調査を成功させました。ネット上で風評が広まっている場合は早急に対応する事が重要であります。

集団ストーカーの犯罪が周知されつつある

手口が明らかになった集団ストーカー行為

集団ストーカーとは、集団で(もしくは組織的に)ガスライディングのような嫌がらせを仕掛ける、盗聴や盗撮をしなければわからないような個人の情報を「知っている」「秘密を握っている」と仄めかす、ターゲットにした相手が周囲や近隣住人に疎まれたり避けられたりするように仕向けて精神的に追い込んでいく犯罪を私たちは集団ストーカーと呼んでいます。

嘘の情報に惑わされないようにする

以前なら、集団ストーカーの被害を訴えても、ほとんどが統合失調症による幻覚・幻聴で片付けられてきました。しかし近年では、集団ストーカーは周知されようになり、「集団ストーカー」の調査を依頼される方が増えてきています。集団ストーカーはターゲットにした相手を陥れるため、「会社で不倫をしている」「万引で逮捕されたことがある」など嘘の情報を広めたり、近隣から不審人物と思われるような悪評を立てたりします。

根も葉もない噂や嘘が広がっていると感じたら、集団ストーカーによる嫌がらせを疑ったほうがいいかもしれません。彼らが流す「嘘の情報」に惑わされないように、冷静に対処しましょう。

集団ストーカーについては早期相談

集団ストーカーは統合失調症による妄想、思い込み、偶然などではなく「れっきとした犯罪」です。集団ストーカーは、嫌がらせに加担しているメンバーの身元がバレるのを極端に恐れるため、組織・集団の規模が小さいとネット上で誹謗中傷を繰り返す傾向があるので、どのような集団がネットストーキングをしているのかを探りたい場合は「オンライン調査」ができる探偵事務所を探す必要があります。

現地調査とネットを組み合わせる

オンライン調査には専門的な知識と技術が要るので、被害に遭った方が単独でストーカー集団の素性を暴こうとすると、全く無関係の人を「犯人」と決めつけるような誤りを犯しかねません。判断を誤ると解決までの道のりが遠くなることもあります。そのため、ネット上での誹謗中傷に気づき、誰かに批難されるようなことに心当たりがないときは、なるべく早い段階で専門家に相談し、アドバイスしてもらいましょう。

孤立させようとする集団ストーカーから自分を守る

一人の力では必ず限界がくる

集団ストーカーは、ターゲットにした相手の職場やふだん買いものをしているスーパー、趣味や習い事で通っている教室など全ての行動範囲を網羅し、先回りをして嫌がらせをします。

まるで「いつも監視している」「お前には安らげる場所などない」と言わんばかりに、どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、「どうしていつも行き場所を知っているのか」と疑心暗鬼になり、最悪の場合は家族や友達でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないか疑うことになるかもしれません。

このように、ターゲットを不安にさせ、精神的に弱らせていくのが集団ストーカーの卑劣で狡猾なところです。

家族や友人を疑うようになったら「孤立」が待っているだけです。そのような状況に陥らないようにするためにも、あなたを孤立させようとする集団ストーカーから身を守る方法を私ども「対策専門窓口」と一緒に考えて対応しましょう。

記録に残す習慣から

私どもは「無料相談」を受けつけていますが、ご相談やご依頼の前に、まずは自分なりにわかる範囲で状況を整理してノートにまとめてみましょう。例えば、どのようなときにどのような嫌がらせをされたのか、盗聴や盗撮をされた可能性の有無などです。調査を依頼される際はその記録がベースになるので、私どもも嫌がらせの全体像の把握や調査着手しやすくなります。

集団ストーカー被害者の探偵選び

探偵選びで確認すべき5つのポイント

証拠収集を依頼する場合、探偵事務所ならどこでも良いわけではありません。集団ストーカー被害者の方の探偵選びは重要で、必ず集団ストーカーに理解のある探偵事務所を探して相談する必要があります。基本的な部分として、「これをクリアしていればOK」と判断できるポイントを5つご紹介致します。

経験豊富な担当者が理想

どのようにして調査を進めていくのかが曖昧だったり、調査プランに自信がないと感じたら、問題に対する経験値は少ないと判断して良いかと思います。一か八かで調査を依頼することは絶対あってはならないことです。仮に上手く証拠がとれたとしても、調査後にどうして良いか分からない方がほとんどです。経験不足の無知な探偵事務所に依頼すると、依頼人に不適切なアドバイスを行ない、かえって問題をこじらせてしまう場合があります。最後まで問題解決への的確なサポートができる探偵事務所に依頼しましょう。

過去の解決実績を確認する

「探偵は、全員調査の知識があるのだから、集団ストーカー調査に強い探偵じゃなくても良いのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際は探偵事務所にも得意不得意があり、自分の得意な調査以外の実績については、あまり解決事例がない探偵事務所が多いのです。例えば、浮気調査をメインに扱っている探偵事務所に集団ストーカー調査のことを相談しても有益な回答は得られない可能性があります。

調査費用がどれくらいかかるのか、事前に答えることができる

探偵に正式に依頼する前に相談の段階で「実際に調査費用はいくらぐらいかかるのか」を聞いてみることをおすすめします。「実際に調査してみないと分からない」などと答える探偵事務所は、集団ストーカー調査のプロではない可能性が高いので、避けた方がよいでしょう。調査経費が調査料金を上回るなんていう悪質なケースもありますので、「経費込み」の料金体系の事務所が安全です。

「大手の事務所だから安心」は間違い!

例えば「相談実績〇〇件以上」という探偵事務所の広告があったとします。この広告を見たときに探偵業界を知らない一般の方なら「〇〇件も相談実績があるならきっと立派な探偵事務所だから安心して相談できる」と思うでしょう。人は情報に乏しい時は、それが人気があるかどうかで相談先を選択する、という心理を利用したものです。それにネット広告には広告宣伝費がかかり当然、調査費用に反映され高額になります。

デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当者が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

集団ストーカーに関連するQ&A

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にも集団ストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

Q

集団ストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop