集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > これってノイズハラスメント?偶然ではない騒音「正しい向き合い方」
公開日: 2021/10/27 最終更新日: 2021/12/02
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2021/10/27 最終更新日: 2021/12/02

これってノイズハラスメント?偶然ではない騒音「正しい向き合い方」

他人にとって不快な音をたてることをノイズハラスメントといいます。今回、例を挙げるのは一見ノイズハラスメントに考えられないような集団ストーカーに遭遇している方が体験するいくつかの騒音についてご紹介します。

目次│正しいノイズハラスメントの向き合い方

集団ストーカー「ノイズハラスメント」

考え方で対策も変わる騒音問題

集団ストーカー被害者のご相談の中に、「故意に行なわれている騒音」についてたくさんのお問い合わせがありました。

騒音の伝わり方は、迷惑を受けたと感じる人にもよりますが、その種類によっても違います。自然発生の場合、一時的なものが多いですが、わざとやっている場合、音がひっきりなしに繰り返します。

今回は、集団ストーカーによるノイズハラスメント被害についてお伝えしていこうと思います。

ノイズハラスメントの種類

どこからくる音?

音の嫌がらせによく使われる「アンカリング」といって、心理学NLPを利用した人間の心理の条件付けを悪用します。

今までにはなかった騒音が、急にうるさくなると嫌がらせ被害者であれば組織が関与しているのか疑いたくもなります。

今回は、向き合う必要のないノイズハラスメントの種類をご確認ください。

なぜ、向き合う必要がないのかも解説いたします。

救急車やパトカーのサイレンの音

救急車やパトカーのサイレンの音で悩んでいる集団ストーカー被害者は多います。

しかし、嫌がらせ目的で救急車やパトカーを自宅付近に通行させるために「偽の通報」も犯罪となり、何度も使える手口ではありません。

そもそも、「いたずら」なのか「本当」なのか証明することはは難しく、騒音として気になってしまう「音に敏感」になっている原因を探る必要があります。

証明ができない「騒音」を調査することをすすめる探偵社には気を付けてください。

ヘリコプターの通行が頻発

なぜか自宅上空を何回もヘリコプターが通行しており、不思議だなと思う被害者もいます。2020~2021年にかけて社会情勢により飛行機やヘリコプターが通行することが多い理由もあります。

ヘリコプターが通行するというのは騒音や振動が発生するためノイズハラスメントとみられています。

この問題も「嫌がらせ目的」で飛んでいるのかを証明することが難しく、音に敏感にさせられている「ほかの原因」を追究することで気にならなくなります。

解決が難しいことにフォーカスするより、解決ができることに集中した方が効率的に問題解決に向かうからです。

仮に嫌がらせだとしても、気にしなければ嫌がらせになりません。ヘリコプターを飛ばした何十万~の費用も全て加害者側の損失だと思えばよいのです。

外出先で起こる騒音

自宅から尾行して行なう「ノイズキャンペーン」とは別物として、旅行やレジャー施設に来たのに「騒音が気になって楽しめない」ではストレス解消どころか、ストレス溜まる一方では意味がありません。

集団ストーカー側の「どこにいても安らぐ場所はない」と、必死に洗脳しようとしていることにフォーカスしてしまうと相手の思うつぼです。

日常で起こる騒音問題に向き合うサポートは行なっていますが、せっかくの旅行まで調査を行なうことはお勧めしておりません。

できるだけ楽しむことに集中して頂くことは、普段の嫌がらせへの耐性をつける意味でも効果的な対策となります。

ちなみに、わざわざ旅行中に調査しなくても効率のよい調査をご提案できます。「嫌がらせにフォーカスしない日」を定期的につくることも対策の1つです。

ノイズハラスメント対策

狭い道路なのに大型車両が何度も通行

集団ストーカーに遭遇している被害者で現在テレワークなど自宅で仕事をしている人や、あまり出かけない人によく行われるノイズハラスメントの例がこちらです。

被害者の自宅前の道路が広くなくても、やたらと大型トラックが走行する頻度が高い、普通車両でも被害者になる前はそれほど車の行き来がない道なのに、被害を実感するようになってから、朝から晩まで継続的に車両(車・バイク・自転車)が走行するようになったというケースがあります。

加害側は家にいる時間が長い被害者にたいしてできることは少ないのですが、車両走行で必要以上にマフラーをふかすなど騒音は「安らぐ場所はない」「常に監視している」とアピールすることが目的とされています。

ノイズハラスメントの対策

ノイズハラスメントは車両(車・バイク・自転車)を使った騒音がメインなので、防音設備で対策できます。

中には犯人を捕まえようと追い回したら、逆に通報されて警察に捕まってしまうこともありますので「ナンバーを控える」程度で様子をみましょう。

道路上の騒音

無視できる範囲を超えている場合

ノイズハラスメント対策

ノイズハラスメントによる騒音をやめさせるには徹底した「証拠収集」が必要です。

損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「嘘つき(※1)」とみなされて孤立が進むだけです。

問題を解決したい方は私どもにお任せください。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定やノイズハラスメントの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

解決には協力者が不可欠

ノイズハラスメントの被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の幻聴」や「ただの偶然」と決めつけることがあります。

しかし、ノイズハラスメントは被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。

ノイズハラスメントは複数のメンバーで行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。

早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

※1「嘘つき」:繰り返し嘘をついていると、やがて周囲の人から信用されなくなってしまう

ノイズハラスメントQ&A

Q

家の前の道路や近くの公園で子どもが悲鳴声をわざとあげています

A

ノイズハラスメントを意識した嫌がらせの可能性があります。見慣れない子どもを連れた母親が、自宅付近で急に井戸端会議を始めることも稀にあるかもしれませんが、何度も続くようであれば、別の地域に住む工作員を使った嫌がらせかもしれません。

Q

歩道を歩いていると、今の時代でもチーマーのような何組かのバイクの走行がこれ見よがしにあります。

A

暴走族やチーマーは一昔前の話ですが、住んでいる地域によっては今でも現役の暴走族やチーマーは存在します。他にも暴力団に所属せずに犯罪を行う集団「半グレ」などがあります。バイクに関しては、ナンバーなどでいる限り目視にて記憶し、警察に通報するようにしてください。

Q

集団ストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop