集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカーが起きにくい地域の条件
公開日: 2021/10/25 最終更新日: 2021/10/06
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/10/25 最終更新日: 2021/10/06

集団ストーカーが起きにくい地域の条件

集団ストーカーが起きにくい地域というのは、正確にいうと正解ではありません。どんな地域であっても、集団ストーカーをしようと加害側は追ってきます。しかしそのような状況でも加害しづらい地域の条件があります。それをご紹介します。

集団ストーカーが起きにくい地域の条件

人が密集していない地域

公約された加害地域を知ろう

集団ストーカーの加害をしにくい地域は、集合住宅のように上下左右前後に配列された他住民の住宅が配置されていないことです。

他にも、電波の入らない田舎暮らしも集団ストーカーの加害はしにくいでしょう。

集団が隠れる場所もない見渡しの良い土地も、不審者はバレるリスクが高いので近寄れないでしょう。

隣家と離れた余裕ある敷地

過疎地域は理想的なワケ

加害しづらい地域とは?

もし引越しが可能であれば、加害除けには過疎地域を選ぶことをお勧めします。

これからの時代は宅配もあるので、住民同士の関係が密ではないことと、家と家の間が非常に離れているような場所は加害がしづらいでしょう。

気を付けないといけないのは、加害がまったくできないわけではなく、テクノロジー犯罪に発展する可能性もゼロではありません。加害側に選択権がなくなってくるというわけです。

そこで、テクノロジー犯罪に手を出す可能性がでてくるわけです。ただし、近くで行なうことが難しく距離も離れているため加害がしづらい環境であることは間違いありません。

田園風景に引越そう

日本の法律と集団ストーカー

小さな改良が始まる

組織的犯罪処罰法は集団ストーカーに適用されても良いところですが、現状では実際に犯罪に影響を与えることはほとんど皆無です。

ただし、改正ストーカー規制法が令和3年6月15日から実際にいる場所での見張りが規制対象になりました。

さらに令和3年8月26日より改定された「GPS機器等を用いた位置情報の無承諾取得等」では、人が所有する車両等などに承諾なくGPSを取り付けて、位置情報を取得すると警告や禁止命令等の対象になります。さらに繰り返すとストーカー行為罪の対象となります。

集団ストーカーですから、すべての要員とまでいかなくてもトカゲの足きり的に末端要員を罰する状況ではありますでしょう。とはいえ、証拠写真を電磁波測定とともに証拠を撮ることは重要なことです。

法律

集団ストーカー被害対策について

前には進んでいるが不十分

「ストーカー規制法で」で禁じられている「つきまとい行為」は、好意を持っている相手に対し、「恋愛感情や他の好意の感情」が満たされなかったときの逆恨み、怨恨の情などを理由に、しつこくつきまとう、待ち伏せをする、面会や交際を要求する、無銀電話を掛ける、わいせつな画像や映像を送りつけるなどの嫌がらせを指しています。

ストーカー規制法および迷惑防止条例の改正案に伴い、集団によるストーカー行為は恋愛感情の有無を問わず処罰の対象になりました。

条例を改正した東京都(2018年7月1日施行)でも執拗な追尾(つきまとい)や待ち伏せなどの嫌がらせが発覚したら警察に逮捕されるようになり表立った嫌がらせは減りました(その他道府県も迷惑防止条例を改正しているので、お住まいの条例を一度確認してみてください)。

しかし、集団ストーカーという犯罪そのものがなくなったわけではありません。法律で規制されるようになって以降、むしろ嫌がらせの手口は巧妙かつ狡猾になった感すらあります。

コンシェルジュが必要な方へ

コンシェルジュの意義

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。

コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。

ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。

理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。

コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。


嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop