集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー相談サポート

Group-Stalker support

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー相談サポート > ストーカー規制法改正後の集団ストーカーとGPS事情
公開日: 2021/12/12 最終更新日: 2021/12/10
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー相談サポート
 公開日: 2021/12/12 最終更新日: 2021/12/10

ストーカー規制法改正後の集団ストーカーとGPS事情

2021年8月26日、ストーカー規制法が改正され、GPSを使った位置情報の把握およびつきまとい行為が規制対象になりました。2020年のストーカー行為による相談件数では、受理された件数が約700件にのぼり、検挙されたストーカー事件は67件でした。その中にある約3割の相談内容は恋愛対象外のストーカー行為だと判明しています。

そのなかに、集団ストーカーの相談も含まれていると思いますが、今回のストーカー規制法改正によって、集団ストーカーの被害に変化があるのか。集団ストーカーの今後の状況などを見ていきたいと思います。

相談者
集団ストーカー調査
2021年12月12日 新規
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

目次|集団ストーカーとストーカー規制法

恋愛対象外だから変化はなし?

法規制をすり抜ける集団ストーカー

本来、ストーカー規制法は集団ストーカーによって起きた「桶川ストーカー事件」がきっかけで制定されました。ただし、この事件は加害者が被害者の元交際相手ということから、恋愛感情から始まったストーカー行為のみが対象でした。

集団ストーカーの被害者たちのSNSなどを見ると「ストーカー規制法改正後の規制では、集団ストーカーたちのストーカー行為は対象外となり、被害が変わらない」という意見が見られます。

被害者のなかにはGPSで24時間365日居場所を把握さていたり、無線、スマートフォンの通話アプリで情報を拡散されているなど、難しいつきまとい行為が以前より目立つようになった。という報告か多く目立ちました。

法改正でも集団ストーカーに対して効果がない!?

仄めかしによるメッセージには、「ストーカー規制法が改正されても、自分たちはノーダメージだし、警察に捕まらない」という意図が込められている場合があります。

最近では、被害者自ら選挙に出馬して、演説のなかに集団ストーカーテクノロジー犯罪の撲滅を掲げる方もいます。Twitterのスペースの参加者に対して集団ストーカー、ギャングストーキングの周知活動が行なわれています。

集団ストーカーをネットで知ったというユーザーも多く、被害者にとって心強い環境が整ってきているのかもしれません。また、ストーカー規制法の恋愛対象を外すべきという政治家の一部で声が出ているので、今後の政治の動きに注目したいところです。

集団ストーカーと法律

集団ストーカーがGPSを使って追尾する意味

集団ストーカーは認知されつつある

SNSで以前より集団ストーカー、テクノロジー犯罪のワードが拡散され、認知している人が増加しています。それでも、GPSを使って追尾する意味はあるのでしょうか?

生活に困窮して加担するケース

普通の住民がいきなり、特定の人につきまとい、尾行や嫌がらせをするなど、何かしらの大義名分がなければできません。また、生活になんらかのメリットがないと誰も参加しません。それか、法律が改正されたこと、加害者側に都合が悪い情報を内部に知らせない。つまり、情報統制させられてる可能性も考えられます。

宗教が絡んで加担するケース

加害者に宗教的な思想が入れば「自分たちは正義でやっている」「こうしたほうがいいと言われたからやる」「こうすることで幸せになる」という認識になります。しかし、2019年の参議院選で、ある政党の演説に集団ストーカーについて言及したことや、その犯罪を認識してる政党が出はじめたことで徐々に後退してるのかもしれません。

法律を無視してまでも被害者を追っている意味

リスクを冒してでも自分の生活を守る人が増えている

コロナ禍で行動制限がされているにもかかわらず、つきまといをしていることに何の意味がるのでしょうか?感染するリスクを負ってまでやらなければいけない意味とは何でしょうか?通常では考えられない思想と思考に加担者たちは侵されている可能性が高いです。

宗教系の集団ストーカー加害者を除けば、コロナ渦によるリストラ、倒産で増加した失業者を加害側に引き込むことで、金銭と引き換えに集団ストーカーに加担させる動きも見られます。

生活困窮者は自分の生活を守るために必死であるため、加担せざるを得ないでしょう。たとえそれが、赤の他人を傷つけるようなことであってもです。

GPSを使わないと実際に被害者の居場所がはっきりしない

GPSですべてを把握することはできない

被害者が感じることは、100%被害者の現在進行形でどこにいるかは、GPSだけでは把握できないことです。GPSはときに、実際の場所から離れた場所を示すこともあります。そのリスクを回避するために、タイムラグの範囲に人を配置しています。

また、待ち伏せはできるけど、実際に旅行先のホテルに泊まれるかどうかは加害者側も運しだいなところもあります。それに、コロナ禍になり、オンラインで話す機能が増えていろいろ情報をつかんでも、具体化するまでにかなりの時間を割いてしまいます。

GPSでは、被害者の思考まで掴むことは不可能です。被害者ができることは、加害者の持っている情報を常に過去の情報にすることです。その間に自分の生活や趣味、やりたいことに行動をうつすことで、集団ストーカーから抜け出せるかもしれません。

GPSは万能ではない

集団ストーカー関連記事

まず、集団ストーカーについて相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカー被害の状況、集団ストーカー対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop