集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > 集団ストーカーに対して法的措置を講じることを検討している方へ
公開日: 2021/12/03 最終更新日: 2022/01/25
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2021/12/03 最終更新日: 2022/01/25

集団ストーカーに対して法的措置を講じることを検討している方へ

昨今、集団ストーカーは、隠しきれないほどSNSなどで有名になってきています。しかし、いまだ犯罪存在を無視されている摩訶不思議な組織犯罪です。そしてなかなか解決に至らないのは間違いないでしょう。そのような中、限られた狭い道ですが、解決方法はあることをお伝えします。

目次│集団ストーカー証拠収集サポートのご案内

相談者
集団ストーカー調査
2021年11月20日 新規
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「委託員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

探偵社が導き出した真実

真正面から真実を認識する前に

これを読んでいる方は、集団ストーカーで悩んでいる方とお察しします。これから話すことは、もしかすると「思っていたことと違う」回答を得るかもしれません。しかし、真実を知ることはご自身の被害を解決することだと思って、よく読み込んで下さい。

現在、周囲に味方は少ない状態かもしれません。しかし、ここの頁にたどり着いたのも幸運だと思って真実を真正面から受け止めて冷静になっていただければ幸いです。

そして、この頁をお読みいただき、実際に行動をしていただくことによって解放への道筋、いわば法的手段で解決へ至る平安の訪れが待っているのです。

集団ストーカーにたいして法的措置を講じたい

冷静になってみよう

あなたが集団ストーカーに遭遇していることは「自明の理」と冷静に判断されている方にお伝えしたいことは、人間の勘とはかなりの確率で合っていることが多いです。

但し、問題は集団ストーカーに遭遇していることがわかっているが、どうやって解決したらいいのかが見えず誤った道へ行く人が大半ということです。

そして、自分で解決してみようと証拠をとる努力はされるものの、第三者の証拠ではないため「本人が撮った証拠は捏造したものではないか?」という問いに正当性を与えられず、自己満足の世界で終わってしまうという罠に陥る人もいるということです。

これでは集団ストーカーを解決することはできません。どうやって解決するかまずは以下を熟読いただき、ご自身なりに判断していただければ見える道が出てくるはずです。

迷路の打開策~前提~ 集団ストーカーの罠

直球は罠にはまる

犯行側も対策を取るため大きな声では言えませんが、この頁にたどり着いた方のみが知りえる情報になります。一般的に集団ストーカーの被害に遭遇している方は声高に集団ストーカーをSNSで人に伝えようとします。しかし、解決する場合は意外にこれが逆効果を起こすことすらあります。

もちろん集団ストーカーをSNSで声高に拡散していくことは今後の社会のためにも重要です。但し、あなた個人で集団ストーカーを解決し終わらせたいというのであれば、次の話に耳を貸していただきたいのです。

まず社会的にSNSで集団ストーカーについて情報を拡散することと、自分の周囲から集団ストーカーを完全になくしていくことは別の次元の話と認識してください。

現在の日本の法律では集団ストーカーそのものを規制する刑法がないこと、集団ストーカーは現在も「存在しない」ことになっていることはご存知かと思います。

つまり、集団ストーカーとして加害に参加している者たちを全員逮捕することは個人的には困難な話になってくるということです。

集団ストーカー終わらせよう

迷路の打開策~中盤~ 集団ストーカーの罠

気を付けるべき罠とは?

なぜ被害者が集団ストーカーそのものを対象とすると大概迷宮入りになってしまうのかは、そもそも日本を含めて世界中でも存在する犯罪なのに国家的に認められていないためです。

それを基に法律も作られているため、嫌がらせやつきまといの対象者の証拠をつきとめることで、やっと被害者は加害側を法律の土俵にあげることが可能になります。

法律で裁けない嫌がらせに執着していると、いつまでたっても問題は解決できないというのが残念ながら現状の集団ストーカーの問題となっています。

ですので、大義の意味としての集団ストーカーそのものを法律で罰したいという気持ちは分かりますが、現状では法律の整備がなされていないために裁けないのです。

しかし、嫌がらせやつきまといについて主犯格の人物を的確に見つけ証拠をそろえれば、犯罪の日の目を見ることを嫌がるのがこの犯罪の慣わしですから、適切に証拠をとれる探偵社であれば集団ストーカーは終焉できることになります。

必ず終わらせます

迷路の打開策~終盤~ 集団ストーカーの罠

探偵社選びについて

しかし、そうはいっても探偵事務所選びにも再び落とし穴があります。あれもこれも調査しましょうでは、「振り回されて終わり」という結末が見えてしまいます。

犯行側も頭を使いますので、調査期間は犯行しないことが多く「精神的な負担」「金銭的な負担」がのしかかり、心が折れてしまう人もでてしまうほどです。

そのようなことにならないために、解決させるために必要な重要ポイントをお伝えします。

  • 短期的な調査プランはリスクがあるので「長期サポート」について確認する。※調査期間を区切らない
  • 被害状況を正確にまとめて「証明しやすい被害」のみに特化して調査する。※集団にフォーカスしない
  • 直接交渉する際は「立会人」として同席できるか。※単独で交渉に臨むのは危険
流れ
無料相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop