集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > 自己対策で結果が出ない方は二人三脚で解決!集団ストーカーサポート   
公開日: 2021/12/15 最終更新日: 2021/12/04
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2021/12/15 最終更新日: 2021/12/04

自己対策で結果が出ない方は二人三脚で解決!集団ストーカーサポート   

集団ストーカーの被害に遭遇している人は集団ストーカーの罠にかかりやすく、何が真実なのか分からなくなることが多くなってきます。自己対策で結果が出せない方に向けた解決策についてご紹介します。

目次│二人三脚で解決!集団ストーカーサポート

相談者
ストーカー調査
2021年12月15日 新規
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「委託員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

集団ストーカーサポートの体験レポート

当社で解決した方の体験談

男性
ご依頼者様: 40代/男性 
ご依頼内容: 集団ストーカーの証拠収集
ご依頼理由: 集団ストーカーの被害者です。この犯罪に巻き込まれたと気付いたのは半年以上経ちます。最初は、自宅内の盗聴盗撮発見から電磁波測定まで思いつく範囲の証拠収集は自分で行なっていましたが、うまくいかなかったので精神的に限界に近づいていました。先日、スマホで仄めかしをした人を撮影した時にトラブルとなり、相手は「盗撮だ!」といってその場で警察を呼びました。こちらも理由を説明しましたが話にならず「削除する」ということでその場は終わりましたが、危うく「盗撮犯」に仕立て上げられそうになりました。このままではまずいと思い、今回ご相談させていただきました。ただし、こちらは探偵に依頼できる予算も少なく、自分でできる範囲は自分でやって、プロに任せたいところだけ依頼したいと考えております。共同作業でのメリット、デメリットをお聞かせください。
調査レポート: 今回ご依頼いただいた内容は、「共同作業でのコスト削減」および集団ストーカーの証拠収集となります。このご提案は、ご依頼者の行なう内容にもよりますが「可能」です。ただし、共同で行なうことは賛成なのですが、やろうとしていることで調査の妨害(デメリット)になってしまうケースもあります。このような事例でよくあるパターンは、「加害側にバレてしまう」ことが問題となります。なので、いつも通りの生活を送っている状況で調査を行なうのが理想の形です。そもそも、丸投げの状態では解決そのものが難しく、少なからずご依頼者の協力は必要となります。集団ストーカーの解決に必要なのは「二人三脚」であり、連携がとれている共同作業ほどよい調査となりコスト削減となります。

集団ストーカーの加害行為を止めたい人へ

集団ストーカーの現状を見据えた対策を取ろう

集団ストーカーは、あなたの周囲で常にあなたが嫌がることや嫌がるきっかけづくりをしていることは、被害者であるご自身が一番よく分かる現象でしょう。

それと同時に社会的に集団ストーカーが人々の認識されてくるようになってきました。例えば、ハバナ症候群によって原因不明な身体不調の解明を訴えている元外交官の原因を突き止めることにアメリカのブリンケン国務長官が人を任命しており、EU諸国もこれに倣う動きを見せているからです。

これは喜ばしい反面、完全な解決へはいまだ至っていないためまだ被害者の方は気持ちを引き締めていましょう。現在は法的整備がなされていないため、今後は日本も変わってくる兆しがありますが、始まったばかりですので油断大敵です。

集団ストーカーは現実に存在しているのですが、組織が大きい場合、個人で相手にするということは現時点では厳しいです。探偵にできることは主犯を見つけ出し、証拠とともに事実を突きつけやめさせることです。

それにより、相手との話し合いに探偵が介在することでご依頼したあなたの被害は終焉する仕組みになっています。なぜかというと集団ストーカーは表にその姿が暴露されることを最も嫌がるため、一度ばれたら滅多に再発しないからです。

一人では解決が難しい

思考の罠に陥らないために

声高は必要でも解決とは別のことと考える

志の高い被害者ほど色々調べたり電磁波測定器を購入して声高に集団ストーカー周知をSNSで人に伝えようとします。日々こういう被害に遭っている、電磁波測定器でこのようになっているという証拠をSNSで流します。

これらの活動は社会的に集団ストーカーを知らない人々の興味を引いて、啓蒙させることに非常に有効で今後もされるべきです。しかし、自分の集団ストーカーの問題を解決するには、これだけでは不十分むしろ逆効果になることもあります。

なぜなら証拠とは本人が撮った証拠の場合、捏造の可能性もあるとされるからです。本人が撮った証拠では犯行側はいくらでも言い逃れでき、主犯格を見つけたとしても常に監視されている場合、相手を捕まえることは困難でしょう。

そのような理由から、第三者による証拠収集という視点が非常に重要になってきます。現在の日本の法律では集団ストーカーそのものを規制する刑法がない、すなわち集団ストーカーは現在も「存在しない」ことになっているからです。

それは加害に参加している者たちを全員逮捕することは困難ということを暗に示唆しています。

解決には第三者を立てる

集団ストーカーと向き合う考え方

考えることで突破口が見える

ご自分の中で、集団ストーカーにたいしての考え方を少し変えるように意識して考えるようにしてください。自分の集団ストーカーを終わらせるために「これだったら証明できる」被害だけに特化して、あれもこれも考えて難しくしないようにしましょう。

ご自身が被害者から解放され充実した日常を送れるようになって、余裕ができてから今までできなかったことや成し遂げられなかったことなどをすすめても遅くはありません。

よく集団ストーカーは、「トカゲのしっぽ切り」で解決には至らないという意見を聞きますがそんなことはありません。あなたにたいする集団ストーカーを終わらせるには充分な証拠になります。

但し、やり方を間違えると「言いがかり」として片づけられ、ご自身の立場を悪くする方向に進んでしまうので、日常生活では意識しすぎないようにしてください。余裕があるときや、タイミングがあえば証拠収集をするレベルでいいのです。

まずはご自身の生活を第一に考えて、チャンスが来たら行動する勇気が少しだけ必要なだけです。

探偵と二人三脚で集団ストーカーを解決

探偵選びは無料相談をフル活用する

探偵事務所に求められているのは、「解決力」です。
この解決力については、無料相談の段階である程度は判断できます。まずは、無料相談をフル活用して「情報をアップデート」し、情報弱者にならないようにしましょう。

探偵の選び方は、情報収集以外は直感でしかありません。最後までお付き合いできる探偵を探してください。

1日で解決できる問題ではないことから、中長期になっても最後まで被害者に寄り添う責任感が解決に導くので、会社の姿勢も含め見極める必要があります。

流れ
無料相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop