集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 笑い声を用いた嫌がらせ手法│過敏に反応するように仕向ける罠
公開日: 2022/01/11 最終更新日: 2022/03/11
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/01/11 最終更新日: 2022/03/11

笑い声を用いた嫌がらせ手法│過敏に反応するように仕向ける罠

「笑い声が実は嫌がらせ工作だった」と言われたらどう思いますか?日常でよくある笑い声が聞こえる光景が、実は嫌がらせに用いることがあります。

どこでも成り立つ嫌がらせではないので対策は可能ですが、無視できる範囲は相手にしないメンタルも必要になります。

目次│笑い声を用いた嫌がらせ手法のご案内

相談者
嫌がらせ・ストーカー調査
2022年1月11日 新規
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「スタッフによる寄稿記事のご紹介」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、ストーカー・嫌がらせでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

悪質な笑い声による嫌がらせ

女性
ご依頼者様: 50代/女性 会社員
ご依頼内容: 嫌がらせ調査
ご依頼理由: 意図的な「笑い声」の嫌がらせに遭っています。自宅を出るタイミングでの近隣住民や通りすぎる自転車の仄めかしなど挙げたらきりがないのですが、決定的な証拠までは取得できていません。家族に相談しても「自意識過剰」といわれ、意識しないように生活をしていたのですが、そのこと自体がストレスとなり疲れてきました。そろそろ行動に移さないとと思いご連絡しました。
調査レポート: この手の嫌がらせは、じわじわと精神的にくるので実は厄介だということを知らない方も多くいます。なぜなら、「たまたま」で終わらせることができる嫌がらせなので「意図的」である証明が難しいからです。そして、そのことに執着して振り回されてしまい日常生活にも影響がでてきます。このような嫌がらせにたいして当事務所が行なう調査は、「どのようにタイミングをあわせているか」に焦点を絞り、すれ違う人や近隣住民の調査は「顔」や「パターン」だけ把握します。あとは定期的に「偶然」なのか「意図的なのか」の裏付けをしていけば振り回されることなく証拠収集が可能です。

笑い声を用いた嫌がらせとは?

嫌がらせ工作 笑い声

集団ストーカーの嫌がらせの手法

初めて聞く人には信じられない話に聞こえますが、笑いを使った嫌がらせの手法が組織で利用されていて、笑いが嫌がらせの道具として完全にマニュアル化されています。

笑いを援用した嫌がらせは多くの集団ストーカー被害で共通して認識している嫌がらせの手法です。集団ストーカーという言葉は被害者でないと理解しにくいですが、最近ではSNSの利用増加によりまったく知らない人でも集団ストーカーについてそれなりに知っている人もいます。

主に、ターゲットを不愉快・不快な気持ちにさせるための要員であり、「意識させるまで」継続して行なわれます。意識するようになると、日常でよく見る「笑っている人」を見かけるだけでストレスになり、精神的な攻撃としては効果的なのです。

笑いの嫌がらせにはプロファイリングが必要

相手が嫌がることを笑う

笑いとしての嫌がらせの手法は、ターゲットがどういう人物かを念入りに調査します。つまり長期的に集団ストーカーやテクノロジー犯罪をすることを前提として相手の好き・嫌いの指向や趣味やコンプレックスなどを把握する必要があります。

ターゲットを陥れることが狙いですが、加害がばれるのを何よりも恐れているために自分たちが行っていると、はたから見て分からないように嫌がることをして精神的に追い詰めることが目的です。

加害者の目的を理解することで一見下らないように見える笑いの嫌がらせも偶然にみせかける計画的な方法だということが被害者には浸透しつつあります。

組織的犯罪の嫌がらせの共通事項に、ターゲット本人以外には嫌がらせをしていることが分かりにくいという特徴があります。そのため被害者以外にはわからない本人だけが反応するようにタイミングよく笑うことをしてきます。

嫌がらせ工作 笑い声

嫌がらせとしての“笑い”具体例

自分の被害に当てはまったら要注意

人を笑うことでターゲットを不快な気持ちにさせる工作とはどのようなものでしょうか。集団ストーカーの嫌がらせで使用されるいくつかのマニュアル化されたパターンがありますので、被害相談を受けた方で笑いの工作(嫌がらせ)に該当するかこちらで答え合わせをしてみてください。

被害者それぞれの環境や特性によって違うこともあるかもしれませんが、大体このようなものになります。笑い声だけでなく物音にも敏感になることがあります。

  • 職場や学校で、頻発して嫌がらせをしてくる人が遠くあるいは近くで自分が近づくと笑う(何かの会話中に笑う演出もあり)
  • 自宅でリラックスしている時にはなにもなく、読書や勉強に集中しようとすると物音が聞こえて集中できない。
  • 静かな場所にひとりでいるとき、突拍子もない笑い声が聞こえるがどうやらわざと笑っているようで聞いている方が不快な気持ちになる
  • 近所の家に近づくと、こちらが家に近づくタイミングでその家の住人の奇抜な笑い声が聞こえてくる
  • 通りすがりに複数人もしくはひとりが異様に甲高い笑い声をあげる

嫌がらせ工作は笑い声だけではないかも…

自分の周囲に異変を感じたら

笑い声を嫌がらせとして行なうのは、逆恨みなどの単独の嫌がらせではなく、複数人が絡んだ嫌がらせであることが想定できます。ただし、笑い声で不快に思うのは、加害側の思うつぼです。

他にも、嫌がらせとして自宅近隣の公道や公共施設に以前に比べて人や車両の出入りがやけに多くなった、音が最近気になることが多い、人間関係やビジネスもしくは金銭のトラブルが頻発し悩んでいるなど一見無関係に思えることも、実は組織的な嫌がらせと絡んでいることがあります。

組織犯罪としての嫌がらせ工作は巧妙ですので、ひとりで解決しようとせず、無料相談をご利用ください。

流れ
無料相談

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop