集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカーが行なう咳払いなどで意識させる行為
公開日: 2021/03/19
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/03/19

集団ストーカーが行なう咳払いなどで意識させる行為

解決できない悩みをどうすべきか、一番わかりやすいのは同じ悩みを抱えている人の解決事例を確認することです。ファミリー調査事務所にて紹介している集団ストーカー調査レポートのご案内を『ご相談から解決』まで、わかりやすくまとめました。

ずっと抱えていた
悩み無事解決!

当窓口担当スタッフの
集団ストーカー調査レポート!

ご依頼者様
40代 (男性)

目次│集団ストーカー対策相談窓口

集団ストーカー調査レポート

被害者に寄り添う姿勢

集団ストーカー被害者の皆さんに寄り添うことがどこまでできるのか? いつも自問自答します。実際には、同じ集団ストーカー被害に遭っていないと本当の被害者の痛みは理解できないのでしょう。十分な力ではないにしても、被害者の方と一緒に考え、解決出来れば。私たちはそのような気持ちでご相談をお聞きしております。

男性
ご依頼者様: 40代 男性 会社員
ご依頼内容: 集団ストーカー調査
ご依頼理由: 1年ほど前より咳ばらいが気になるようになりました。気になる理由としては、何処へ行っても咳払いを意図的にする人に出くわすからです。もちろん咳は、自然現象なので構わないのですが、背後から「意図的に」というのはあまりに不自然で、違和感を感じるようになりました。帰宅時にも、すれ違いざまに「こっちを向きながら」されたことがありますし、背後からされたことがあります。今まではそんな行為はありませんでした。年齢や性別問わず、時間帯も一定していません。電車に乗っていても、ホームや車内でほぼ必ず咳払いをされます。また、在宅時、たまに咳をする音が聞こえますが、近くに来てやっているかは不明ですが、そこそこ大きな音なので聞こえます。考えすぎであれば良いのですが、頻度が異常なため、気になって仕事にも集中できない状況が続き、精神的に持ちそうにないので早めにはっきりさせたいと思い調査を依頼しました。
調査レポート: 日常に溶け込む嫌がらせに関しては「集団ストーカー」もしくは、ネットを見て真似事をしている個人的な恨みからくるものか見極める必要があります。咳ばらいを意図的にうけている被害者は警戒心が強くなり「全ての咳ばらいが故意に感じる」ことが増えてきます。偶然に起きたことでも「嫌がらせかも」と思う心理状態に陥るまで行います。それこそが、嫌がらせの狙いなので、冷静に状況判断できる第三者の力が必要となります。今回の調査ポイントは、「故意に行われている嫌がらせ」だけを見抜くことが必要になります。加害者の目線や動向などしっかり確認し、故意に行われている「咳払い=つきまとい」の証拠を掴むことで解決できる案件となります。偶然で片づける前に一度ご相談ください。

集団ストーカーとは?

集団ストーカーの特徴

集団ストーカーとは、ターゲットにした相手に集団で(もしくは組織的に)監視、つきまといなどの嫌がらせをすることを言います。集団ストーカーはターゲットが監視や盗撮などをしていることに気がつくまで、特に目立った行動は起こしません。

そのため、監視されていることに気付かない人もいます。都道府県ごとに迷惑行為防止条例が制定(改正)されたり、警察も「集団ストーカー」の犯罪を認識するようになったりしたことから、集団ストーカーも表立った嫌がらせを控えるようになりました。

しかし、複数人による集団が個人を監視する、つきまとうなどの嫌がらせは被害に遭った人にすれば、知らないうちに「盗撮されてるかもしれない」「監視されているかもしれない」と不安を覚え、恐怖を感じることに違いはありません。

心理学を応用した嫌がらせ集団

集団ストーカーはターゲットを精神的に追いつめるのが狙いです。ときには「会社で不倫をしている」「カッとなるとすぐに手が出て、暴行容疑で逮捕されたこともある」など、根も葉もない嘘や悪口を近隣に広め、周囲に「関わらないほうがいい人」「不審人物」と思わせるような嫌がらせをすることもあります。

そのような状況下で感情的になったり、激昂した姿を近隣住人に見られたりすると、集団ストーカーの思惑どおりになり立場も不利になります。このような「心理状態を利用した嫌がらせ」が集団ストーカーの手口になります。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

集団ストーカー対策が必要な方へ

集団ストーカー対策

集団ストーカーによる嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには徹底した「証拠収集」が必要です。損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「オオカミ少年(※1)」とみなされて孤立が進むだけです。

問題を解決したい方は私どもにお任せください。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

解決には協力者が不可欠

集団ストーカーの被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の妄想」や「思い込み」「ただの偶然」と決めつけることがあります。しかし、集団ストーカーは被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。

集団ストーカーは複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

※1「オオカミ少年」:繰り返し嘘をついていると、やがて周囲の人から信用されなくなってしまう童話

集団ストーカー調査料金について

プランの組み方が解決までに大きく左右する

集団ストーカの調査料金で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。集団ストーカに関して一番重要なのが、「被害を証明すること」であり、集団(組織)で行う嫌がらせをたった1日で全て解決するような調査はありません。

ある程度、人件費や調査日数をかけて行うべきであり、簡単に考えている調査プランに疑いを持つべきです。ストーカー・嫌がらせ専門窓口で行う対策は、加害者がいつくるかわからない恐怖に打ち勝つために、集団ストーカ被害を確認するまで自宅から外出先まで徹底的に調査を行いますが、最初に決めた料金に変動は一切ありませんで、安心して調査依頼できるプランをご提供しております。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

嫌がらせ相談から解決までの流れ

まずはお気軽にご相談ください

2010年の創業以来、当社は一貫して、「問題解決に必要な情報提供」という考えのもと、事業を展開してきました。そのため、独自の情報収集方法に徹底的にこだわり、多種多様な調査方法でご依頼者に求められる情報を提供しています。この市場のとらえ方が、当社の成長と多種多様な情報サービスが生み出される源泉となっています。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、経験豊富なスタッフを各エリアに配置し、ご依頼者の悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査が終了した後も問題解決までスタッフがサポートするので、最後まで安心してご利用いただけます。

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカー被害の状況、集団ストーカー対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop