集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > 妄想と決めつけられ3年も苦しんだ集団ストーカー被害事例
公開日: 2021/03/19
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2021/03/19

妄想と決めつけられ3年も苦しんだ集団ストーカー被害事例

このページでは集団ストーカー被害に遭ってしまった女性が「どのように解決に至ったのか」をご紹介致します。探偵事務所に依頼してどこまで解決できるのかなど不安に思う点はあるかと思います。今回は相談~解決までの流れを見て頂いて不安を解消して頂ければと思います。

目次│集団ストーカー解決相談窓口

相談│とにかく被害が終わればそれだけでいい

何年も続く嫌がらせに終止符を!

私は3年程前から集団ストーカー被害に遭っています。どこに行くにもつきまとわれて明らかに不自然な行動を取られています。例えば見ず知らずの人にやたら見られて笑われたり、すれ違いざまに咳払いや仄めかしをされたり、他にも説明のしずらい嫌がらせの被害に遭っています。

私は今の会社に勤めて10年になります。勤務先までは30分~40分程かけて車で通勤しています。通勤中も不審車両を見かけたり、あおり運転を受けたりしています。そんな毎日を過ごしているうちに、我慢の限界がきて警察に相談しました。警察では、「精神的な問題かもしれない」「考えすぎ」との回答で、動いてもらう事は難しくとてもショックを受けました。

探偵事務所は最後の砦

確実に故意に行っている嫌がらせを証明できない無力さと、警察などの公共機関の対応で疲れ切っていたところにこちらのサイトを見つけてご連絡しました。目的としては、とにかく被害が終わればそれだけでいいです。犯人を特定して警察が動ける証拠を用意してください。

提案│解決に必要な調査について

調査手法の選択が重要

今回の調査のポイントは、故意に行っているつきまといや仄めかしなどを証明するための「証拠収集」が必要になります。3年間も続く嫌がらせであれば、1人では不可能でしょう。集団(複数人)で行なっているのであれば、集団ストーカーの被害で間違いないでしょう。

大事なポイントは、「全てを捕まえようとしない」ことです。この意味は、通行人を装った「ほのめかし」などは偶然を装えば言い逃れできてしまうので、深追いしないことも必要なのです。まして、調査費用をかけてまで行なうのはキリがない戦いとなり、精神的にも金銭的にも負担がかかり、とてもおすすめできることではありません。

証拠優先で狙いを定める

ただ、やみくもに「尾行や張り込み」をするのではなく、犯人を誘導させるような「仕掛け」がこの調査では必要なのです。この嫌がらせの主犯格までたどりつくには、「実行役」の1人でもおさえることができれば、主犯格までたどり着くこともあるのです。もちろん、「トカゲのしっぽ切り」になる可能性もありますが、嫌がらせが止まれば目的は達成されます。

あまり執着せず、「ゴールを低く設定する」ことも時には必要なのです。

費用│無駄のない適切なプラン作りから

やみくもに費用と時間をかけるのは素人

この手の複雑な調査を行なう場合、まずは現状を把握するために平日休日を使い、正確に把握することから始めます。ここでしっかり作戦を決めないと、ただただ時間だけがすぎ犯人に振り回されてしまう可能性は十分あるからです。現段階では、「相手の出方次第」となりますので、誘導作戦は把握後となります。

難易度★★☆☆☆
  • 調査期間:30日以内
  • 調査人数:3名
  • 調査内容:集団ストーカーの被害把握と証拠収集
  • 調査費用:330,000円

結果│やはり会社内の人物が関与した嫌がらせ

必ずなにかしらの理由がある

初動調査で、探偵みたいな動きをする人を確認した時に、「妄想ではない」と確信に変わりました。このようなケースは、主犯格は指示を出すだけで主に「復讐代行」「何でも屋」あたりを使って監視するようにするのです。実は、ご依頼者からは3年間で自分なりに集めた証拠を確認させて頂いており、その時に登場した人が再登場したのです。

これは、重要人物リストに当然入ります。その場では追及せず尾行を開始、とりあえず自宅の割り出しに成功したので一旦終了しました。しばらくは、マークして接触人物を調べていたところ、なんと主犯と思われる人はご依頼者が勤めている会社の役員と接触していたのです。

犯人は過去の交際相手

実はこの役員とは5年前ほど前に愛人関係で、最初の1年は同棲もしていた関係だったのです。ご依頼者が、未来がないとのことで別れたことがきっかけの可能性が高いでしょう。しかし、彼は独占欲が強くいわゆる「ストーカー気質」の男性でした。

今回の結果として、「つきまとっていた人」の写真と「接触している現場の写真」を役員(元交際相手)に見せて、関係性を追求するとのことでしたので、ここで調査終了となりました。後日聞いた話では、「つきまとい」は認めなかったとのことですが、3年間続いた嫌がらせはピタッと終わったとのことで安心しました。

感想│ご依頼者の声

自分を取り戻した様なそんな感覚

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。一人で三年も悩みました。誰に相談しても「気にしすぎなんじゃない」と話を信じてもらえなかったり「偶然と思えない事なんてしょっちゅうあるよ」などと茶化されて相談する事にうんざりしていました。ですが、今回相談させて頂いた担当者の方は、経験豊富で親身に相談を聞いていただきとても救われました。

この三年間は被害の事ばかり考えて生活していたけど、今はお出かけして買い物したり、趣味としてガーデニングを始めてみたり、自分を取り戻した様なそんな感覚で何でもないような事でも幸せに感じます。今思えばもっと早くお願いしてればと思いました。今回は本当にありがとうございました。

調査担当者から一言

今回は、初動調査の読みと方向性がうまくあって解決に結びつきました。このようなケースは、「経験」からしか生まれない調査手法で、間違った方法で調査しても解決することはできません。集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。

真実を知らなければ何も変わらない

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop