集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 自分の行く先々で待ち伏せに遭う|疑心暗鬼にさせる集団ストーカー解決方法
公開日: 2022/03/09 最終更新日: 2022/03/17
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/03/09 最終更新日: 2022/03/17

自分の行く先々で待ち伏せに遭う|疑心暗鬼にさせる集団ストーカー解決方法

集団ストーカーによるつきまといは、どこに居ても狙われてしまう厄介な嫌がらせです。その神出鬼没さが集団ストーカーを象徴しているとも言えるでしょう。集団ストーカーに立ち向かうために、こちらのページをご覧になることで少しでも助けになればと考えております。

目次│集団ストーカー調査相談窓口

待ち伏せをする集団ストーカー

専門家
集団ストーカー相談
2022年3月9日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

自分の行く先々で待ち伏せに遭う

家族や警察の助けが得られない集団ストーカー被害

自分の行く先々で待ち伏せをされたりすることは、集団ストーカーで多く寄せられる被害です。その目的は、『あなたの行動は筒抜けだ。』ということを仄めかすことにあります。

しかし、被害者本人にしかその被害が分からないので、家族に相談しても理解してくれなかったり、警察に相談しても適切な対処をしてくれず、門前払いされることもあるのです。

男性
ご依頼者様: 20代男性 会社員
ご依頼内容: 集団ストーカー調査
ご依頼理由:

駅に行くと必ず死角になるところで何人かが待ち伏せしている気がします。会社の行き帰りの道、バス停や駅の構内、プラットホームなど見たこともない人たちスマホを片手に誰かと連絡して「つきまとっている」気がしてなりません。警察にも相談したのですが、明確な証拠がないと対応できないと断られました。こんなことをされるいわれはありません。自分に何が起きているというのでしょうか?

調査レポート:

集団ストーカーは役割を分担して仲間の加担者に送信し、綿密に連絡を取り合っている場合があります。その場合、それぞれが担う役割は、例えば『〇〇駅から〇〇駅までの間は自分』『〇〇通りから〇〇店までは誰々』などと、かなり細分化されているケースが考えられ、事態はより深刻なものといえるでしょう。今回の調査内容では、事前のヒアリングにおいて『調査対象者とすべき人物があまりに多岐に渡る』という判断から、ご依頼者に調査会社という味方が付いた、ということをあえて加害者側に知らしめることで、手を引くよう仕向ける『ボディーガード調査』を執り行いました。7日間、出勤・退勤時にご依頼者の隣に寄り添う形で周辺の監視調査を行った結果、ご依頼者の側から『待ち伏せしているように見える人はいるが、だんだん気にならなくなってきた』との連絡を受けました。

集団ストーカーへの自己防衛手段の一つとして、『加害者を完全に無視する』というものが挙げられます。直接的な被害(例えば暴行や恐喝など)が行なわれない、あるいは行なうことができないが故に、集団ストーカーという陰湿な手段に出るのでしょう。言い換えれば『それ以上の行為に手が出せない臆病者』と割り切り、完全に無視を決め込むという形を取るという防衛手段があるのです。今回の調査では、当社調査員が常に寄り添ったことでご依頼者自身のメンタルトレーニングに繋がったケースといえるでしょう。

疑心暗鬼にさせる集団ストーカー

違和感に気付けるかが調査ポイント

複数人による「つきまとい」は冷静になることが難しく、犯人を読み間違う可能性があります。

慣れるまで時間がかかりますが、相手の目線や行動パターンを把握すれば「偶然か意図的か」の判断は可能です。

女性
ご依頼者様: 30代/女性 会社員
ご依頼内容: 集団ストーカー調査
ご依頼理由:

外出すると偶然を装った知らない人からつきまとわれています。理由は分かりませんが、某支援団体の街頭説明を断ってから若い男女や子ども連れのママさんまで幅広いに層に、職場やお稽古ごとのあるビルまでついてきています。集団ストーカーって「恋愛以外のつきまといは罪にならない」とのことでやりたい放題な気がします。普段から警戒心が強いので、「気にしすぎ」「偶然たまたま」と思いたいのですが、ここ最近は意図的な気がして外出することが嫌になってしまいました。普通の生活を送りたいだけなので、つきまといであればやめさせてください。

調査レポート:

現在は、偶然を装っても「継続したつきまとい」に対して警察も対応できるはずです。支援団体の街頭説明を断ってから複数の人につきまとわれているということで、小型カメラをご依頼者に渡して会社の通勤や帰り道に行き交う通行人を撮影してもらいました。通行人のなかにカメラがあることを知ってるのか、不自然に目を伏せる女性が見えたこと、近辺に「保育園・幼稚園・学童施設」があるか調べたところ、ベビーカーで来るような施設はなかったので、つきまといの可能性があると判断し、数日間ご依頼者に不審な人物がつきまとっていないか調査を開始いたしました。ご依頼者が思っている人数より少なかったが、ある人物が複数回ご依頼者につきまとっていることがわかり、素性の割出結果と証拠写真を持って、後日警察に相談することにしました。数日後確認したら、相手はつきまといに関して認めなかったがつきまとい行為はなくなったとのことなので、無事調査終了し様子を見てサポ―トする形となりました。

孤立させようとする集団ストーカーから自分を守る

一人の力では必ず限界がくる

集団ストーカーは、ターゲットにした相手の職場やふだん買いものをしているスーパー、趣味や習い事で通っている教室など全ての行動範囲を網羅し、先回りをして嫌がらせをします。

まるで「いつも監視している」「お前には安らげる場所などない」と言わんばかりに、どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、「どうしていつも行き場所を知っているのか」と疑心暗鬼になり、最悪の場合は家族や友達でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないか疑うことになるかもしれません。

このように、ターゲットを不安にさせ、精神的に弱らせていくのが集団ストーカーの卑劣で狡猾なところです。

家族や友人を疑うようになったら「孤立」が待っているだけです。そのような状況に陥らないようにするためにも、あなたを孤立させようとする集団ストーカーから身を守る方法を私ども「対策専門窓口」と一緒に考えて対応しましょう。

記録に残す習慣から

私どもは「無料相談」を受けつけていますが、ご相談やご依頼の前に、まずは自分なりにわかる範囲で状況を整理してノートにまとめてみましょう。

例えば、どのようなときにどのような嫌がらせをされたのか、盗聴や盗撮をされた可能性の有無などです。調査を依頼される際はその記録がベースになるので、私どもも嫌がらせの全体像の把握や調査着手しやすくなります。

集団ストーカー調査の料金について

集団ストーカ調査料金の仕組み

集団ストーカの調査料金で必ず確認すべき項目をご説明します。

まず、「目先の料金」に惑わされないことです。集団ストーカに関して一番重要なのが、「被害を証明すること」であり、集団(組織)で行なう嫌がらせをたった1日で全て解決するような魔法はありません。

ある程度、人件費や調査日数をかけて行なうべきであり、簡単に考えている調査プランであれば疑いを持つべきです。

ストーカー・嫌がらせ専門窓口で行なう対策は、解決までのプラン作成をしっかり行ない、最初に決めた料金に変動はなく、追加経費請求も一切ありません。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

集団ストーカー調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーの被害内容、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop