集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカーの加害行為「思考盗聴」について解説
公開日: 2021/03/20 最終更新日: 2022/03/17
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/03/20 最終更新日: 2022/03/17

集団ストーカーの加害行為「思考盗聴」について解説

集団ストーカーの被害者を悩ませる思考盗聴について解説します。「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」では、集団ストーカーに立ち向かうために、こちらのページをご覧になることで少しでも助けになればと考えております。

目次│集団ストーカー思考盗聴の被害相談

思考盗聴

専門家
思考盗聴相談
2022年3月16日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、思考盗聴でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

思考盗聴は思考を操作している

思考盗聴の実態

「思考盗聴は思考を操作している」を教えてくれたのは心理学に詳しい方でした。思考盗聴は2020年以降に5Gが導入される時代で脳波と脳波でメール代わりになる技術を悪用したものです。

しかし、脳は情報を保管するツールの役目をしているだけで、現在の思考や何年後の未来まで読み取ることは、今の技術でしかも思考盗聴で読み取ることは不可能だそうです。

巧妙な洗脳を仕掛ける思考盗聴

「加害者に自分の未来を仄めかされたことはない」
過去の仄めかしこそありますが、「自分が将来的に何かしたい」と心で思った内容全て読み取れるわけではありません。

思考盗聴は、ごく最近に起こったできごとをさも「思考盗聴」したように見せかける「洗脳行為」です。しかも、見当違いな仄めかしをしている被害事例も確認されています。

このように、ターゲットにした相手が「〇〇に行きたい」と思っているだけで実際にその場所に行くかどうかわからない場合は、ありきたりな情報を集団ストーカーの仲間どおしで共有し、ターゲットの前に現れるように指示を出しているのです。

思考盗聴は完璧に人間の思考を把握できる技術までは辿り着いていないと言えるでしょう。

ローテクやハイテクで不安や恐怖を植えつける

集団ストーカーの手口

思考盗聴は精神的不安定のときに洗脳しやすいと言われ、集団ストーカーを毎日起こさせることで常に24時間不安と恐怖の状態にさせておき、洗脳に至ることが明らかになりました。

常に緊張状態を強いることで精神的に不安定にさせておく必要があるようです。思考盗聴があるものだと自覚すると、その環境に人間は慣れ、また考えが囚われてしまい「負のスパイラル」が始まります。

「全ての行動がバレてしまうのではないか?」「考えていることが全て筒抜けなのでは?」と思い始めることで、思考が停止し、外部との接触を避け本当の「孤立」が始まります。

世界を見てもギャングストーキングに対する法律と規制、逮捕者も増えているため、日本も放置したままの現状を変えるときがくるでしょう。

相手の情報を十分に得ること

あなたに対して思考盗聴をしてくる人に、不安感や恐怖心を抱くのは当たり前のことです。しかし、恐がってばかりでは、思考盗聴をやめさせることはできません。

思考盗聴をしている集団ストーカーの情報を把握すれば、その相手が「できること」「できないこと」をある程度は予測することができます。

そうすれば、集団ストーカーの目的がわかり、漠然とした不安や恐怖を拭うこともできるでしょう。

思考盗聴に意識しないこと

思考盗聴と情報操作

集団ストーカーの被害者は「被害」だけをフォーカスしてしまう傾向があります。思考盗聴も洗脳と同じで、過去の思い出したくない情報やトラウマなど意図的に思い出させ精神的に追い詰める嫌がらせです。

繰り返しますが、思考盗聴は過去の情報を悪用した嫌がらせです。

リアルタイムではなく時差がある

少し前に起きたことを我が物顔でニヤニヤしながら仄めかしている加害者がいたらそれが嫌がらせです。仮に思考を読み取ったところで、人間を意図的に操作することは不可能でしょう。

思考盗聴がいかに無駄な技術かわかれば、嫌がらせにファーカスせず、今を楽しむことができるでしょう。

コンシェルジュサポート

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。

コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。

ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。もう1人で悩む必要はありません。理解者はあなたの隣にいます。

集団ストーカーの目的

集団ストーカーは組織犯罪

集団ストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある

集団ストーカーは組織で動いているので、特殊詐欺など、嫌がらせの背後には何かしらの犯罪が隠れている可能性もあります。昨今話題の煽り運転や学級内・職場でのいじめなどは、集団ストーカーの動きと類似した点も多く、もしかしたら犯罪組織に動かされているケースもあるのかもしれません。

海外では集団ストーカーは「ギャングストーキング」と呼ばれ、頻繁にニュースや雑誌などの特集で取り上げられていますが、日本では集団ストーカーが大々的に取り上げてられる機会はまだ少ないようです。

そのため「集団ストーカー」が逮捕案件に通じる犯罪だということはもちろん、「集団ストーカー」そのものを理解している人もまだ少ないようです。

感情をコントロールする力が必要

集団ストーカーの目的は、ターゲットにした相手につきまとう、監視するなどの嫌がらせをすることですが、その他にも嫌がらせを繰り返してターゲットを感情的にさせたり怒らせたりして、被害に遭っているのに「嫌がらせの加害者に仕立てる」ようなこともするので、どのような嫌がらせをされても、決して反撃に出たり、攻撃的な行動を起こしたりしないようにしてください。

物理的な暴力とは違う心理的な虐待

集団ストーカーに加担している人は、主犯格に命令されて動いている「駒」に過ぎません。指示どおりに動きますが、危害を加えてくるようなことはありません。プライバシーを覗き込み、盗撮や盗聴を繰り返す集団ストーカーは人権を無視した犯罪です。

個人に対し集団でさまざまな嫌がらせをしてくるので恐怖を感じたり不安になったりするかもしれませんが、1人で悩まず私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

集団ストーカーのご相談・調査依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop