集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカーの咳払い「アンカリング」対処方法
公開日: 2021/03/20
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/03/20

集団ストーカーの咳払い「アンカリング」対処方法

その咳払いは何?なぜ意識させようとするのか?集団ストーカーの加害行為の中に「咳払いによるアンカリング」があります。このページでは、意図的に行られる咳払いにどのような「対処方法」があるか解説します。

目次│集団ストーカー専門相談窓口

咳払いをする心理

集団ストーカーと咳払いの関係

最初に、咳払いをする理由は5つあります。

  • 喉が痛くてする咳払い
  • 緊張するような場面で咳払いをする
  • 重要なことを伝える前のサインとして咳払いをする
  • うるさいと思って咳払いをする
  • 自分に意識させるためにする咳払い
集団ストーカーの咳払いの意味

集団ストーカーが行なう咳払いは、威嚇行為であるとともに、アンカリングという「意識」を向けさせるために咳払いを行なうケースになります。咳払いは、風邪の流行ってるときや花粉症の季節に多く、ごく自然な光景ですが、集団ストーカーは意図的に咳払いをして「視点誘導」を目的としたり、「威嚇」して不安にさせるなど監視されていることを知らしめる意味でも使います。

真実を知らなければ何も変わらない

加害者同士で使う咳払いは合図

集団ストーカーの実態

集団ストーカーの「咳払い」は、マニュアル化されているのかわかりませんが全国的に見受けられる現象です。また加担者同士の合図にも使われています。例えば、集団ストーカーテクノロジー犯罪の「周知活動」を邪魔するように咳払いをする集団、電車の中で「加害者側に都合が悪い」会話をすれば、さえぎるような咳払いをします。

咳払いは誰が聞いてもいい気分がしません。咳払いは誰もができるアンカリングの1つとして使われていて、精神的に落ち込んでいるときの咳払いは「悪い方に考えやすい」傾向があり、咳払いも連続すれば見えない嫌がらせとなりえます。しかし、咳払いで命を奪われることはありませんので、極度に怖がる必要はありません。

無視を貫き通すこと

集団ストーカーの咳払い対策は「無視」です。咳払いが自然現象でもあることから、追及したところで「言い訳」されるだけで労力の無駄になります。咳払いで不快な思いをしても、無視で貫き通した方がいいでしょう。集団ストーカーの狙いは、感情的にさせて事件を起こさせるように仕向けるか、精神的に追い込むために行っているので、意識したら負けなのです。

精神的に限界が来る前に「行動」

一人の力では必ず限界がくる

集団ストーカーは、ターゲットにした相手の職場やふだん買いものをしているスーパー、趣味や習い事で通っている教室など全ての行動範囲を網羅し、先回りをして嫌がらせをします。

まるで「いつも監視している」「お前には安らげる場所などない」と言わんばかりに、どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、「どうしていつも行き場所を知っているのか」と疑心暗鬼になり、最悪の場合は家族や友達でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないか疑うことになるかもしれません。

このように、ターゲットを不安にさせ、精神的に弱らせていくのが集団ストーカーの卑劣で狡猾なところです。

家族や友人を疑うようになったら「孤立」が待っているだけです。そのような状況に陥らないようにするためにも、あなたを孤立させようとする集団ストーカーから身を守る方法を私ども「対策専門窓口」と一緒に考えて対応しましょう。

記録に残す習慣から

私どもは「無料相談」を受けつけていますが、ご相談やご依頼の前に、まずは自分なりにわかる範囲で状況を整理してノートにまとめてみましょう。例えば、どのようなときにどのような嫌がらせをされたのか、盗聴や盗撮をされた可能性の有無などです。調査を依頼される際はその記録がベースになるので、私どもも嫌がらせの全体像の把握や調査着手しやすくなります。

集団ストーカーの犯罪が周知されつつある

手口が明らかになった集団ストーカー行為

集団ストーカーとは、集団で(もしくは組織的に)ガスライディングのような嫌がらせを仕掛ける、盗聴や盗撮をしなければわからないような個人の情報を「知っている」「秘密を握っている」と仄めかす、ターゲットにした相手が周囲や近隣住人に疎まれたり避けられたりするように仕向けて精神的に追い込んでいく犯罪を私たちは集団ストーカーと呼んでいます。

嘘の情報に惑わされないようにする

以前なら、集団ストーカーの被害を訴えても、ほとんどが統合失調症による幻覚・幻聴で片付けられてきました。しかし近年では、集団ストーカーは周知されようになり、「集団ストーカー」の調査を依頼される方が増えてきています。集団ストーカーはターゲットにした相手を陥れるため、「会社で不倫をしている」「万引で逮捕されたことがある」など嘘の情報を広めたり、近隣から不審人物と思われるような悪評を立てたりします。

根も葉もない噂や嘘が広がっていると感じたら、集団ストーカーによる嫌がらせを疑ったほうがいいかもしれません。彼らが流す「嘘の情報」に惑わされないように、冷静に対処しましょう。

集団ストーカーについては早期相談

集団ストーカーは統合失調症による妄想、思い込み、偶然などではなく「れっきとした犯罪」です。集団ストーカーは、嫌がらせに加担しているメンバーの身元がバレるのを極端に恐れるため、組織・集団の規模が小さいとネット上で誹謗中傷を繰り返す傾向があるので、どのような集団がネットストーキングをしているのかを探りたい場合は「オンライン調査」ができる探偵事務所を探す必要があります。

現地調査とネットを組み合わせる

オンライン調査には専門的な知識と技術が要るので、被害に遭った方が単独でストーカー集団の素性を暴こうとすると、全く無関係の人を「犯人」と決めつけるような誤りを犯しかねません。判断を誤ると解決までの道のりが遠くなることもあります。そのため、ネット上での誹謗中傷に気づき、誰かに批難されるようなことに心当たりがないときは、なるべく早い段階で専門家に相談し、アドバイスしてもらいましょう。

集団ストーカー調査依頼方法

まずはお気軽にご相談ください

2010年の創業以来、当社は一貫して、「問題解決に必要な情報提供」という考えのもと、事業を展開してきました。そのため、独自の情報収集方法に徹底的にこだわり、多種多様な調査方法でご依頼者に求められる情報を提供しています。この市場のとらえ方が、当社の成長と多種多様な情報サービスが生み出される源泉となっています。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、経験豊富なスタッフを各エリアに配置し、ご依頼者の悩みに沿った「問題」を解決する調査体制を整備しています。調査が終了した後も問題解決までスタッフがサポートするので、最後まで安心してご利用いただけます。

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop