集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカーの咳払い「アンカリング」対処方法
公開日: 2021/03/20 最終更新日: 2022/03/17
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/03/20 最終更新日: 2022/03/17

集団ストーカーの咳払い「アンカリング」対処方法

その咳払いは何?なぜ意識させようとするのか?集団ストーカーの加害行為の中に「咳払いによるアンカリング」があります。このページでは、意図的に行られる咳払いにどのような「対処方法」があるか解説します。

目次│集団ストーカー専門相談窓口

咳払いが嫌がらせ

専門家
アンカリング調査
2022年3月9日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、咳払いを使ったアンカリングでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

咳払いをする心理

集団ストーカーと咳払いの関係

最初に、咳払いをする理由は5つあります。

  • 喉が痛くてする咳払い
  • 緊張するような場面で咳払いをする
  • 重要なことを伝える前のサインとして咳払いをする
  • うるさいと思って咳払いをする
  • 自分に意識させるためにする咳払い
集団ストーカーの咳払いの意味

集団ストーカーが行なう咳払いは、威嚇行為であるとともに、アンカリングという「意識」を向けさせるために咳払いを行なうケースになります。

咳払いは、風邪の流行ってるときや花粉症の季節に多く、ごく自然な光景ですが、集団ストーカーは意図的に咳払いをして「視点誘導」を目的としたり、「威嚇」して不安にさせるなど監視されていることを知らしめる意味でも使います。

加害者同士で使う咳払いは合図

集団ストーカーの実態

集団ストーカーの「咳払い」は、マニュアル化されているのかわかりませんが全国的に見受けられる現象です。また加担者同士の合図にも使われています。

例えば、集団ストーカーテクノロジー犯罪の「周知活動」を邪魔するように咳払いをする集団、電車の中で「加害者側に都合が悪い」会話をすれば、さえぎるような咳払いをします。

咳払いは誰が聞いてもいい気分がしません。咳払いは誰もができるアンカリングの1つとして使われていて、精神的に落ち込んでいるときの咳払いは「悪い方に考えやすい」傾向があり、咳払いも連続すれば見えない嫌がらせとなりえます。

しかし、咳払いで命を奪われることはありませんので、極度に怖がる必要はありません。

無視を貫き通すこと

集団ストーカーの咳払い対策は「無視」です。咳払いが自然現象でもあることから、追及したところで「言い訳」されるだけで労力の無駄になります。

咳払いで不快な思いをしても、無視で貫き通した方がいいでしょう。集団ストーカーの狙いは、感情的にさせて事件を起こさせるように仕向けるか、精神的に追い込むために行っているので、意識したら負けなのです。

精神的に限界が来る前に「行動」

一人の力では必ず限界がくる

集団ストーカーは、ターゲットにした相手の職場やふだん買いものをしているスーパー、趣味や習い事で通っている教室など全ての行動範囲を網羅し、先回りをしてアンカリングをします。

まるで「いつも監視している」「お前には安らげる場所などない」と言わんばかりに、どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、「どうしていつも行き場所を知っているのか」と疑心暗鬼になり、最悪の場合は家族や友達でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないか疑うことになるかもしれません。

このように、ターゲットを不安にさせ、精神的に弱らせていくのが集団ストーカーの卑劣で狡猾なところです。

家族や友人を疑うようになったら「孤立」が待っているだけです。そのような状況に陥らないようにするためにも、あなたを孤立させようとする集団ストーカーから身を守る方法を私ども「対策専門窓口」と一緒に考えて対応しましょう。

記録に残す習慣から

私どもは「無料相談」を受けつけていますが、ご相談やご依頼の前に、まずは自分なりにわかる範囲で状況を整理してノートにまとめてみましょう。

例えば、どのようなときにどのような嫌がらせをされたのか、盗聴や盗撮をされた可能性の有無などです。調査を依頼される際はその記録がベースになるので、私どもも嫌がらせの全体像の把握や調査着手しやすくなります。

アンカリング調査レポート

被害者に寄り添う姿勢

集団ストーカー被害者の皆さんに寄り添うことがどこまでできるのか? いつも自問自答します。実際には、同じ集団ストーカー被害に遭っていないと本当の被害者の痛みは理解できないのでしょう。

十分な力ではないにしても、被害者の方と一緒に考え、解決出来れば。私たちはそのような気持ちでご相談をお聞きしております。

男性
ご依頼者様: 40代 男性 会社員
ご依頼内容: 集団ストーカーアンカリング調査
ご依頼理由: 1年ほど前より咳ばらいが気になるようになりました。気になる理由としては、何処へ行っても咳払いを意図的にする人に出くわすからです。もちろん咳は、自然現象なので構わないのですが、背後から「意図的に」というのはあまりに不自然で、違和感を感じるようになりました。帰宅時にも、すれ違いざまに「こっちを向きながら」されたことがありますし、背後からされたことがあります。今まではそんな行為はありませんでした。年齢や性別問わず、時間帯も一定していません。電車に乗っていても、ホームや車内でほぼ必ず咳払いをされます。また、在宅時、たまに咳をする音が聞こえますが、近くに来てやっているかは不明ですが、そこそこ大きな声なので聞こえます。考えすぎであれば良いのですが、頻度が異常なため、気になって仕事にも集中できない状況が続き、精神的に持ちそうにないので早めにはっきりさせたいと思い調査を依頼しました。
調査レポート: 日常に溶け込む嫌がらせ「アンカリング」は集団ストーカー、もしくは、ネットを見て真似事をしている個人的な恨みからくるものか見極める必要があります。咳ばらいを意図的にうけている被害者は警戒心が強くなり「全ての咳ばらいが故意に感じる」ことが増えてきます。偶然に起きたことでも「嫌がらせかも」と思う心理状態に陥るまで行います。それこそが、加害者側の狙いなので、冷静に状況判断できる第三者の力が必要となります。今回の調査ポイントは、「故意に行なわれているアンカリング」だけを見抜くことが必要になります。加害者の目線や動向などしっかり確認し、故意に行なわれている「咳払い=つきまとい」の証拠を掴むことで解決できる案件となります。偶然で片づける前に一度ご相談ください。

アンカリング調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

アンカリング被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、アンカリングの内容、アンカリングに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop