集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 車両ストーカーが使う「ゾロ目ナンバー」の本当の意味
公開日: 2021/03/21
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/03/21

車両ストーカーが使う「ゾロ目ナンバー」の本当の意味

集団ストーカーの車両は、ゾロ目ナンバーや被害者が好まない色、誕生日など意識してしまう数字のナンバープレートを付けた車両を使います。今回はナンバープレートから「被害者を苦しめる」アンカリングについてご説明します。

目次│車両ストーカー行為相談窓口

ナンバープレートでアンカリング

数字や色を使い意識させる

集団ストーカーの車両に、通称「カルトカー」「ゾロ目ナンバー」といわれる語呂合わせのナンバープレートの車両が、指定されたエリアを走行してると言われています。道路交通法違反の「煽り運転」にならないように、一定の距離をおいて走行したら被害者の車両から離れて、別のエリアで「カルトカー」を走らせて、監視されていると思い込ませたり、不安を煽る目的で現れます。

あえて「県外ナンバー」を使用したり、「初心運転者標識」を付けた車両に追い越しさせたり、「若葉マーク」の車両に若者が運転していたりと、不自然なことが立て続けに起こすアンカリングを「車両ストーカー」といいます。

一般人も巻き込む「アンカリング」

ゾロ目という数字は、人の目に止まりやすく強いメッセージを持ちます。例えば、「88」の数字はエンジェルナンバーといわれ金運が上がる数字と言われています。他にも、「333」の数字はおいちょかぶでいう9の数字になり縁起が良いといわれ、強面の人が運転しているイメージを持たれるでしょう。

ほかにも、「23」マイケルジョーダン「110」警察など数字を使ったナンバーが数多くありますが、大半は一般の人なので、全てが集団ストーカーと思い込まないようにしてください。集団ストーカーの被害が始まるまでは、まったく意識しなかった他人のナンバープレートに、アンカリング効果で必要以上に意識してしまい、「不審車両が増えた」と思わせたり、「監視」していると思わせたりして精神的に追い込むことが目的です。

車両ストーカーの相談事例

通勤途中の進路妨害相談

私は仕事で車を使うのですが、毎日のように軽い煽り運転をする車に2~3台くらい遭遇します。しかも決まって「88」「333」「55」などのゾロ目か「自分の誕生日」など関連ある数字なのです。ある時、主要道路を走行していると黄色信号で突っ込んできた車両と事故を起こしそうになりました。

それからは、ドライブレコーダーを前後に設置することにしましたが、同じような車両にいつも蛇行運転、スーパーの駐車場でゾロ目ナンバーの車両に囲まれたり、駐車してる車の後部座席に女性や子どもがスマートフォンを片手に盗撮してるような仕草をしていて気持ち悪いです。この現象は何なのでしょうか?気のせいであれば良いのですが、命の危険は無いのか心配です。

専門家のアドバイス

あきらかに危険運転であり威嚇行為だと考えられます。煽り運転は、2020年6月改正の道路交通法の改正で免許取り消しとなり、重たい処分となりました。これからは、ドライブレコーダーを装備してるということなので、煽り運転や蛇行運転してる車両があれば警察に通報してください。

相談者が気になっているのが、ゾロ目ナンバーの車両に囲まれる頻度が高いということですが、考えられるとしたら「集団ストーカー」の車両ストーカーに追尾されてる可能性があります。車両ストーカーは、ナンバープレートの数字がアンカリング効果があるかで判断できます。

車両ストーカーの特徴は、同じ人が運転をしていることがほとんどですので、映像を取り続けていれば同じ人間だと気づくはずです。継続性があれば、「つきまとい行為」として警察に動いてもらうことができるので記録することが重要です。

数字に意味がないことを知る

「アンカリング」の数字を無力化する

車両ストーカー対策としては「気にしない」ことが一番です。ナンバープレートの数字に何も意味はありません。被害者に直接言えない「弱い集団」だから、ナンバープレートや色を使ってアピールしているだけです。

数字には何も意味がありません。仄めかしの数字を無力化にできるのは自分の思考を変えるしかないのです。どうしても意識してしまう、無視できない性格の方もいますので「根本的な解決」をお考えの方は専門家に相談することをおすすめします。

記録に残す習慣から

私どもは「無料相談」を受けつけていますが、ご相談やご依頼の前に、まずは自分なりにわかる範囲で状況を整理してノートにまとめてみましょう。例えば、どのようなときにどのような嫌がらせをされたのか、盗聴や盗撮をされた可能性の有無などです。調査を依頼される際はその記録がベースになるので、私どもも嫌がらせの全体像の把握や調査着手しやすくなります。

コンシェルジュが必要な方へ

コンシェルジュの意義

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。


集団ストーカーに関連するQ&A

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にも集団ストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

Q

集団ストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop