集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > いまさら聞けない集団ストーカーと向き合う方法
公開日: 2021/03/22
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/03/22

いまさら聞けない集団ストーカーと向き合う方法

集団ストーカーやテクノロジー犯罪、各ハラスメント問題を抱えてる被害者の方は、日々耐えながら仕事や家事を行なっています。ただし我慢にも限界があり、嫌がらせが続くと精神的に参ってしまい仕事や家事がおろそかになり、いつかは壊れてしまいます。そんな状況を変えるために「集団ストーカーと向き合う方法」をお伝えします。

目次│集団ストーカーと向き合う

集団ストーカーと向き合う前に

リラックスさせない被害

集団ストーカーの嫌がらせがひどくなると休まる場所を奪われます。一日の大半を過ごす家にいると「騒音」や「電磁波」を使い居心地を悪くし、外出すると「監視」や「つきまとい」で落ち着くことすらできない日々を送っているのです。唯一落ち着くことができるのは睡眠時ですが、それすらも奪おうと必死に睡眠妨害をおこなってくる悪質な嫌がらせこそ集団ストーカーなのです。

被害者には、「リラックスする方法は存在」しないと思い込ませることで、精神的ダメージを与え、思考を停止させ何も考えさせなくすることに必死で、自殺未遂を起こす事例があるくらい追い詰められてしまいます。そんな嫌がらせに対抗するにはどうすればいいか?それは、ひとによって効果はちがいますが、効果のあるリラックス方法を探すことから始めてください。

ゆったりとくつろげる室内空間を作る

確実で効果が期待できる方法としておすすめできるのは、自宅の一部に「落ち着ける空間」を作ることです。集団ストーカーの対策は、そのあとで充分間に合います。理由は、集団ストーカーと向き合うにはある程度、精神的に落ち着いた状態じゃないと相手の嫌がらせに振り回されてしまい解決から遠ざかってしまうでしょう。

まずは、少しでも落ち着ける空間をつくり体力的にも精神的にも回復した状態で、集団ストーカーの対策を検討することが理想です。どうしても我慢できない、時間がないなど事情がある方は一度ご相談ください。

まずはメンタルを強化する

気にしないメンタル

ストーカー集団が何よりも嫌がるのが、「嫌がらせを気にしない」「動じない」ことです。そのようにするには、反発したり、嫌がらせに負けまいとしてストーカー集団に立ち向かおうとうとしたりしても、その闘いは不毛で、何も生まれないことを理解しておく必要があります。

また、一人で集団に挑むのは無謀なだけでなく、多勢に無勢という不利な状況に置かれるので、勝てる見込みはほとんどないと言ってもいいでしょう。仮に相手を打ちのめすことができたとしても、相手は一人ではありません。別の仲間が報復行動に出れば嫌がらせはエスカレートし、また消耗戦が続くことになります。そうなれば無駄なエネルギーを使っていることに気づいて途方に暮れるだけです。

悪いことが起きても全て嫌がらせに結びつけない

集団ストーカーは「偶然」を装った嫌がらせを繰り返します。しかし、「誰かに嫌がらせをされているのかも」と考えてみても、まったく答えが見つからないこともよくあります。メンタルが弱っていると周りで起きていることの全てが怪しく感じて不安になったり、必要以上にストレスを溜めたりする状況に陥りやすくなります。

嫌がらせを無視できるようになれば、冷静な判断力を維持することができ、自分の周りで起きていることが偶然なのか、それとも誰かが故意にやっていることなのかの違いを簡単に見分けられるようにもなります。

信用できる理解者が必要不可欠

集団ストーカーの認知

近年では一般の人でも「集団ストーカー」を知る機会が増えてきています。集団ストーカーが恐れているのは、ターゲットにして嫌がらせをした相手の理解者や支援者が増えることです。家族、友人、そして私ども「対策専門窓口」など、嫌がらせの被害に遭った方は1人でも多くの理解者、支援者を見つけましょう。それが被害を最小限に抑えることにつながります。

理解者を得ることの難しさ

集団ストーカーの被害者が被害者どおしで理解を深めようとしても、嫌がらせの内容や被害状況が異なるなどの理由から、それぞれが受けた被害や精神的苦痛を理解しあうことができず、せっかくの交流機会をふいにするようなことがあります。

そのため、嫌がらせがいったん収まったり、被害がそれほどひどくなくなったりしたときに、「これならもう(同じ苦しみを経験している)知りあい・仲間がいなくても大丈夫」と思っても、すぐにまた嫌がらせや集団ストーカーが始まって状況が以前より悪化すれば、1人きりの心細さを痛感したり、仲間を作らなかったことを後悔することになりかねません。

そのようなことにならないように、理解者や支援者、嫌がらせを経験し、つらい思いを共有できる知りあいを1人でも増やしておきましょう。嫌がらせや集団ストーカーの被害に遭い、同じ苦しみを経験した者どおしが理解しあい、団結しなければストーカー集団が喜ぶだけです。

1人でも理解者がいれば被害を受けても平穏な日常を取り戻せる

集団ストーカーの被害に遭った者どおしが互いを理解できないのは、それぞれの被害内容や規模が違うからのようです。また、集団ストーカーの被害を受けても、家族や友人が理解してくれることはごく稀(まれ)で、家族にもわかってもらえないケースがほとんどです。それどころか精神を病んだと勘違いされて、心療内科か精神科で診てもらおと促されることさえあります。

「自分は正常だ」「診てもらう必要はない」と言い張っても信じてもらえず、最終的には誰も相手にしなくなり、孤立ししまう状況が非常に目立ちます。集団ストーカーの被害に遭っているときは、このような孤立だけは避けなければなりません。

  • 家族の理解を得られず孤立している
  • 友達の理解を得られず孤立している
  • 社会的、経済的な孤立
  • 電磁波過敏症による体調不良を訴えても理解してもらえない。
  • アンカリング(※1)を偶然だと思っている

※1:アンカリング(認知の歪み):心理学やマーケティング分野で用いられる概念を悪用し、相手の思考を操作しようとする手法。監視していることや「お前を狙っている」という恐怖心を意識させる。

集団ストーカーから自分を守る

一人の力では必ず限界がくる

集団ストーカーは、ターゲットにした相手の職場やふだん買いものをしているスーパー、趣味や習い事で通っている教室など全ての行動範囲を網羅し、先回りをして嫌がらせをします。

まるで「いつも監視している」「お前には安らげる場所などない」と言わんばかりに、どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、「どうしていつも行き場所を知っているのか」と疑心暗鬼になり、最悪の場合は家族や友達でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないか疑うことになるかもしれません。

このように、ターゲットを不安にさせ、精神的に弱らせていくのが集団ストーカーの卑劣で狡猾なところです。

家族や友人を疑うようになったら「孤立」が待っているだけです。そのような状況に陥らないようにするためにも、あなたを孤立させようとする集団ストーカーから身を守る方法を私ども「対策専門窓口」と一緒に考えて対応しましょう。

記録に残す習慣から

私どもは「無料相談」を受けつけていますが、ご相談やご依頼の前に、まずは自分なりにわかる範囲で状況を整理してノートにまとめてみましょう。例えば、どのようなときにどのような嫌がらせをされたのか、盗聴や盗撮をされた可能性の有無などです。調査を依頼される際はその記録がベースになるので、私どもも嫌がらせの全体像の把握や調査着手しやすくなります。

集団ストーカーに関連するQ&A

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にも集団ストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

Q

集団ストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop