集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > その対策ちょっと待って!集団ストーカーの仕組みを理解して向き合う
公開日: 2022/03/13 最終更新日: 2022/03/16
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/03/13 最終更新日: 2022/03/16

その対策ちょっと待って!集団ストーカーの仕組みを理解して向き合う

集団ストーカーやテクノロジー犯罪、各ハラスメント問題を抱えてる被害者の方は、日々耐えながら仕事や家事を行なっています。ただし我慢にも限界があり、嫌がらせが続くと精神的に参ってしまい仕事や家事がおろそかになり、いつかは壊れてしまいます。

そんな状況を変えるために、集団ストーカーと向き合う前に仕組みをお伝えします。

目次│集団ストーカーの相談窓口

ストーカーへの対策

専門家
集団ストーカー相談
2022年3月13日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

集団ストーカーと向き合う前に

リラックスさせない被害

集団ストーカーの嫌がらせがひどくなると「心も体も休まる場所」を奪われます。一日の大半を過ごす家にいると「騒音」や「電磁波」を使い居心地を悪くし、外出すると「監視」や「つきまとい」で落ち着くことすらできない日々を送っているのです。

唯一落ち着くことができるのは睡眠時ですが、それすらも奪おうと必死に睡眠妨害をおこなってくる悪質な嫌がらせこそ集団ストーカーなのです。

被害者には、「リラックスする方法は存在」しないと思い込ませることで、精神的ダメージを与え、思考を停止させ何も考えさせなくすることに必死で、自殺未遂を起こす事例があるくらい追い詰められてしまいます。

そんな嫌がらせに対抗するにはどうすればいいか?それは、集団ストーカーと戦う前に「効果のあるリラックス方法」で整えることが必要です。

ゆったりとくつろげる室内空間を作る

確実で効果が期待できる方法としておすすめできるのは、自宅の一部に「落ち着ける空間」を作ることです。集団ストーカーの対策は、そのあとで充分間に合います。

理由は、集団ストーカーと向き合うにはある程度、精神的に落ち着いた状態じゃないと相手の嫌がらせに振り回されてしまい解決から遠ざかってしまいます。

まずは、少しでも落ち着ける空間をつくり体力的にも精神的にも回復した状態で、集団ストーカーの対策を検討することが理想です。

どうしても我慢できない、引っ越すなど事情がある方は一度ご相談ください。

メンタルを強化の必要性

気にしないメンタル

ストーカー集団が何よりも嫌がるのが、「嫌がらせを気にしない」「動じない」ことです。
そのようにするには、反発したり、嫌がらせに負けまいとしてストーカー集団に立ち向かおうとうとしたりしても、その闘いは不毛で、何も生まれないことを理解しておく必要があります。

また、一人で集団に挑むのは無謀なだけでなく、多勢に無勢という不利な状況に置かれるので、勝てる見込みはほとんどないと言ってもいいでしょう。

仮に相手を打ちのめすことができたとしても、相手は一人ではありません。別の仲間が報復行動に出れば嫌がらせはエスカレートし、また消耗戦が続くことになります。

そうなれば無駄なエネルギーを使っていることに気づいて途方に暮れるだけです。

悪いことが起きても全て嫌がらせに結びつけない

集団ストーカーは「偶然」を装った嫌がらせを繰り返します。しかし、「誰かに嫌がらせをされているのかも」と考えてみても、まったく答えが見つからないこともよくあります。

メンタルが弱っていると周りで起きていることの全てが怪しく感じて不安になったり、必要以上にストレスを溜めたりする状況に陥りやすくなります。

嫌がらせを無視できるようになれば、冷静な判断力を維持することができ、自分の周りで起きていることがよく見えてきます。

その状態で「効果的な対策」を選ぶことで前に進みます。「相手は冷静」であることを忘れずに、感情的な行動は相手側に誘われていることを覚えておいてください。

理解力がないと対策は非効率に

集団ストーカーの認知

近年では一般の人でも「集団ストーカー」を知る機会が増えてきています。集団ストーカーが恐れているのは、ターゲットにして嫌がらせをした相手の理解者や支援者が増えることです。

家族、友人、そして私ども「対策専門窓口」など、嫌がらせの被害に遭った方は1人でも多くの理解者、支援者を見つけましょう。それが被害を最小限に抑えることにつながります。

理解者を得ることの難しさ

集団ストーカーの被害者が被害者どおしで理解を深めようとしても、嫌がらせの内容や被害状況が異なるなどの理由から、それぞれが受けた被害や精神的苦痛を理解しあうことができず、せっかくの交流機会をふいにするようなことがあります。

そのため、嫌がらせがいったん収まったり、被害がそれほどひどくなくなったりしたときに、「これならもう(同じ苦しみを経験している)知りあい・仲間がいなくても大丈夫」と思っても、すぐにまた嫌がらせや集団ストーカーが始まって状況が以前より悪化すれば、1人きりの心細さを痛感したり、仲間を作らなかったことを後悔することになりかねません。

そのようなことにならないように、理解者や支援者、嫌がらせを経験し、つらい思いを共有できる知りあいを1人でも増やしておきましょう。

嫌がらせや集団ストーカーの被害に遭い、同じ苦しみを経験した者どおしが理解しあい、団結しなければストーカー集団が喜ぶだけです。

1人でも理解者がいれば被害を受けても平穏な日常を取り戻せる

集団ストーカーの被害に遭った者どおしが互いを理解できないのは、それぞれの被害内容や規模が違うからのようです。

また、集団ストーカーの被害を受けても、家族や友人が理解してくれることはごく稀(まれ)で、家族にもわかってもらえないケースがほとんどです。

それどころか精神を病んだと勘違いされて、心療内科か精神科で診てもらおと促されることさえあります。「自分は正常だ」「診てもらう必要はない」と言い張っても信じてもらえず、最終的には誰も相手にしなくなり、孤立ししまう状況が非常に目立ちます。

集団ストーカーの被害に遭っているときは、このような孤立だけは避けなければなりません。

集団ストーカーの狙い

なぜ集団ストーカーに狙われたのか…

  • ターゲットへの恨み
  • 何らかの恨みを買ってしまい、ターゲットにされるケースです。ほとんどの場合、過去のトラブルが原因ですが、加害者側の一方的な逆恨みであることが多いです。

  • 金銭目的
  • ターゲットから金銭を巻き上げる目的で集団でストーカーをして、ターゲットの情報を集めます。そこから得た情報から空き巣、詐欺を働くといったケースも存在します。富裕層や貯蓄が多い世帯がターゲットに狙われやすい傾向があります。

  • 愉快犯
  • 全くの赤の他人をターゲットにして、その人物が恐慌状態に陥り醜態や恐慌する様を見て楽しむことを目的としたケースです。赤の他人であるため被害者との面識が全くないことが特徴です。

  • 痴情のもつれ
  • 上述の「桶川ストーカー殺人事件」のように、痴情のもつれがきっかけで集団でストーカーを行なうケースです。この事件ではターゲットは殺害されいますが、後述の理由から基本的に集団ストーカーの加害者はターゲットに直接暴力を振るうことはしないとされています。

加害者の目的

  • 第一段階:精神病にして孤立させる
  • ターゲットを精神的に追い詰めて統合失調症やうつ病といった心の病気にさせます。統合失調症でなくても、集団ストーカーが実態をつかみにくいという特性が『統合失調症による妄想』と周囲に誤認させやすく、ターゲットはより孤立してしまいます。また、社会的信用もこの段階で失いやすく、生活面でも追い込まれていきます。

  • 第二段階:疑心暗鬼から犯罪を起こす
  • 集団ストーカーは不特定多数の人がつきまといをするため、ターゲット自身がどの程度の人からつきまといを受けているのか判断がつきにくいです。また、第一段階によって疑心暗鬼になり、判断力も低下している状態から正常な判断が出来ず、全く関係のない人を犯人と思い込んで、名誉棄損など逆に訴えられてしまうこともあります。

  • 第三段階(最終段階):引きこもりや社会的抹殺
  • 最終的に命を奪うわけではないが、被害者は社会において非常に生きづらくなるように仕向けられてしまいます。集団ストーカーの被害で「暴行を加える」行為が少ない理由として、自殺させようと追い込むのが集団ストーカーの手口でなので、暴行する必要がないのです。

体験レポ:自己判断で招いた自壊行為

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、過去に経験した事例や体験談などの情報を発信しております。同じようなお悩みを抱えている方に、少しでも参考になれば幸いです。

女性
ご依頼者様: 40代/女性 会社員
ご相談内容:

会社内外の複数人から集団ストーカー被害に遭っています。私の勤める会社は大企業なので関わっているのであれば、かなりの人員とお金を使っているかもしれません。嫌がらせのせいで会社内では不当な扱いを受けていますし、外出中は老若男女関係なく私の進路妨害をしてきたり、不必要に私の傍に寄ってきたりします。恐らく、会社が組織ぐるみで私を陥れようとしているように思えます。警察に相談したら『証拠があれば動ける』と言われたので、毎日自分で不審者を撮影したりしているのですが、数が多すぎて対処しきれず正体が掴めません。こちらで集めた写真と動画を提供するので、専門家の目で見た「犯人の身元特定」と、「集団ストーカーの証拠収集」のアドバイスをお願いします。

アドバイスレポート:

加害者の実態と目的が不明瞭であるケースが多いのが集団ストーカー行為の特徴です。加担している人数やそのきっかけ、何を最終目標にしているのかが被害者からではほとんど掴めないため、まるで終わりのない戦いに身を投じている気分にさせられてしまいます。集団ストーカーの恐ろしい点は、ある程度その行為を続けると被害者が勝手に自壊していく事にあります。証拠収集のためとはいえ、むやみに撮影(盗撮)しているうちに迷惑防止条例に違反し、足をすくわれる危険があります。「つきまとい」や「コリジョンキャンペーン」であれば、専門家に任せた方が安全に解決ができます。継続性と危険性を証明するために、距離をとりつつ撮影することで証明できますし、悪質であればその場で現行犯人として対応できます。

体験レポ:進むために退くことの重要性

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、過去に経験した事例や体験談などの情報を発信しております。同じようなお悩みを抱えている方に、少しでも参考になれば幸いです。

女性
ご依頼者様: 50代/女性 
ご相談内容:

ここから逃げ出したいのです。力を貸して下さい。近隣住民を中心とした同じ市内の人たちから、集団ストーカー被害を受けています。これまで2度引っ越しを繰り返してきているのですが、その度に何らかの手段で住所を特定され、今までと同じ嫌がらせ行為を続けられています。付きまとわれたり、監視されたり、電磁波照射をされたり…もう疲れてしまいました。しかし、私も生きていかなければならないし、ましてや相手の好き放題にさせておくわけにもいきません。本当はこの嫌がらせに関わっている全ての集団ストーカーを白日の下に晒し、一人ひとり殴りつけてやりたい気分です。でもその前に、まずはどうすれば元の生活に戻ることができるのか、という事を念頭に置きたいのです。それにはやっぱり今の場所を離れるしか方法がないのかなと思っているのですが、今までのやり方では同じ状態にされてしまうのではないか不安です。

アドバイスレポート:

まず何よりも優先されるべきなのは『被害者の精神的・身体的安全の確保』であると考えます。『逃げた者はもう一度戦える』とは、古代ギリシャの政治家の言葉です。集団ストーカー行為を始めとした嫌がらせは、その行為の特殊性から、被害者側がやみくもに立ち向かったり、引っ越しを繰り返しても大きな効果は挙げられません。それどころか、状況次第ではかえって悪化するケースすら存在します。被害に対し冷静に対処するためにも、まずは心と身体の落ち着きを取り戻す状態を確保する事が最優先と言えるのです。そのあとに、「引っ越しで解決できる問題なのか」を専門家と一緒に考えてみましょう。

度を超えた嫌がらせに発展したときは

終わらない嫌がらせから解き放たれるために

嫌がらせ行為について考えなければいけないのは、『組織的な加害行為』であるかどうかです。たいていの場合、毎日のように繰り返す場合は集団で嫌がらせをしていることが多いです。

なぜなら相手も人であるため、単独で継続したつきまといをすることは困難であるからです。また、集団である特性を生かし、24時間の監視による行動内容の把握、ターゲットが引っ越しても新住所を特定してしまうなど、ターゲット一人の力ではどうにもならないレベルの嫌がらせが可能です。

集団ストーカーは、ターゲットにした相手の職場やふだん買いものをしているスーパー、趣味や習い事で通っている教室など全ての行動範囲を網羅し、先回りをして嫌がらせをします。

まるで「いつも監視している」「お前には安らげる場所などない」と言わんばかりに、どこに行っても集団ストーカーが待ち構えていれば、「どうしていつも行き場所を知っているのか」と疑心暗鬼になり、最悪の場合は家族や友達でさえも「集団ストーカー」に加担しているのではないか疑うことになるかもしれません。

このように、ターゲットを不安にさせ、精神的に弱らせていくのが集団ストーカーの卑劣で狡猾なところです。

家族や友人を疑うようになったら「孤立」が待っているだけです。そのような状況に陥らないようにするためにも、あなたを孤立させようとする集団ストーカーから身を守る方法を私ども「対策専門窓口」と一緒に考えて対応しましょう。

記録に残す習慣から

私どもは「無料相談」を受けつけていますが、ご相談やご依頼の前に、まずは自分なりにわかる範囲で状況を整理してノートにまとめてみましょう。

例えば、どのようなときにどのような嫌がらせをされたのか、盗聴や盗撮をされた可能性の有無などです。調査を依頼される際はその記録がベースになるので、私どもも嫌がらせの全体像の把握や調査着手しやすくなります。

集団ストーカーに関連するQ&A

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にも集団ストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

Q

集団ストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

集団ストーカーのご相談・調査依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーの被害内容、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop