集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > こんな偶然ってある?マンション住民が集団ストーカーだった体験談
公開日: 2022/03/12 最終更新日: 2022/12/06
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/03/12 最終更新日: 2022/12/06

こんな偶然ってある?マンション住民が集団ストーカーだった体験談

マンション住民も集団ストーカーに加担?

近所で自分の風評被害があったり、住まいの地域だけでなく職場や学校でさえ、嫌がらせを受けており身に覚えのない理不尽なできごとに悩む方は少なくありません。

今回ご紹介する体験談は、マンション住民による集団ストーカー被害に悩まれていた体験談です。

⇒ 執筆者 / 監修者ページ  / 2022年11月21日 更新

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態の方は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

目次

マンション住民が集団ストーカー体験談

男性
ご依頼者様: 50代/男性 会社員
ご依頼内容: 集団ストーカー調査
ご依頼理由:

集団ストーカーの被害に遭って困っています。マンションで独り暮らしをしていますが、隣の住人から嫌がらせを受けています。

今のマンションに引っ越す前に勤めていた会社がありまして、そこの会社で妙な宗教勧誘をされ気持ちが悪かったので会社を辞め、今のマンションに引っ越しました。

しかし、そのマンションで以前勤めていた会社にいた従業員を見かけました。現在、転職先での仕事もままならず休職中なので、今のうちに対策や解決することは可能でしょうか。

地域で遭遇する嫌がらせ「ママ友孤立」

ママ友孤立化のワケ

高齢出産のために同じママ友でも周りのママの年齢が大きく差があるために、なかなかなじめないという理由もママ友から浮いてしまうことがあります。

年齢だけではなく年齢が近いママ友でも近所の中で孤立化するケースが最近多くなっています。どのような場合に孤立化するか見ていきましょう。

  • 根も葉もない噂話をされる。
  • 無視される。
  • LINEのグループで自分だけ拒否されている。
  • 性格的に合わない部分が見えてきた。

活動に参加していると、思わぬ風評被害や言った言わぬの世界になることがあります。

またボス的な立場の女性がいる場合、皆が従うような状況があるところでは、その場では合わせつつも理由をつけて少しずつ離れるなどして距離を置いたほうが、後々面倒な付き合いに巻き込まれる必要もありません。

「子どものため」という観点から、どうしても視野が曇ってしまったり無理なお付き合いを重ねてしまいますが、大事なのは子どもの当人同士のお付き合いです。

大人同士まで真剣にママ友付き合いに発展するのは自然な成り行きならともかく、無理が伴うのであれば本末転倒でしょう。

仲がいいはずなのになぜ仲間外れになるの?

仲良くなりすぎると相手の良いところ、自分とは合わないところも同時に見えてくるのでしょう。

相手の良いところよりも合わないところや何気なく口にされた思いやりのない言葉を言われ、ショックになることもあるようです。

お互いに子育てや育児で疲れているところに地域活動の押し付け合いなどで、軋轢が生じる場合があるそうです。

その場合には他人への思いやりや気配りは忘れずに、自分には無理と思われることや理不尽と感じることはきちんとお断りするのが最適です。

相手に振り回されそうな状態なら自分軸を平常心で保ち、他でも憩いの場所や人を見つけ活動をひとつだけでなく分散しましょう。

そうすれば「あの人あなたのことこういう風に言っていたけど、本当?」などと第三者の立場からヒアリングしてくれる人が出てくるはずです。

地域で遭遇する嫌がらせ「集団ストーカー」

なぜかこちらの動きを知っている人たち

ある時期から急に近所の人たちだけでなく、行く先々で人や車や自転車などでどうやら自分が移動する先でタイミングよく人がよくいるなと思うことがあります。

集団ストーカーに遭遇する初期の兆候として2パターンあります。

1つ目は集団ストーカーをしているとわかりやすく被害者に伝えるために、大人数で明らかに異常な状況を工作する方法です。

2つ目は集団ストーカーをしていることを被害者に知らせないようにこっそり行い、被害者の方が気づかない状態にします。

被害者が今までと何か違うおかしな状況が起きだしていることを感じたとき、集団ストーカーをしていることを突然仄めかしてきます。前者は被害者を最初から錯乱状態に追い込むためです。

後者は被害者本人が気づかないいくつかの不幸を体験させ、精神的に疲弊させ、集団ストーカーをしていることを本人に告げることで恐怖をあおっています。

どちらも悪質なやり方といえるでしょう。

自宅から離れても知らない誰かがスタンバイ

集団ストーカーをされていると不可解に思うときは、近所だけではなく遠出をしてもどこへ移動しても、誰かにつきまとわれているように感じます。

集団ストーカーはあくまでさりげなくしてきますが、被害者が通行するタイミングでスマートフォンに何か入力している場面にしばし遭遇したりします。

また不審なほど数メートルおきに人がいるとか、道路の通行上に自分ひとりしかいないという状況が最近ない場合も注意してください。

自宅前付近で人や車の往来が以前にもまして激しいと思うのも、集団ストーカーに関係している可能性もあるかもしれません。

地域で遭遇する嫌がらせ「宗教勧誘お断り」

宗教勧誘を断わった後から様子がおかしい

よくある話の上位に挙がるのが、仲良くなった近所の人に宗教勧誘をされ何度もお断りした結果、もしくは宗教団体から脱退した場合に、近所の人などから根も葉もない噂をたてられたり、家の前にゴミが頻繁に置かれてるようになったりする話です。

また家の前の交通量が多くなり、以前にくらべて騒がしいと感じるようになったというのも集団ストーカーに遭遇している可能性があります。

ポイントはひとりにしかお断りしていないはずなのに、なぜか近所や地域絡みで嫌がらせを連携して行なっているように見えるということです。

調査してみない限り真相はわかりませんが、集団ストーカーが行なわれている場合は主犯や副犯がいて、さらにその指示に従って行動している人たちの相関関係があります。

そして厄介なのは被害者当人でないと被害状況がよく分からないのです。

宗教勧誘をお断りする以前に宗教勧誘をしてきた人物と親密にしていた人や心当たりの人物がいないかどうか、記憶の整理や周囲を観察してみましょう。

嫌がらせ行為が誰なのか分からない

記憶のなかを整理してみても周囲の人間関係マップがよくわからないということや、被害の程度によって頻繁にゴミが置いてあったり敷地外の人の出入りがやたらと多いだけでは誰がしたのか事実関係がわからないことがあります。

ゴミが勝手に捨ててある場合は、証拠として撮影をしておくことをお勧めします。

この段階では警察に相談しても警察が動いてくれることはほとんどありません。

地域で遭遇する嫌がらせは組織が関与している可能性

自分に及ぶ規模が広い気がする

被害によっては、近所だけではなく地域全体で自分にたいして被害範囲が広いと思う方もなかにはいらっしゃいます。

逆に嫌がらせをしてくる人は、「自宅の近くの人で大体決まっているように思う」という方もいます。

とはいえ、仮に集団ストーカーに遭遇している場合には後者の方は気づかないだけで通勤や近所の散歩など含めてマークされている可能性もあります。

また、集団ストーカーに遭遇していることになかなか気づきにくい方もいます。

その場合、被害規模は小さいもののいずれ嫌がらせ行為が始まる可能性もあるので、放っておかずに証拠収集の経験がある探偵に依頼しましょう。

多くの人が関わっていることも…

近所だけではなく住居付近の地域全般や通勤通学経路、会社や学校まで人の様子がおかしいと思われることがあるかもしれません。

さまざまな人があなたにたいして「嫌がらせ」をすることがあれば、気のせいではないかもしれません。

集団ストーカー対策

盗聴盗撮器は壊さずその場を離れる

盗聴盗撮行為に使用されるのは、最近ではスマートフォンや携帯電話のカメラがほとんどで、それ以外には小型の盗撮器がよく用いられています。

小型盗聴器やコンクリートマイクの場合、自宅や会社での盗聴は気づかれないことも多いようで、知らず知らずのうちに情報漏えいの被害にあっているかもしれません。

発見したときは、破壊してデータを消したいところですが、立件のための重要な証拠物ですので警察や専門家に任せましょう。

しっかりと把握し集団ストーカーに備える

集団ストーカー行為の中では、より代表的な行為がつきまといや待ち伏せです。

また、ストーカー対象のことを誹謗中傷するような迷惑行為を行ったり、本人しかわからないことを仄めかしたりして不安を煽ります。

つきまとわれていることがわかった場合は、タクシーなどを利用して安全に自宅まで帰るようにしましょう。

また、自宅の窓やドアには侵入を防ぐために、二重カギなどを設置し防犯の強化も必要です。

集団ストーカー対策事例

  • 加害者が拡散する嘘の情報に惑わされないようにする。
  • 高層マンションから監視されないようにミラーレースカーテンやマジックミラーシートで対策する。
  • 盗聴発見調査を行なったときに電源を切られていた可能性も含め定期的に情報漏えいを防ぐ。
  • つきまといされた時間帯や被害内容を記録する。
  • 情報が洩れていないか身の回りを確認する。(友人・職場・盗聴・パソコンなど)

集団ストーカー調査のご相談・依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop