集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカーが仕掛ける「コリジョンキャンペーン」とは
公開日: 2022/03/15
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/03/15

集団ストーカーが仕掛ける「コリジョンキャンペーン」とは

集団ストーカーの加害行為の1つに「コリジョンキャンペーン」という手法があります。ここでは、お問い合わせが多かった「コリジョンキャンペーン」についてご紹介いたします。コリジョンキャンペーンによって日々の生活に不安を感じたら、当事務所の無料相談をご利用ください。

目次│コリジョンキャンペーン対策相談

コリジョンキャンペーン

専門家
コリジョンキャンペーン相談
2022年3月15日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、コリジョンキャンペーンでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

コリジョンキャンペーン

コリジョンについて

コリジョンは「衝突」という意味で、電車の揺れを利用してわざとカバンや身体を何度もぶつけ、因縁を付けてターゲットを「危険人物」に仕立て上げようとする嫌がらせになります。

あからさまに仕掛けて「煽ってくる」怒らせようとするタイプと、徹底して「偶然を装う」タイプの2つのケースがあります。

コリジョンでトラブルを作り、ターゲットに因縁をつけて危険人物としてでっち上げる材料として利用されることがあるので、あくまでも冷静に対応する必要があります。

コリジョンを行なう人は、年齢層幅広く見た目だけで判断することは難しいです。

コリジョンキャンペーンの目的

コリジョンキャンペーンは「ぶつかる」「通行の妨げ」車両であれば「煽り運転」を行なうなど、ターゲットをイライラさせたり焦らせるなどの目的があります。

  • リラックスした時間を与えない。
  • イライラさせて精神的に追い込む。
  • 時間を奪い遅刻させ社会的信用を失わせる。
  • 不審人物に仕立て上げ「孤立」させようとする。
  • でっちあげ盗撮やでっちあげストーカーに仕立てる。※1

コリジョンを毎日、1人〜複数人でやることでターゲットの外出する気力を無くさせて、引きこもりの状態まで追い込み、次の嫌がらせ準備に入る構造になっているのです。

コリジョンは自然を装って行なうことを前提としてるので、タイミングが合わなければ何も起こりません。複数人で行なうこともありますが、ほとんどが怪我をするようなレベルでないので気にしなければ害はありません。

※1 証拠収集のために、携帯で撮影しようとしたら盗撮犯人扱いされる。犯人を尾行したらストーカー扱いされる。事実ではな嘘偽りをいかにも事実であるかのように仕立て上げること。

コリジョンキャンペーン相談事例

女性
ご依頼者様: 40代/女性
ご相談内容:通勤途中の妨害行為

会社の通勤や退勤途中で人がぶつかってきたり、電車の出入り口を占領されて列車から降りさせないようにする老若男女が、毎日ではないですが、週2~3回は必ず起きます。他にも、電車内で座ってる人から「悪口」を言われて、近くに見に行くと、イヤホンを耳にしながら目をつむって寝ている様に見えたので、「気のせい」とやり過ごしていました。ある時からエスカレートして、列車内で向いの席に座っている人から携帯電話のカメラで撮られたり、プラットホームで待ってると睨みつける人がいたり、咳払いをする人に遭遇する回数が非常に多いのです。友人や家族などに相談しても「偶然」「酔っ払いに絡まれただけ」と言われて相手にしてくれません。本当に私の気にしすぎで単なる偶然なのでしょうか?

専門家のアドバイス

満員電車で足を踏まれる、列車の出入り口を占領されるというはよく見かける光景ですが、ご相談者の話を聞くと、意図的な嫌がらせの可能性が高いかと思います。理由の一つとして、ご相談者に対して意識させようとする行為「アンカリング」が含まれていると判断できるからです。アンカリングとは「条件付け」という意味です。日常的に存在する人の仕草、音等の条件をターゲットの意識に植えつけ、その条件によって「狙われている」という意識をターゲットに与えます。集団ストーカー被害でも多く見られる手口で、ターゲットを不特定多数の人が監視してると植え付ける目的で行なわれています。

コリジョンキャンペーンの目的はさまざまですが、ご相談者を社会の繋がりを断絶させるように仕向けて、社会的孤立を目的に行っている可能性もあります。コリジョンキャンペーンの対策としては、「無視できる範囲は徹底的に無視」が基本です。相手の罠に引っかからないように、極力自分で動かないようにしましょう。被害が悪化するようであれば専門家に相談することも検討してみてください。

コリジョンキャンペーンが起きる環境チェック

自宅周辺で起きるつきまといチェック

自宅を知られてしまうと郵送物の盗難や盗聴など、執着のひどい嫌がらせをされる可能性も高く、情報が盗まれることは非常にやっかいです。コリジョンキャンペーンをエスカレートさせない為には、「自宅の防犯対策を徹底する」ことをおすすめします。

防犯対策は、想定されるつきまとい犯の動線上に防犯カメラの設置し、補助錠や防犯フィルム、人感センサーなどでつきまといしにくい環境を作ることです。

勤務先で身に覚えのない風評被害はありませんか?

勤務先では、同僚にプライベートを仄めかされたり、職場の外で待ち伏せされるたり、上司への評価を下げる行為を行い居場所を奪うために嫌がらせを行います。

職場の責任者への相談は必須ですが、相手は部外者なので侵入は防げても周辺をうろつくことは禁止できないので、何かあったときに駆け込める場所を確保しておいてください。

偶然を装ったつきまといに騙されない

通勤に電車を使っていれば毎日のことなので、何か対策をとろうとしても限られてきます。今後つきまとい行為がエスカレートしたときのために早い段階から自分でしておかなくてはならないのが、「被害の記録」になります。

被害の記録とは、「被害を受けた日時」「被害の詳細な内容」「相手に関して知っている情報・特徴」になります。

コリジョンキャンペーンは監視・盗聴盗撮もセット

日常で起こる監視・盗聴盗撮行為は

防犯用に開発された遠隔監視アプリ、盗難防止アプリを犯罪に悪用する事件が相次いでいるとの報道を頻繁に目にするようになりました。

犯人が自宅に忍び込み、機種変をする前に使っていた古いスマートフォンにアプリをインストールして、リビングルームのテーブルの下に隠し、発見されるまで5日間も遠隔操作でターゲットを監視していた事件もありました。

また、元交際相手のスマートフォンにこのアプリをインストールし、盗聴、盗撮を繰り返していた男は事件が発覚して逮捕、起訴された後、「ストーカー規制法違反」で有罪判決を受けています。

被害に遭った元交際相手の女性には「スマートフォンをなくしたときに便利だよ」と騙してアプリをインストールさせていたそうです。このアプリを使うと、いつ誰と電話したのか、履歴や電話帳のデータの中身を遠隔操作で見ることもできるとのことです。

近年、このようなアプリを使った犯罪が増えてきているので気をつけなければいけません。おかしなアプリがインストールされていないかどうかを確認するには、スマートフォンを初期化すればわかります。

スマホの動きやデータ通信使用量の消費チェック

不安になられた方は初期化してみてください。しかし、高度な技術を持った集団ストーカーになると、アプリを使わなくても盗聴・盗撮をして、ターゲットを監視することができます。

ストーカーがどのような遠隔操作をしているのか、一般の方が自力で発見するのはかなり難しいので、「インストールした覚えがないアプリがあった」「不明な発信履歴やSMSの送受信履歴が残っていた」「文書や写真を読み込めなくなる」などの不審な点があり、ご自身で対処できないようでしたら専門家に見てもらったほうがいいかもしれません。

5つの安心保障

コリジョンキャンペーンのご相談・調査依頼方法

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

コリジョンキャンペーン相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、コリジョンキャンペーンに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop