集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 理不尽なリストラ工作は「リストラストーカー」の前兆
公開日: 2021/03/24
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/03/24

理不尽なリストラ工作は「リストラストーカー」の前兆

どこの職場でもハラスメント問題はあります。ただし、「退職したのに関与してくる」「プライベートを監視してくる」などの被害が続いたら、もしかしたら「リストラストーカー」の被害に巻き込まれてる可能性があります。

ここではリストラストーカーの実態を知ってもらうために、彼らの手口と対策についてを解説してみたいと思います。

目次│リストラストーカー相談窓口

どこにでもいるリストラストーカー

リストラストーカー被害事例

リストラストーカーは、「集団で無視し社内の雰囲気は悪くない居場所がなくなる」「悪いうわさを流したり、無理な仕事を押しつけたり」いまだになくならない「リストラストーカーの職場内いじめ」。あからさまなものから、一見わかりにくい巧妙なものまで、さまざまなケースがあります。

そもそも「リストラとは」、企業の大規模な人員削減・整理解雇を指して用いられる表現で、もともとはリストラクチャリングの略であり、再構築といった程度の意味になります。
参照:Weblio辞書 https://www.weblio.jp/content/リストラ

会社内で、「人員削減」や「再構築」を行なっていないのにリストラ候補に挙がっているのは「不当解雇逃れ」で、自主退社をさせるため嫌がらせで辞めたくなる状況を作り上げているのです。今回は「リストラストーカー」について説明していますが、似たようなことは職場内いじめとしてどの職場に存在します。

職場いじめとリストラストーカーの決定的な違い

職場のいじめは、リストラストーカーとほぼ同じで「無視・仲間はずれ」「無理な仕事の要求・押しつけ」「無理な仕事の要求・押しつけ」などが多いかと思います。リストラストーカーは、退職後もターゲットの評価を下げるためにネットで悪口を書き込んだり、転職先に嘘の情報を流したり仕事やプライベートまでもついて回る厄介者です。

リストラストーカーに気付いたら

リストラストーカーの構造

リストラストーカーに遭った被害者と、ターゲットにされてない社員の違いは、総務やカウンセラーに相談しても「あなたの被害妄想じゃないの?」と取り合ってくれません。他の社員には親身に相談を聞いているのに、リストラストーカーに遭うと聞く耳持たずで話になりません。もし、部署全体がリストラストーカーであれば、思い切って退職するという選択はありかと思います。

ただし、全ての人に「リストラストーカー」が効果あるわけではありません。例えば性格が図太い人なら、配置転換させられてもマイペースで仕事をしたり、仕事と割り切ってコツコツと仕事してる人もいますので、全てリストラストーカーの思い通りにはなりません。思い通りにならないから、パワハラやセクハラが起き、行き過ぎた行為が「リストラストーカー」となる仕組みです。

リストラストーカーに狙われると、どんなにミスをしないように工夫しても、必ず理由をつけて指摘されるます。理不尽な仕事や残業を押し付けるなど、ターゲットが「自主退職」するまで続きます。他の社員の目は「努力不足」「人付き合いが下手」など、誰もリストラストーカーという言葉を知らないので理解してもらうことが大変です。そのような状況から孤立して退職を考えるようになるのです。

自分でできるリストラストーカー対策

職場内の対策としては、「問題の社員に近づかないこと」この一言しかありません。自分で身を守るためにどうすれいいのかまとめてみました。

  • 自分以外に嫌がらせされている社員がいるかどうか、仲のいい社員に聞いてみる
  • 信用できる上司や先輩に相談してみる
  • 別の仕事をやりたいなど上司に相談して、リストラストーカーからなるべく距離をおく
  • シフトを同じ日にならないように調整してもらう
  • リストラストーカーが話す会話は一切無視して意識しないこと
  • リストラストーカーの加害行為は収集してみましょう

会社内で起こる嫌がらせに探偵社ができることは、証拠収集方法や機材レンタル・アドバイスなど限定的になります。社外であればできることが増えますので、社内で起こる嫌がらせは極力自分で行なうようにアドバイスしております。

リストラストーカーの相談先

リストラストーカーと同じ加害行為

リストラストーカーがいる職場でいかに自分の身を守れるか!
リストラストーカーの被害にあってる人は、理不尽な評価で追い込まれるケースがほとんどです。しかし、リストラストーカーという言葉を使うと、知らない人からは「精神的におかしい」という目で見られるので、ハラスメント問題で悩んでいると伝えるようにしてください。

プライベートでもつきまとわれてる場合、警察に「会社の人に付きまとわれてる」と相談してもいいと思います。他にもSNSでリストラストーカーに悩んでいる人も多くいます。それらの情報収集や、リストラストーカーに理解のある「探偵事務所」に相談することをお勧めします。

今の状況を受け入れること、自分の考え方を変えるだけでリストラストーカーから身を守ることは可能です。そのサポートする体制は整っていますので、1人で悩ずまずはお気軽にご相談ください。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

リストラストーカーに負けないで

リストラに追い込まれても自分次第

リストラストーカーの被害にあった方が職を失うのは珍しいことではありません。しかし、リストラストーカーが仕掛けてくるさまざまな嫌がらせに負けずに仕事を続けている方もおられます。次のような職場環境だと、嫌がらせに屈して退職することも少ないようです。

  • 勤務体制と勤務態度をしっかり評価する上司や役員がいるので、リストラストーカーの嫌がらせや仕事の妨害が査定に響かない。
  • シフト制なのでリストラストーカーと同じ時間帯にならない日が多い。
  • リストラストーカーが問題社員として再教育の対象となっている。
  • 被害を受けている社員が多く、上司も被害状況を把握しているため、リストラストーカーも表立った嫌がらせができない。

上述のように、リストラストーカーによる嫌がらせも職場環境や理解のある上司がいるかいないかで変わってきますが、「論より証拠」で物的な証拠がなければリストラストーカーを処分するのは難しいのが実際です。端的に言えば全ての元凶であるリストラストーカーを退職に追い込むのがいちばんの解決策ですが、現実は野放し状態が続いていると言ってもいいでしょう。

リストラストーカーの被害をなくす、もしくは減らすには、この問題をどれだけ多くの人に理解してもらえるかにかかってきます。最近はリストラストーカーによる嫌がらの相談に来られる方が増加しています。

本来なら企業が対処しなければならない問題ですが、私どものような調査会社が介入しないと解決にならないところまで事態は深刻になっているかもしれません。

被害者がやってはいけないこと

パワハラやモラハラ、セクハラなど、毎日のようにリストラストーカーの嫌がらせに遭っているとストレスが溜まると思います。しかし、自暴自棄にだけはならないようにしていただきたいと思います。自分を見失うと、解決への道も閉ざされてしまいます。それと、問題を起こしている人にはなるべく関わらないでください。

わざと巻き込もうと狙って騒いでいる可能性がありますので、リストラストーカーを行なう悪質な組織犯罪には1人で立ち向かわず専門家に相談してください。

リストラストーカーに関連するQ&A

Q

リストラストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にもリストラストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

Q

リストラストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。リストラストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「リストラストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

まず、現状について相談することから始めましょう。

リストラストーカー被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、リストラストーカー被害の状況、リストラストーカー対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop