集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > こんなことありませんか?集団ストーカーに狙われる理由
公開日: 2021/03/24
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/03/24

こんなことありませんか?集団ストーカーに狙われる理由

集団ストーカー行為の被害にあっている場合は、盗聴やGPS監視、つきまといなど様々な手法で嫌がらせされている可能性が考えられます。被害を防ぐには、手口を知る事が重要です。ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、集団ストーカー行為の調査に特化しており解決事例も豊富で、依頼人それぞれのお悩みに沿った解決方法をご提案することで、集団ストーカー行為の解決までスムーズに進めることを目指しております。

目次│集団ストーカー対策相談窓口

集団ストーカーとは何か?

集団ストーカーの特徴

集団ストーカーとは、ターゲットにした相手に集団で(もしくは組織的に)監視、つきまといなどの嫌がらせをすることを言います。集団ストーカーはターゲットが監視や盗撮などをしていることに気がつくまで、特に目立った行動は起こしません。

そのため、監視されていることに気付かない人もいます。都道府県ごとに迷惑行為防止条例が制定(改正)されたり、警察も「集団ストーカー」の犯罪を認識するようになったりしたことから、集団ストーカーも表立った嫌がらせを控えるようになりました。

しかし、複数人による集団が個人を監視する、つきまとうなどの嫌がらせは被害に遭った人にすれば、知らないうちに「盗撮されてるかもしれない」「監視されているかもしれない」と不安を覚え、恐怖を感じることに違いはありません。

心理学を応用した嫌がらせ集団

集団ストーカーはターゲットを精神的に追いつめるのが狙いです。ときには「会社で不倫をしている」「カッとなるとすぐに手が出て、暴行容疑で逮捕されたこともある」など、根も葉もない嘘や悪口を近隣に広め、周囲に「関わらないほうがいい人」「不審人物」と思わせるような嫌がらせをすることもあります。

そのような状況下で感情的になったり、激昂した姿を近隣住人に見られたりすると、集団ストーカーの思惑どおりになり立場も不利になります。このような「心理状態を利用した嫌がらせ」が集団ストーカーの手口になります。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

集団ストーカー被害事例

こんなことありませんか?

下記の事例は集団ストーカーの被害に遭った方々の声をまとめたものです。似たようなことが身の周りに起きていたら、集団ストーカーに巻き込まれている可能性を考えなければなりません。

  • 見かけない車両が自宅近辺をスマートフォンで撮影してる
  • イヤホンをつけて長時間ベンチに座っている人物をよく見る
  • 同じ車両をよく見るが、運転手が違っている
  • 歩きスマホをしてる人の向きが不自然
  • 減速せずに自転車が突進してきたり、何かぼそっと小声でいってくる
  • 集合住宅の場合、空き部屋に人の出入りが多い
  • 同じような服装のグループがニヤニヤ指差して歩く
  • スーツ姿の男女に付き纏われる感じで後ろを歩いてくる
  • 無言電話、間違い電話が頻繁にかかってくる
  • 自宅内で自分自身が振動してる感じがする
  • 大声で叫ぶ人が自宅近辺に増えた
  • 寝る時間になると体にピリッという痺れ、チクッという痛みがする
  • 家族には聞こえない音もしくは声が聞こえる
  • 会社や学校の行き帰りに車両、バイク、自転車、人の走行妨害が頻繁に起こる
  • 何もしてないのに警備員が後をついてくる
  • ワザと咳払いをする
  • 何か合図(タバコを吸う、髪の毛をかきあげる、突然笑う)を必死で見せようとする
  • 電化製品のトラブルが頻繁におきる
  • ネットで自分の個人情報を匿名で書かれたり拡散された
  • スマホで盗聴、盗撮された感じがする
  • 車両のハイビームの光がたびたび部屋の中に入ってくる。

集団ストーカーは、日によって加害行為をやめたり、やり方を変えてきたりしますので上記に当てはまらなくても注意が必要です。

集団ストーカーに狙われる理由

いつの間にか起きていた被害

  • 近隣トラブルから何年も続く複数人の嫌がらせ。
  • 先祖代々の因縁に巻き込まれる(祖父母の代で何かトラブルがあったなど)。
  • 過去の因縁や何かの勧誘を断ったなどの逆恨みされる。
  • 集団ストーカーにとっては誰でもよく人体実験にされた。
  • 誰かが、復讐代行や別れさせ屋などに依頼した。

集団ストーカーの被害は「誰でも起こる」犯罪に拡大してしまったことです。理由は加害者の都合が多く、先祖の家柄に異常な嫉妬感があるなど、当事者本人とは関係がない理由もあります。「どうして?私が?」とパニックになることは当然のことで、加害者はパニックになることを起こそうと必死で加害行為をおこなってきます。

ただし、上記に当てはまらない明確に理由がわかっている被害相談も増えていることから、「集団ストーカーマニュアル」は一般的に浸透しているとみて間違いないでしょう。

集団ストーカーの目的

集団ストーカーは組織犯罪

集団ストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある

集団ストーカーは組織で動いているので、特殊詐欺など、嫌がらせの背後には何かしらの犯罪が隠れている可能性もあります。昨今話題の煽り運転や学級内・職場でのいじめなどは、集団ストーカーの動きと類似した点も多く、もしかしたら犯罪組織に動かされているケースもあるのかもしれません。

海外では集団ストーカーは「ギャングストーキング」と呼ばれ、頻繁にニュースや雑誌などの特集で取り上げられていますが、日本では集団ストーカーが大々的に取り上げてられる機会はまだ少ないようです。

そのため「集団ストーカー」が逮捕案件に通じる犯罪だということはもちろん、「集団ストーカー」そのものを理解している人もまだ少ないようです。

感情をコントロールする力が必要

集団ストーカーの目的は、ターゲットにした相手につきまとう、監視するなどの嫌がらせをすることですが、その他にも嫌がらせを繰り返してターゲットを感情的にさせたり怒らせたりして、被害に遭っているのに「嫌がらせの加害者に仕立てる」ようなこともするので、どのような嫌がらせをされても、決して反撃に出たり、攻撃的な行動を起こしたりしないようにしてください。

物理的な暴力とは違う心理的な虐待

集団ストーカーに加担している人は、主犯格に命令されて動いている「駒」に過ぎません。指示どおりに動きますが、危害を加えてくるようなことはありません。プライバシーを覗き込み、盗撮や盗聴を繰り返す集団ストーカーは人権を無視した犯罪です。個人に対し集団でさまざまな嫌がらせをしてくるので恐怖を感じたり不安になったりするかもしれませんが、1人で悩まず私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

集団ストーカー対策が必要な方へ

集団ストーカー対策

集団ストーカーによる嫌がらせをやめさせ、問題を解決するには徹底した「証拠収集」が必要です。損害賠償請求や訴訟をお考えの場合、証拠がない状況で被害を訴えても、周囲は理解してくれるどころか「オオカミ少年(※1)」とみなされて孤立が進むだけです。

問題を解決したい方は私どもにお任せください。誰が嫌がらせをしているのか、主犯格の特定や嫌がらせの実態を証明する証拠の収集など、専門的なことは私どもにお任せいただき、ご依頼者は普段どおりに生活してください。

解決には協力者が不可欠

集団ストーカーの被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の妄想」や「思い込み」「ただの偶然」と決めつけることがあります。しかし、集団ストーカーは被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。

集団ストーカーは複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

※1「オオカミ少年」:繰り返し嘘をついていると、やがて周囲の人から信用されなくなってしまう童話

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカー被害の状況、集団ストーカー対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop