集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > こんなことありませんか?集団ストーカーに狙われる理由とポイント解説
公開日: 2022/03/15
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2022/03/15

こんなことありませんか?集団ストーカーに狙われる理由とポイント解説

集団ストーカーに関しては「もしかしたら」の初期段階で被害に気付くことができれば、圧倒的に有利に解決まで進めることができます。そして、集団ストーカー被害を防ぐには、その手口を知る事が重要です。ここでは、集団ストーカーに遭遇した人たちがいち早く気が付ける「ポイント」や「狙われる理由」をご紹介します。

目次│集団ストーカー対策相談窓口

集団ストーカーに狙われる理由とは?

専門家
集団ストーカー調査
2022年3月15日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、集団ストーカーでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

こんなことありませんか?

集団ストーカー被害の相談事例

下記の事例は集団ストーカーの被害に遭った方々の声をまとめたものです。似たようなことが身の周りに起きていたら、集団ストーカーに巻き込まれている可能性を考えなければなりません。

  • 見かけない車両が自宅近辺をスマートフォンで撮影してる
  • イヤホンをつけて長時間ベンチに座っている人物をよく見る
  • 同じ車両をよく見るが運転手が毎回違う
  • 歩きスマホをしてる人の向きが不自然
  • 減速せずに自転車が突進してきたり、何かぼそっと小声でいってくる
  • 集合住宅の場合、空き部屋に人の出入りが多い
  • 同じような服装のグループがニヤニヤ指差して歩く
  • スーツ姿の男女に付き纏われる感じで後ろを歩いてくる
  • 無言電話、間違い電話が頻繁にかかってくる
  • 自宅内で自分自身が振動してる感じがする
  • 大声で叫ぶ人が自宅近辺に増えた
  • 寝る時間になると体にピリッという痺れ、チクッという痛みがする
  • 家族には聞こえない音もしくは声が聞こえる
  • 会社や学校の行き帰りに車両、バイク、自転車、人の走行妨害が頻繁に起こる
  • 何もしてないのに警備員が後をついてくる
  • ワザと咳払いをする
  • 何か合図(タバコを吸う、髪の毛をかきあげる、突然笑う)を必死で見せようとする
  • 電化製品のトラブルが頻繁におきる
  • ネットで自分の個人情報を匿名で書かれたり拡散された
  • スマホで盗聴、盗撮された感じがする
  • 車両のハイビームの光がたびたび部屋の中に入ってくる。

集団ストーカーは、日によって加害行為をやめたり、やり方を変えてきたりしますので上記に当てはまらなくても注意が必要です。

学校で嫌がらせに遭遇する

学校でもいじめに遭遇する児童はかなりの数がいて、その中でも組織的な集団ストーカーが児童の背後について集団いじめをします。

いじめを受けている児童にとっては、「嫌いだからなのか」「スクールカーストなのか」「得体の知れない圧力が働いているのか」理由がわからないでしょう。

更に、一番の問題なのは自分の言葉で取り巻く状況を大人たちに理路整然と話すことが難しいことです。いじめの原因に集団ストーカーが関与していると、加害側の児童の背後に必ず大人がいます。

大人の指示によって加害役の児童は駒のように被害者へ扇動します。

他の人にはわかりづらいように、言い方や場所の指定をするなど、大人が加害アドバイスを加害児童に吹き込みます。よって、被害児童が自分の言葉で真実を伝えようとしても、妨害されてしまい周囲に状況を理解してもらえません。

職場で嫌がらせに遭遇する

職場では新入社員や転職社員に対するいじめもあります。もちろん、人それぞれ違った環境で生きていますので自分とは違う人がいると、そのことがきっかけでいじめることはあるようです。

会社が不要になった人材を切っていくためにいじめを行なうケースもあります。集団ストーカーのターゲットにされると、どこへ転職しても行く先々で集団ストーカーが手をまわし、風評工作やプライバシーの侵害によってターゲットを退職に追い込むのです。

現代において職場を転々と余儀なくされ、引きこもりにされることは、人生を奪われるに等しいのではないでしょうか。

インターネットで嫌がらせに遭遇する

ターゲットの悪口や誹謗中傷などは、ネット掲示板や動画サイト、SNSなどで仄めかします。それらを、ターゲットが視聴したり読むことで、自分のことだとわかるようにさりげなく仕向けます。集団ストーカーの被害者は大体、ネットを通して嫌がらせを受けている人が多いです。

最近増えた外国人の存在について

Q

外国人も集団ストーカーに加担することがあるのでしょうか?また、外国人集団ストーカーはどのような対策が効果的でしょうか?

A

外国人は日本人より信仰心が強いため、宗教の思想をもとに「悪を凝らめる」ために正義感をむきだして行為をする傾向が強いのも特徴の1つです。集団ストーカーは日本だけではなく、韓国、インド、タイ、アメリカ、カナダなど「ギャングストーキング」の犯罪は多発しています。外国人の加担者がいてもおかしくありません。相談者ができることは、外国人集団ストーカーも基本的には「無視」することです。できれば映像として記録に残してほしいですが、安全を確保しているつもりでも、危険は突然襲いかかってきます。証拠収集が難しいようであれば無理せず専門家にご相談してください。

集団ストーカーは組織犯罪

集団ストーカーに加担する外国人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある

集団ストーカーは組織で動いているので、特殊詐欺など、嫌がらせの背後には何かしらの犯罪が隠れている可能性もあります。昨今話題の煽り運転や学級内・職場でのいじめなどは、集団ストーカーの動きと類似した点も多く、もしかしたら犯罪組織に動かされているケースもあるのかもしれません。

海外では集団ストーカーは「ギャングストーキング」と呼ばれ、頻繁にニュースや雑誌などの特集で取り上げられていますが、日本では集団ストーカーが大々的に取り上げてられる機会はまだ少ないようです。

そのため「集団ストーカー」が逮捕案件に通じる犯罪だということはもちろん、「集団ストーカー」そのものを理解している人もまだ少ないようです。

集団ストーカーに狙われる理由

いつの間にか起きていた被害

  • 近隣トラブルから何年も続く複数人の嫌がらせ。
  • 先祖代々の因縁に巻き込まれる(祖父母の代で何かトラブルがあったなど)。
  • 過去の因縁や何かの勧誘を断ったなどの逆恨みされる。
  • 集団ストーカーにとっては誰でもよく人体実験にされた。
  • 誰かが、復讐代行や別れさせ屋などに依頼した。

集団ストーカーの被害は「誰でも起こる」犯罪に拡大してしまったことです。理由は加害者の都合が多く、先祖の家柄に異常な嫉妬感があるなど、当事者本人とは関係がない理由もあります。

「どうして?私が?」とパニックになることは当然のことで、加害者はパニックになることを起こそうと必死で加害行為をおこなってきます。ただし、上記に当てはまらない明確に理由がわかっている被害相談も増えていることから、「集団ストーカーマニュアル」は一般的に浸透しているとみて間違いないでしょう。

集団ストーカー対策費用について

集団ストーカー費用について

集団ストーカー対策で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。集団ストーカー対策で一番重要なことは、「調査した時間帯に何も起こらなくて調査が終わってしまった」など、無駄を避けなくてはなりません。たった4~5時間調査して「何もなかった」では解決は期待できません。

ストーカー・嫌がらせ専門窓口では、集団ストーカーがいつくるかわからない方のために、時間を気にしないで調査ができるプランがありますのでお気軽にお問合せください。

集団ストーカー対策費用 基本料金 132,000円

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

調査料金の比較

集団ストーカー対策が必要な方へ

奪われた人生を取り戻すために

集団ストーカーはあらゆる方法でターゲットの人生を破壊する工作をします。だからといって、なす術が無いと諦めてはいけません。本当に解決を望んでいるのであれば、私ども「対策専門窓口」にご相談ください。あなたの人生を取り戻すサポートをいたします。

解決には協力者が不可欠

集団ストーカーの被害を訴えると、聞く耳を持とうとしない人は「統合失調症の妄想」や「思い込み」「ただの偶然」と決めつけることがあります。しかし、集団ストーカーは被害に遭った方の妄想や思い込みなどではなく、「れっきとした犯罪」行為です。

集団ストーカーは複数のメンバーで嫌がらせやつきまといなどの行動に出るため、どのくらいの規模、人員で動いているのかわからないと、誤って無関係の人を犯人と名指ししてしまう危険を伴います。

早計な判断は解決までの遠回りになるので、勢いに任せるなど根拠のない行動は慎むようにしましょう。怪しいと思った人がいても、専門家に確認するようにしてください。

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop