集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例

Group-Stalker case

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカー解決事例 > 集団ストーカー被害体験談と情報の見極め方と解決方法
公開日: 2022/03/19 最終更新日: 2023/01/27
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカー解決事例
 公開日: 2022/03/19 最終更新日: 2023/01/27

集団ストーカー被害体験談と情報の見極め方と解決方法

このページでは、当対策専門窓口で調査した「集団ストーカー」を体験談風にまとめております。

集団ストーカーに早期に気づいて正しい情報収集をする方法を知って頂くことが目的なので、参考にしていただければ、今起きているトラブルの原因を探る手助けになると思います。

⇒ 執筆者 / 監修者ページ  / 2022年12月6日 更新

※犯罪の性質上、未成年者及び現在心神耗弱状態の方は、「保護者の同意」および「親族の立ち合い」をお願いすることもあります。

目次│集団ストーカー相談窓口

1- 集団ストーカー体験談

状況証拠と物的証拠

集団ストーカー解決の鍵握る証拠には大きく分けて2種類あり「状況証拠」「物的証拠」になります。

集団ストーカー解決を導くための証拠はできるだけ証拠能力が高い(相手に嫌がらせ行為を認めさせる決定的な証拠)ものを選んでいく必要があります。

体験談から解決に導く

自らが成功・失敗したことからは、学び成長し、また多くのことを経験することが大切といわれるのは理解できるはずです。

そして、究極の理想形は、「他人の経験からも学ぶ」ことです。

一人の人間が人生を通じて経験できることにも限界があり、同じような悩みで解決した事例、失敗した事例をどんどん吸収し、それを自分の状況に置き換えて問題解決に向けて行動することが理想でしょう。

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、過去に経験した事例や体験談などの情報を発信しております。

同じようなお悩みを抱えている方に、少しでも参考になれば幸いです。

まずは、どのようにして解決まで進んだのか見ていきましょう。

依頼人
依頼人

自宅まで来ていただくことは可能でしょうか?

調査担当者
調査担当者

ご自宅まで伺うことは可能です。

しかし、集団ストーカーの被害に遭われているのであれば、自宅以外の場所が良いかと思います。

盗聴盗撮や監視の可能性も視野に、バレないように接触した方が安全なので事務所にお越しいただくことは可能ですか?

依頼人
依頼人

ホームページに書いてある場所ですね、わかりました。

調査担当者
調査担当者

当相談室は、携帯電波はもちろんGPS電波も妨害できるので安心してお話ください。

集団ストーカーや嫌がらせ被害に遭われている方の自宅は、盗聴盗撮の可能性がありおすすめしていません。

また、犯人が近くに住んでいることも考えられるので見られないようにする必要があります。

相談室が遠くて行けない場合は、個室(カラオケ・会議室など)で打ち合わせするか、車中で打ち合わせするようにお伝えください。

依頼人
依頼人

実は、盗聴盗撮されているのかわかりませんが、自分の周りでおかしなことが起きているんです。

調査担当者
調査担当者

では、詳しくお聞かせください。

依頼人
依頼人

全く気にしなかったことですが、ゴミを出すために外に出ると決まって近所の人がゴミ出しをしたり、出かけようとすると車のクラクションや見かけない車が自宅前に停車しているんです。

駅の方に歩いていくとゆっくり車も動き出して、運転手をみるとスマートフォンを片手に電話している仕草をよく見るようになりました。

調査担当者
調査担当者

以前はそのような場面に出くわしたことはなかったのでしょうか。

依頼人
依頼人

はい。ゴミ出しは、近所の人は夜に出すことが多かったのに、いつのまにか朝に出すようになりました。

車もいつも自宅周辺に停車してるし気味が悪くて。この前気が付いたのですが、玄関の郵便ポストにも何かされた形跡がありました。

調査担当者
調査担当者

玄関まで入ってきたということは住居侵入になります。

この犯人はリスクを取って行動していることから、放置しているとエスカレートするかもしれません。

他に、何か変わったことは?

依頼人
依頼人

最近、ご近所から白い目で見られて悪い噂が意図的に流されている気がします。

警察に相談しても「勘違いじゃない?」と、被害妄想扱いされ警察もあてにならないんです。

調査担当者
調査担当者

話を聞いてると、誰かが依頼人の悪評を拡散された可能性があります。

このような場合、調査範囲を広げても犯人側に振り回されてしまう可能性がありますので、証拠がとれやすい加害行為に絞り調査を行ないましょう。

1つでも被害を証明すれば、いままで協力してくれなかった人も理解してくれるようになり、力になってくれます。

必ず解決させますのでお任せください!

依頼人
依頼人

よろしくお願いします。この嫌がらせが終わって普通に暮らせるだけでいいのです。

慰謝料請求など考えてなく、今後一切かかわらないようにすることが希望です。

集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。

家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。

もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口のコンシェルジュサービス」をお頼りください。

依頼人
依頼人

今!自宅前に例の車が止まっています!!

特徴はマスクにサングラス。

助手席にスマホを持った女の人もいて怪しいです。

やはり「集団ストーカー」に巻き込まれたのでしょうか。

調査担当者
調査担当者

大丈夫です。

周囲を張り込んでいる調査員が車を見張っています。

不審な行動があれば、撮影したあと追尾するようにします。

調査員とやりとりしていますが、運転席に男が乗っまま停車しているとのことです。

依頼人
依頼人

盗聴されてるのでしょうか!怖いです!

調査担当者
調査担当者

盗聴発見調査を行いましょう。

盗聴器が発見されたら室内の会話を聞いて可能性が高いでしょう。

おそらく、監視していることをアピールすることが目的で停車しているかと思います。

盗聴盗撮をしているのであれば、その男女以外に別の場所で潜んでいるでしょう。

調査担当者
調査担当者

盗聴器は仕掛けられていません。

今日のところは自宅前に停車してる車を追跡します。

今日はなるべく家にいるようにしてください。

あと、監視カメラの記録をお借ります。

集団ストーカーの人数も絞れるかもしれません。

依頼人
依頼人

盗聴されてないのであれば安心です。

分かりました。

調査担当者
調査担当者

ご自宅前に停車した車を追尾した結果、数キロ離れた〇〇アパートに住んでいる男だと分かりました。

この写真の人物に心当たりがありますか?

女性の写真もご確認ください。

依頼人
依頼人

この男性は何度か来たことがある新聞の勧誘です!

異変に気付く前に新聞の勧誘にきた人に似ています。

近くに新聞の販売店がありますから、おそらく断られた腹いせにストーカーしているのではないでしょうか。

女性は見覚えありませんが、女性が主犯ってことありますか?

調査担当者
調査担当者

集団ストーカーの始まりは、情報収集するために何かの勧誘になりすまして頻繁にくるケースが多いんです。

新聞販売店の社員かどうか、その日にセールスに行ったかなど確認してみます。

また、悪評を広めるために「新聞勧誘」のふりをして、近隣に言いふらすこともあるので周辺で軽く聞込みを入れてみます。

依頼人
依頼人

よろしくお願いします。

調査担当者
調査担当者

新聞販売店での聞き込み調査の結果、写真の人物は働いていませんでしたが、近隣住民が井戸端会議をしていたので軽く聞いてみたら、スーツ姿のリフォーム営業マンが依頼人のことを聞きまわっていたみたいです。

その時に、悪口などひろめた可能性がありますね。

新聞屋や営業マンになりすまし、ストーカーを行なう人がいるので気を付けてください。

依頼人
依頼人

新聞勧誘の人ではないなら、一体犯人は誰でしょうか?

家の前に停車していた人が関与していることは間違いないと思うのですがいかがでしょうか?

二度とこんなことしないようにして欲しいです!

調査担当者
調査担当者

今回の調査で得た「車の男女」が継続した監視行為が確認されれば、迷惑行為防止条例違反に該当する「つきまとい」で対応できます。

他にも、住居侵入や器物破損も自白すれば損害賠償請求も可能です。

しばらくは、「車の男」を監視してみましょう。あと、同乗していた女性も気になりますので再度調査してみます。

依頼人
依頼人

とにかくやめさせてください!

引き続きよろしくお願いします。

依頼人の協力のもと、隠しカメラを設置し不審人物を特定することに成功しました。

例の男性は、その後一回だけ自宅の前で停めてアピールしていただけなのですが、女性が何度か自宅周辺にきて玄関にゴミを置いたり、男になにか合図を送っている姿を確認することができました。

他にも協力者らしき人も映っていましたが、不法侵入まではしておらず、見ているだけなので証拠としては難しいので省きました。

おそらく「ガスライティング」をしようとしていたのではないかと思います。

隠しカメラの存在に気付かずに嫌がらせをしていたことは動かぬ証拠となり、警察署に被害届を提出することができました。

おそらく、風評被害も女性が男性に指示したのではないかと思いますが、警察の事情聴取に期待するしかありません。

その後、依頼人に確認したところ不審車は見かけなくなり、以前の生活に戻りつつあると連絡がきました。

2- 集団ストーカーの目的

集団ストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。

考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある

集団ストーカーは組織で動いているので、特殊詐欺など、嫌がらせの背後には何かしらの犯罪が隠れている可能性もあります。

昨今話題の煽り運転や学級内・職場でのいじめなどは、集団ストーカーの動きと類似した点も多く、もしかしたら犯罪組織に動かされているケースもあるのかもしれません。

海外では集団ストーカーは「ギャングストーキング」と呼ばれ、頻繁にニュースや雑誌などの特集で取り上げられていますが、日本では集団ストーカーが大々的に取り上げてられる機会はまだ少ないようです。

そのため「集団ストーカー」が逮捕案件に通じる犯罪だということはもちろん、「集団ストーカー」そのものを理解している人もまだ少ないようです。

感情をコントロールする力が必要

集団ストーカーの目的は、ターゲットにした相手につきまとう、監視するなどの嫌がらせをすることですが、その他にも嫌がらせを繰り返してターゲットを感情的にさせたり怒らせたりして、被害に遭っているのに「嫌がらせの加害者に仕立てる」ようなこともするので、どのような嫌がらせをされても、決して反撃に出たり、攻撃的な行動を起こしたりしないようにしてください。

物理的な暴力とは違う心理的な虐待

集団ストーカーに加担している人は、主犯格に命令されて動いている「駒」に過ぎません。

指示どおりに動きますが、危害を加えてくるようなことはありません。

プライバシーを覗き込み、盗撮や盗聴を繰り返す集団ストーカーは人権を無視した犯罪です。

個人に対し集団でさまざまな嫌がらせをしてくるので恐怖を感じたり不安になったりするかもしれませんが、1人で悩まず私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

3- 集団ストーカーに気づくタイミング

こんなことありませんか?

下記の事例は集団ストーカーの被害に遭った方々の声をまとめたものです。

似たようなことが身の周りに起きていたら、集団ストーカー犯罪に巻き込まれている可能性を考えなければなりません。

しかし、自分が集団ストーカー被害に遭っていることを自覚した時点で、加害者側の「監視下」に置かれているため、さまざまな情報が筒抜けになってしまうかもしれません。

  • 何度も尾行されたことがある。
  • 自宅を監視されている気がする。
  • ネットストーカーに個人情報を拡散された。
  • 根も葉もない噂が流されていた。
  • 進路妨害する車が増えた。
  • 知らない人に「趣味」を仄めかされた。
  • ガスライティングと思われる被害がある。
  • 夜中の騒音で不眠症になった。

4- 情報収集する前に必見

集団ストーカー問題を早期解決する方法

インターネットの社会では”相手の真実の情報がわかりづらい”ため、加害側が「集団ストーカーの被害に遭っている」書き込みをしていることがあります。

これは工作ですが、加害側にとって都合の良いことを書くことで、被害者にとって不利な心理状況をつくり出す狙いがあります。

また多数の人が見ることを狙って、意図的な同調圧力を社会的に整備する狙いもあります。

被害者は注意深く書かれたことを判断することで、何が真実で何が適切でないかご自身で見分けることか可能です。

客観的に書かれたことの精査をご自身で見極めることができれば、加害の意図する方向ではなく考え方を正しい方向へ修正することで余計な心配に振り回される必要がなくなります。

4-1 被害者なりすました掲示板の書き込み

集団ストーカーとインターネット上の書き込み

書き込み内容を全て信じると“逆効果”も…

集団ストーカーの被害者が知りたい情報は真実です。

最近では情報リテラシーが高い読み手が多くなったため、検索エンジンよりも掲示板から生の情報(Twitterなどで)を収集している人が増えています。

5ちゃんねるの情報は、”どういう人物がどのようなバックグラウンドで生活して書いたのか非常にわかりにくい”ため、その特性を活かして加害側が被害者を混乱に陥れたり、抜け道のない袋小路へ追いやる考え方へ誘う物言いをすることに特徴があります。

「解決させないことで被害者をずっと加害する」ことを名目としてインターネットに書き込みすることも工作員の仕事となっています。

そのため、安易に書かれた内容を鵜呑みにするのはやめましょう。

4-2 解決できないと思わせる書き込み

例えば、被害者を解決させたくないために一部は真実を書いておきながら他方では「だから被害者はどんなに頑張っても解決できない」ことを仄めかしていることがあります。

これは「結局、被害者は真実を知ったところでどうにもならないんだよ」と言いたげに書いてあることがあります。

しかし、加害者が書いた情報には真実が書いてあることもあります。

内部で共有してきたことが書かれていることもあり、どうやら加害者が逮捕されるかもしれないことを危惧している印象の書き込みもあります。

最近ではある程度のカミングアウトの情報が加害側からされることがあります。

しかし、被害者が忘れてはいけないことは加害者というのは加害することで生計を立てている者が存在する事実です。

つまりその生計を自ら絶ってまで暴露する存在は少数派ということです。

安易に書かれていることを全て鵜呑みにすることなく、情報の取捨選択を自らの判断ですることが求められます。

4-3 被害者になりすましたブログの書き込み

”精神科へ通っている被害者のわたし”にご注意

加害者の書き込みで、特に迷走しているのがブログです。

Twitterのように旬なリアルタイムの書き込みでないために、ブログは日記タイプに書き込みが年月日で記録されているものがほとんどです。

ある程度の期間まで書き込みされており途中で終了したブログも結構な数があります。

ブログ途中放棄のなかには、実際に被害を受けていた方が加害側との交渉に応じて被害がなくなり書き込まなくなった人もなかにはいるようです。

なかには、書き込みをすることを途中で放棄した理由もわからない被害者もいます。

無数のブログのなかには、被害をあからさまに綴りながら自分は精神科へ通院しており精神病を患っていることを強調し、被害は病気であることを暗に仄めかしている工作員の書き込みもあります。

どのような被害を書いたとしても「書いている本人が精神科へ通院中であるから、書かれていることは精神病が原因なのだ」と読み手に訴えることに成功します。

同じ被害者がこの被害者のブログを読んだら、がっかりしますよね。「この人は精神病と周囲から言われていることをこの筆者のブログから払拭することができない」と読み手は落胆してしまいます。

書き込みの目的

被害の真相解明をさせること、真相究明をされることを断つ「きっかけ」をつくりたいのです。

加害工作としてのブログは、被害に遭ってはいない他の人への社会的な同調圧力にも一役買っています。

‟集団ストーカーの被害を言う人は、決まって精神病である”このようなレッテルを社会的に被害者に貼ることは非常に加害がやりやすい。

掲示板やブログの書き込みをする専門の工作員がいても不思議ではありません。

しかし、読み手の情報リテラシーが高くなることで、集団ストーカーがおこなっていることを正しく見ることができれば、安易な脅迫めいた仄めかしを避けることは可能です。

5- 集団ストーカーを撃退するための大切なポイント

被害者がやってはいけないこと

集団ストーカーの一番の目的として考えられることは『ターゲットを陥れること』です。ターゲットをじわじわと追い詰め、「精神的な余裕」と「行動の自由」を奪うことで選択肢を狭め、自滅させようとします。

そうならないためには、自分がすべき行動をコントロールすることが重要です。

敵はそこまで多くない

不特定多数の人から嫌がらせを受けてしまうとどうしても疑心暗鬼になってしまいます。

そうなると行く先々に現れる人が全員敵だと思い込んでしまう場合があります。

このように自分の遭っている被害が自分が思う規模と実際の規模とで差を生まれてしまうと、『すべての行動が筒抜けだから意味がない』と思ってしまい、自ら行動を著しく制限してしまう場合があります。

上記のように全て敵だと思い込んでしまうと、『自分しか信じられない』という思考になりがちです。

『全員が敵』であると誤認した状態で犯人を特定しようとしてしまうと、全く関係のない赤の他人を加害者と思い込んでしまうこともあるのです。

もしもそのような状況になれば名誉棄損で訴えられる危険性があります。

正しい判断がつかない状況では、自分でできる正しい行動は慎重に決めるべきです。

諦めてしまうこと

最もやってはいけないことが現状を打破せず諦めてしまうことです。

集団ストーカー被害の実態が分からないまま放置しておくと、加害行為がエスカレートしてしまうことがあります。

こうなると完全な負のループに陥り、解決に向かうことはありません。

被害者がすべきこと

集団ストーカー被害で自分がしてはいけないことを把握したうえで、今度は何をすべきなのか? 大切なことは以下の通りです。

  • 信頼すべき相手を疑わないこと
  • 全員が敵だと思う前に、本当に信頼すべき『絶対の味方』を疑わないことで本当の協力者となり解決に近づいていくのです。

    集団ストーカーに精通した専門家も一つの選択肢となります。

  • 慎重に行動すること
  • 誤った行動は時に自分の首を絞めることに繋がります。

    親身になってくれる存在がいれば、自分がどのように行動すれば良いのかアドバイスをしてくれるはずです。

  • 諦めないこと
  • 実態を全くつかめない状況で『何もわからないからどうしようもない』と諦めてはいけません。

    被害の解決に導いてくれる味方がいれば、専門的な視点から糸口をつかめるかもしれません。

    何が良くて、何がダメなのか、正しく恐れ諦めないことが被害解決のために一番大切なことです。

5-1 集団ストーカーを早期解決するために

実行犯の割り出しから

集団ストーカーに加わっているメンバーは、身元がバレるのを何よりも恐れます。

そのため、誰が嫌がらせに加担しているのかをターゲットや世間に知られないように、数ヵ月ごとにメンバーを入れ替えたり、他の地域へ派遣させたりする集団もいます。

集団ストーカーは、徒党を組まなければ何もできない「小心者たちの集まり」と言っても過言ではありません。

しかし、集団になったとき、組織的に動く彼らの結束力や団結力を甘く見てはいけません。

プロファイリングされている被害者

彼らはターゲットにした相手の家族構成や家庭環境、交友関係、職場環境などを徹底的に調べあげ、どのような嫌がらせをするのが最も効果的でダメージが大きいかを計算しています。

他の人ならほとんど気にならないようなことでも、ターゲットが不快に感じたり苦手にしたりしていることを執拗に繰り返して精神的な苦痛を与えようとします。

そのような集団ストーカーに1人で立ち向かおうとするのは無謀であり、危険でもあります。

つきまといやストーカー行為をやめさせようとして躍起になればなるほど、嫌がらせはエスカレートしかねません。

多勢に無勢では太刀打ちできない場合がほとんどなので、私ども「対策専門窓口」をお頼りください。

集団に対抗する方法

ストーカー行為や嫌がらせをやめさせる第一歩として、対策専門窓口では、ストーカー集団を束ねている主犯格もしくは実行犯を割り出し、身元を特定します。

そのうえで、警察に被害届を出す、精神的苦痛を被ったとして損害賠償請求をする、訴訟を起こすなどの措置をとることもできますが、いずれの場合でも被害の実態を証明する証拠が必用になります。

証拠の収集および警察署や裁判所に提出する書類の作成も私ども対策専門窓口がお手伝いします。

1人で悩んだり、集団ストーカーに立ち向かおうとしたりせず、まずは私たちに話を聞かせてください。

大切なのは集団ストーカーや嫌がらせをやめさせるだけでなく、二度とさせないことです。

私どもと一緒に集団ストーカー問題を解決していきましょう。

5-2 集団ストーカー調査のご相談・依頼方法

犯罪を見過ごしてしまうリスク

現在起きていることを妄想だと信じている「被害者」は、「加害者」からしたら何をしても大丈夫だと思い、エスカレートしながら「どこまで大丈夫なのか」試されてしまいます。

エスカレートしてもやり方は変わらず、日常生活に紛れ込む「ガスライティング」「ほのめかし」「アンカリング」を少し過激にして、意識させるように仕向けてきます。

意識させる理由は、完全に妄想だと思い込んでしまうと嫌がらせを受け入れてしまうので、嫌がらなくなります。

加害者側は、嫌がらせを行なう理由の1つに「嫌がる反応をみる」ことに執着する人がいます。

反応しないとエスカレートし、反応すると喜びまた同じことを繰り返す、無限ループの状況なのです。

そのうちに、加害者が作り出すループから抜け出せないとあきらめて、仕事や仲間を捨てて外部との接触を嫌う生活をします。

完全に孤立した状況から元の生活に戻すのは大変なので、集団ストーカーかもしれないと思った段階で相談する必要があります。

調査の力で未来を切り開く

探偵社に相談・依頼するということは、ご依頼者にとっては人生の一大事かと思います。

しっかりとお話しを聞き、打ち合わせを重ねて、ご依頼者の意向をくんだ結果に導くことを常に心がけています。

ご依頼者のなかにはどのように解決させるか決まっている方もいれば、どんな調査が望ましいのかわからないという方もいらっしゃいます。

どんなに複雑に見え、困難と思える問題でも、必ず解決の道はありますので、困った時にはお気軽にご相談ください。

流れ
無料相談

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカーに関する質問や要望などのご相談が可能です。

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop