集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 群集心理により引き起こされた「集団ストーカー」
公開日: 2021/03/25
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/03/25

群集心理により引き起こされた「集団ストーカー」

集団ストーカーが関与した場合、稀に嫌がらせを1人でやることもありますが、基本2人か3人など複数の人が分担して嫌がらせを行っています。そのなかには「金銭の授受」も含まれ、「生活のために」やっている人の存在が確認されています。

目次│集団ストーカー相談窓口

チーム制で動く集団ストーカー

複数なのはお互いに監視しているため

1人では何もできないから複数で嫌がらせするという心理は「同じ穴のムジナ」であると認識させ、嫌がらせ行為自体をやめさせないように仕向けています。複数の追尾もたいてい2~3人ぐらいのチームで、前後に配置してバレないように行なう例は、全国的に報告が多く探偵業でも行なう作戦でもあります。

集団ストーカー実行役の現状

単発的な嫌がらせならまだしも、長期間続ける嫌がらせには、予算や人材探しなどコストがかかるため限界があります。嫌がらせをしてる人は最初は被害者を見下した態度を見せますが、月日が経つにつれ顔の表情は険しくなり、無表情でイヤイヤやってる人も見かけるほどです。

逃げようと考えても常に見張り役がいて監視状態。実行役は被害者より深刻な状況に置かれてることはよくあることです。嫌がらせをする実行役に同情する余地はありませんが、実行役と監視役の関係を断ち切って、被害者が平穏な暮らしができるように全力を尽くします。

みんなでやれば怖くない心理

群集心理について


群集心理とは、群集の中に生まれる特殊な心理状態。衝動的で興奮性が高まり、判断力や理性的思考が低下して付和雷同しやすい。
参照:コトバンク https://kotobank.jp/word/群集心理-58358

暗示のかかりやすい

集団の中の1人になると、いつもは冷静な人でも誰かの意見に簡単に乗ってしまったり、周りに流されて行動したり、自分達が強くなったような気がして攻撃的になることもあります。集団ストーカーとは、ある意味「洗脳」を悪用した嫌がらせでもあります。群集心理が悪く働くと、個人への集団リンチが生まれたり、個人への集団ストーカーを起こしたりと、歯止めが効かないのが特徴です。

集団ストーカーの被害相談事例

  • 集団での咳払い(アンカリング)がひどいため、故意であることを確認したい。
  • 近隣がグルになり電磁波を発生させて睡眠妨害されている。
  • 行く先々でみるストーカー(男女問わず)に悩まされている。
  • いずれ終わると思い毎日苦痛を強いられながら生活してきたが悪化してしまった。
  • 学生時代に根も葉もない噂が広まり、それが社会人になった今も続いている。
  • こちらの動きや部屋の中が見えているかのような言葉を仄めかしてくる。
  • 「家の前にくるかもしれない」と毎日が不安で落ち着かない。

集団ストーカーの目的

集団ストーカーは組織犯罪

集団ストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある

集団ストーカーは組織で動いているので、特殊詐欺など、嫌がらせの背後には何かしらの犯罪が隠れている可能性もあります。昨今話題の煽り運転や学級内・職場でのいじめなどは、集団ストーカーの動きと類似した点も多く、もしかしたら犯罪組織に動かされているケースもあるのかもしれません。

海外では集団ストーカーは「ギャングストーキング」と呼ばれ、頻繁にニュースや雑誌などの特集で取り上げられていますが、日本では集団ストーカーが大々的に取り上げてられる機会はまだ少ないようです。

そのため「集団ストーカー」が逮捕案件に通じる犯罪だということはもちろん、「集団ストーカー」そのものを理解している人もまだ少ないようです。

感情をコントロールする力が必要

集団ストーカーの目的は、ターゲットにした相手につきまとう、監視するなどの嫌がらせをすることですが、その他にも嫌がらせを繰り返してターゲットを感情的にさせたり怒らせたりして、被害に遭っているのに「嫌がらせの加害者に仕立てる」ようなこともするので、どのような嫌がらせをされても、決して反撃に出たり、攻撃的な行動を起こしたりしないようにしてください。

物理的な暴力とは違う心理的な虐待

集団ストーカーに加担している人は、主犯格に命令されて動いている「駒」に過ぎません。指示どおりに動きますが、危害を加えてくるようなことはありません。プライバシーを覗き込み、盗撮や盗聴を繰り返す集団ストーカーは人権を無視した犯罪です。

個人に対し集団でさまざまな嫌がらせをしてくるので恐怖を感じたり不安になったりするかもしれませんが、1人で悩まず私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

集団ストーカーを早期に解決するには

実行犯の割り出しから

集団ストーカーに加わっているメンバーは、身元がバレるのを何よりも恐れます。そのため、誰が嫌がらせに加担しているのかをターゲットや世間に知られないように、数ヵ月ごとにメンバーを入れ替えたり、他の地域へ派遣させたりする集団もいます。

集団ストーカーは、徒党を組まなければ何もできない小心者たちの集まりと言っても過言ではありませんが、しかし、集団になったとき、組織的に動く彼らの結束力や団結力を甘く見てはいけません。

プロファイリングされている被害者

彼らはターゲットにした相手の家族構成や家庭環境、交友関係、職場環境などを徹底的に調べあげ、どのような嫌がらせをするのが最も効果的でダメージが大きいかを計算しています。他の人ならほとんど気にならないようなことでも、ターゲットが不快に感じたり苦手にしたりしていることを執拗に繰り返して精神的な苦痛を与えようとします。

そのような集団ストーカーに1人で立ち向かおうとするのは無謀であり、危険でもあります。つきまといやストーカー行為をやめさせようとして躍起になればなるほど、嫌がらせはエスカレートしかねません。多勢に無勢では太刀打ちできない場合がほとんどなので、私ども「対策専門窓口」をお頼りください。

集団に対抗する方法

ストーカー行為や嫌がらせをやめさせる第一歩として、対策専門窓口では、ストーカー集団を束ねている主犯格もしくは実行犯を割り出し、身元を特定します。そのうえで、警察に被害届を出す、精神的苦痛を被ったとして損害賠償請求をする、訴訟を起こすなどの措置をとることもできますが、いずれの場合でも被害の実態を証明する証拠が必用になります。

証拠の収集および警察署や裁判所に提出する書類の作成も私ども対策専門窓口がお手伝いします。1人で悩んだり、集団ストーカーに立ち向かおうとしたりせず、まずは私たちに話を聞かせてください。大切なのは集団ストーカーや嫌がらせをやめさせるだけでなく、二度とさせないことです。私どもと一緒に集団ストーカー問題を解決していきましょう。

集団ストーカーに関連するQ&A

Q

集団ストーカーは解決できる?

A

解決できます。方法は2通りあって、1つは警察に被害届を出すことです(状況によっては所轄の警察署長から「警告」「禁止命令」を出してもらうこともできます)。もう1つは主犯格を突き止め、嫌がらせをやめてもらうよう直接交渉することです。いずれの場合でも嫌がらせを証明する証拠が必要になります(ご依頼をいただければ私どもが証拠の入手、被害届を提出する際の書類の作成もお手伝いいたします)。また、主犯格と直接交渉する際は、被害に遭った方が単独で交渉に臨むのは危険なので、警護を兼ねて私どもの調査員が「立会人」として同席いたします。その他にも集団ストーカーによる嫌がらせが理由で体調を壊した、精神的な苦痛を被ったとして主犯格を訴える、損害賠償を請求するなどの方法もありますが、こちらは弁護士に訴訟準備等の依頼をしていただくことになります。

Q

集団ストーカーの被害にあっていますけど、信じてくれますか?

A

もちろんです!まずは現状をお聞かせください。集団ストーカーの嫌がらせや被害を訴えたとき、「気のせい、考えすぎ」「被害妄想」といったように受け流されたり、場合によっては精神疾患を疑われたりするケースが多く見受けられますが、気のせいで片づけようとする人は「集団ストーカー」を知らないからだと思っていいかもしれません。家族や友人に苦しみを打ち明けたいのであれば、あなたの話を信じてくれる人にしましょう。もし、誰も話を聞いてくれそうにないときは、私どもの「対策専門窓口」をお頼りください。無料相談およびコンシェルジュサービスを設けております。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop