集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカーが必死にスマホを監視する理由
公開日: 2021/03/27 最終更新日: 2021/03/29
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/03/27 最終更新日: 2021/03/29

集団ストーカーが必死にスマホを監視する理由

昨今の集団ストーカーハッキング技術において、被害者のスマートフォンを監視することが主流となっています。およそ四半世紀前から始まったいわゆる携帯は現在スマートフォン機器へと姿を変えています。現在スマートフォンはあらゆる個人活動の必需品となっていますが個人情報そのものであるスマートフォンがまさに犯行の主たるハッキング対象となっています。

目次│スマホ監視被害相談窓口

スマートフォンが監視対象の理由

”集団ストーカーは本当に存在するの”と疑問に思う方は、当対策窓口で情報発信していますのでお時間あればご確認ください。最近では集団ストーカー被害者の方々のブログは多く、決して誇張や妄想ではない事実に基づく日常生活を綴っておられるようです。集団ストーカー被害者が書かれている内容には、「共通して同じような手法が行われている」ことがわかります。

とりわけスマートフォン(以下スマホ)は今やほとんどの方が持っており、位置情報などで個人特定もできるため加害側がスマホを悪用しない手はありません。ターゲットとなる被害者のスマホを監視することで加害側は安定的な被害者の情報共有や盗聴を可能とします。監視対象はメールの内容、インターネットの検索情報、人間関係、趣味嗜好、位置情報や写真の閲覧も行ないます。

更に、フリーWiFi等で簡単にターゲットのスマホにアクセスできます。加害側が被害者のスマホを監視することは、被害者を完全な監視下に置くことと同義なのです。

情報漏洩のハッキング方法

被害者のスマートフォンが情報漏洩する理由

集団ストーカーの技術者にとっては、ターゲットのスマホから情報漏洩させることは難しくありません。ターゲットが職場などでパソコンを利用中もしくは自宅のパソコンを利用中でもエレクトロニクス・ハラスメントとして最低でも以下の3点は可能です。

  • テンペスト技術による攻撃・・・ディスプレイに表示されている内容やキーボードで打っている情報を各機器の電磁場漏洩により盗む
  • wifiによって人のスマホにアクセスする
  • 情報漏洩アプリをターゲットのスマホに入れて情報を盗む

※これ以外にも科学技術が日々発展しているためアメリカでシースルーアプリなるものが開発されたようです。ターゲットのスマホに入れる方法が確認されています。

このようなスパイ的なアプリの開発は誰でもプログラミング可能な時代においてまさに歯止めがかかっていない状況が現代世界で浮彫りになっています。

真実を知らなければ何も変わらない

スマホ監視被害相談事例

被害者がスマートフォンの情報漏洩を自覚する時

スマートフォンの乗っ取りは遠隔操作で加害側が簡単にできることは冒頭申し上げましたが、被害側がどのようにして気づくのか事例を確認して「もしかしたら」と思ったらご相談ください。

(1)自分だけしか知らない情報を他人が知っている/仄めかし

集団ストーカーが仕掛ける嫌がらせに、自分しか知らないはずのスマートフォンにある情報を漏えいさせる嫌がらせがあります。それを見た人が、うわさ話をしていたり、通りすがりの人に「自分しか気が付かない内容」を仄めかされたなど、不安を煽る嫌がらせが外出中に起きます。

(2)絶対に知らないはずの自分の位置をストーカーが先回りしてスタンバイしている

おそらく集団ストーカー被害者が感じている共通した被害に、「自分の位置がどのようにして割り出されているのか」という疑問です。これは実はスマートフォンだけで位置を割り出しているわけではありません。しかし、ここではスマートフォンも被害者の位置づけを割り出すツールとして使用しています。

(3)スマートフォン内で先日入力した内容のデータが違う

例えば、メモやスケジュール管理をスマートフォンで行なっている場合、データーを確認したところ記録した内容が違うことがあり、データの改ざんなども加害者側は行います。ビジネスの場では「情報管理も仕事」であり、改ざんされた理由で「遅刻」「日程変更」などあれば信用を失ってしまいます。

(4)突然スマホが動作不良・謎の電源落ちなどがある

スマートフォンを使っていると、突然が電源落ちしたり動作不良を起こしたりします。携帯ショップなどに行き不具合を確認してもらうと、その頃には動作不良も起こらず電源落ちもしない通常通りの反応です。これは遠隔操作で被害者のスマートフォンの不具合動作を意図的に起こしている可能性があります。

(5)メールのアカウントに侵入された形跡がある

メールのアカウントに侵入されたのでは?と感じたことはありませんか?。集団ストーカーはターゲットの行動を逐一監視するためにメールのやり取りをリアルタイムで監視している可能性もあります。

近年では、LINEのアカウントが乗っ取られてクレジットカードを不正に利用されるケースなど金銭を目的とした犯罪がとり上げられる中、そのような犯罪とは別にターゲットのやり取りを盗むために侵入している犯罪もあります。

監視されているときに行なう対策

監視されていると感じる時に可能な対策

監視されているかどうかは、「監視されているのでは?」と疑うことから知るきっかけとなり、直感が意外と正しいということがよくあります。監視対策としては、被害に自覚がある方が自分でできる対策と専門家に任せたほうが良いパターンがあります。

※ここでいう”可能”とは現代において、できうる限り集団ストーカーの被害を被害者自身に関して終了シフトに至らせる確実な方法であり、それ以上の事を誇張して風潮する内容ではありません。
自分で可能な対策

自分のスマホやパソコンへのハッキング方法の確認は、ハッキングアプリがないかをアプリ一覧で確認する、またインターネットのセキュリティ対策ソフトを使用している場合、セキュリティ対策のソフト会社に問い合わせしてスマホやパソコンの不具合を相談してみると良いでしょう。その上で、スマホやパソコンに入っているものは何かを担当者に調べてもらいます。

自分でできる対策というのは、入っているスパイアプリを駆逐する作業であり、犯人の特定ができなければまた同じように監視されるリスクがあるので、セキュリティ対策は万全の状態にすることが大切です。

専門家が可能な対策

この犯罪に多いのが、近所の人や見かけない人が自分を監視しているとの声が寄せられます。自分のスマホだけではなく、近所の人のスマホの扱い方も観察してみてください。近所の人が自分と通りすがる瞬間に下を俯いて熱心にスマホに何か入力する機会が多いかどうかも調べてみてください。近所の人たちが自分に対する行動が今までと何か違うことがあったら注意深く観察してみてください。

これは近所の人たちだけではなく、知らない人が自分の近くに立ってスマホを持って何か入力している機会が随分多くなったというのでも構いません。一日の頻度、一週間の頻度など確かめて、どうも自分の周囲には自分の行動をスマホで情報共有しているのでは?と不可解に思うとき、それは集団ストーカーの被害の可能性があるかもしれません。

真実を確認する証拠究明は専門家が必要です。ご自身でも集団ストーカーの心当たりがあるか整理してからご相談していただくほうが真相解明は早くなります。監視されている事実確認は被害者だけの力では困難なので専門家の力を借りることも必要です。

まとめ

スマートフォンの監視は被害者・加害者共通ツールという事実

集団ストーカーにスマホを監視されることはほぼ必須アクションでしょう。しかし残念ながら現在の日本においては、ストーカーの法整備が十分ではありません。ある程度ならご自身で対策はできますが被害者の方は毎日被害に遭うために、一時的な対策しのぎになってしまうことも否めません。

根本から解決するために

オンライン調査には専門的な知識と技術が要るので、被害に遭った方が単独でストーカー集団の素性を暴こうとすると、全く無関係の人を「犯人」と決めつけるような誤りを犯しかねません。判断を誤ると解決までの道のりが遠くなることもあります。そのため、スマートフォンの監視に気づき、誰かに批難されるようなことに心当たりがないときは、なるべく早い段階で専門家に相談し、アドバイスしてもらいましょう。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop