集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 集団ストーカー情報の正しい活用術「情報弱者にならないために」
公開日: 2021/03/29
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/03/29

集団ストーカー情報の正しい活用術「情報弱者にならないために」

集団ストーカーにターゲットにされたと自覚がある被害者の方たちの中には、どうにか自力で解決に至りたい一心でインターネットの情報を収集し、自分が遭遇している被害と照合して情報の取捨選択を試みます。

ここで被害者の方に気をつけていただきたい事があります。インターネットの情報には多くの情報が拡散しており玉石混交しています。被害者が情報を見分けることができないといつまで経っても真実に辿り着けない恐れがあるということです。

目次│集団ストーカー情報収集相談

集団ストーカーとは何か?

集団ストーカーの特徴

集団ストーカーとは、ターゲットにした相手に集団で(もしくは組織的に)監視、つきまといなどの嫌がらせをすることを言います。集団ストーカーはターゲットが監視や盗撮などをしていることに気がつくまで、特に目立った行動は起こしません。

そのため、監視されていることに気付かない人もいます。都道府県ごとに迷惑行為防止条例が制定(改正)されたり、警察も「集団ストーカー」の犯罪を認識するようになったりしたことから、集団ストーカーも表立った嫌がらせを控えるようになりました。

しかし、複数人による集団が個人を監視する、つきまとうなどの嫌がらせは被害に遭った人にすれば、知らないうちに「盗撮されてるかもしれない」「監視されているかもしれない」と不安を覚え、恐怖を感じることに違いはありません。

心理学を応用した嫌がらせ集団

集団ストーカーはターゲットを精神的に追いつめるのが狙いです。ときには「会社で不倫をしている」「カッとなるとすぐに手が出て、暴行容疑で逮捕されたこともある」など、根も葉もない嘘や悪口を近隣に広め、周囲に「関わらないほうがいい人」「不審人物」と思わせるような嫌がらせをすることもあります。

そのような状況下で感情的になったり、激昂した姿を近隣住人に見られたりすると、集団ストーカーの思惑どおりになり立場も不利になります。このような「心理状態を利用した嫌がらせ」が集団ストーカーの手口になります。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

集団ストーカーの情報収集方法

三つの概念(情報共有・情報操作・情報提供)

集団ストーカーに関する情報を収集する場合、現代においてはインターネットに限定されます。自費出版で集団ストーカーの本を書かれている被害者の方もおりますが、基本はインターネット検索によるやSNSでの情報収集が基本となります。他にもNPO団体がありネットで検索できます。

検索の際に気をつけていただきたいことがあります。それは集団ストーカーの加害者側もまた同じように情報を見ているということです。被害者側がネット検索で得る情報は古い情報や誤った情報が含まれるのは加害者側の情報操作が影響しています。

誤った情報を信じて対策しても効果なし

情報操作された被害者は、誤った方向へ導かれ解決できないまま延々と長期的に加害し続けるのです。情報には大きく分けて三つあります。被害者同士でSNS上で繋がり個人的に関係を持つ情報共有、加害者側がSNS上で発信したりあるいは被害者同士の人間関係に介入する情報操作、SNS上で集団ストーカーについて個人的に書き綴っているブログや出版等です。

どのような被害に遭われているか被害者それぞれが異なるようですが、その情報が言わんとしていることが正しい情報かどうかはそのままではわかりません。加害者が被害者をプロファイリングするように、被害者も加害者側をプロファイリングする必要があります。加害側の中にはビジネスとして成立していて、契約の内容によっては長期間犯行を続けることができるのです。まずは焦らずに自分なりに分析することから始めましょう。

集団ストーカーの情報収集で気をつけること

集団ストーカーの情報操作

集団ストーカーというのはビジネスとして成り立っており、まさに依頼者(首謀者)がいて金銭的成立により犯行開始というパターン、もしくはそのような自覚が本人にまったくないにもかかわらず突然始まるなどパターンとしてさまざまなようです。

被害者の自覚あるなしにかかわらず加害側は、相手をまず調査してどういう人物なのか、どういう仕事をして家族構成や人付き合いはどういったものか、かなり念入りに調べてから集団ストーカーを始まることが多いです。稀に最初から集団ストーカーをしながら同時進行でプロファイリングする手法もあります。

いずれにせよ、被害者を追い詰めるために弱点を割り出し、浮彫りにさせて攻撃する手法はすでにマニュアル化されています。

情報操作に負けない収集力を鍛える

インターネットに拡散されているSNSなどの情報は、すでに対策済みの古い情報が拡散されている可能性が高いです。他にも、”探偵に依頼しても結局は解決に至らない”という情報も見られます。確かに探偵によっては技術の差によって解決できない会社もあるかもしれません。

当たりはずれが業界に散逸されるのは否めません。ですが、情報を鵜呑みにして諦めてしまうのは勿体ないことです。この情報に辿り着いたことを前向きに捉えて「良き理解者」を探すことが重要です。

正しいリテラシーを身につける

集団ストーカーの情報共有・情報提供

集団ストーカー被害者の話を聞くことは大変有益なことです。そのなかでも自分自身に起きている被害情報のすりあわせにより犯行の共通パターンを知っておくことは精神的に余裕がでてきますし、冷静に加害側が意図している目的は何か見つめることができます。

自分の身を守るためにも、正しく集団ストーカーについて書かれている被害者の情報提供を見ることは有益です。あと情報共有は、被害者側が交流して個人的につながる被害者グループやつながりに、加害側はさまざまな妨害措置をとってくることはよく知られていることです。

被害者つながりも共有する加害者たち

例えば集団ストーカーのNPO団体には加害側も潜入しており、被害者がどのように交流して何を話して活動しているかなど共有されています。また被害者側の個人的な交流でさえも”分断して統治”してくるようです。いずれにせよ、加害側はビジネスですので「お金が続く限り」いくらでも時間があり妨害行為ができるわけです。

集団ストーカーの被害者同士が交流するところには分断妨害が必ず介在することを忘れないでください。

情報の選別は専門家に相談

情報収集も程々に

情報収集について取り上げてきましたが、多くの被害者の方のSNSを読んでいると、それぞれの加害側の情報についてどれが本当か分からない状態でしょう。まずどうしてこのような加害が始まったのか、因果関係を自分で分析してから心当たりがある加害側について自分なりにプロファイリングするのもよいかもしれません。

無理をせず一歩前進へ

自分ひとりだけで解決することは困難です。相手もビジネスとして犯行をしているためにどうしても第三者による真実究明が必要になってきます。まず何を解決したいかをご自身に問うてください。ご自身に起きている集団ストーカー問題をどのように解決したいかイメージしてみるのもよいでしょう。

多くの情報があふれているからこそ、広すぎる情報に混乱せず自分が解決したい情報だけを取捨選択して、自分なりの解決方法が見つかるのです。

さいごに

集団ストーカーは日本だけでなく世界中で起きている犯罪で、集団ストーカーの情報収集は海外も含めると膨大な情報量となり根気がいります。世界中で色々な加害情報が広まっていますが、基本的に情報の選別はご自身で行ないます。もし情報収集に自信がない方は、当対策窓口にご相談ください。

日本国内はもちろん、海外の集団ストーカー情報でも日本語にしたレポートをお届けするサポートも行っております。被害者にできること、それは情報弱者にならないようにすることも対策の1つであることを知っていただければと思います。

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、集団ストーカー被害の状況、集団ストーカー対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop