集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 近隣がグルになって追い出し攻撃を仕掛ける「集団ストーカー」
公開日: 2021/04/20
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/04/20

近隣がグルになって追い出し攻撃を仕掛ける「集団ストーカー」

集団ストーカーに遭っていると、どうやら近隣の人たちがグルになって自分をターゲットにしているようだ、と感じるのであれば事実の可能性もあります。しかし、自分が近所の人たちからグルになって自分をターゲットにしていると思っていても周囲がグルであるならば犯行も分かりにくいうえに、相手が多いので多勢に無勢です。気をつけましょう。

目次│近隣がグルになって追い出し攻撃を仕掛ける「集団ストーカー」

近隣の人たちがグルかどうか

集団ストーカーの連動性

近隣の人たちが集団ストーカー犯罪に加担しているのかわからないと思います。もし集団でないのであれば連動性はないので「個人的な嫌がらせ」になります。集団ストーカーの連動性とは、だれか指示者がいて指示通りに近所の人たちが動くという図式です。これをまずは頭の片隅においてください。

加担者は指示通りに動けば、なにかしらの「得」があり、弱みを握られているケースは少ないでしょう。もし、近所の人たちがもし集団ストーカーにかかわっているのであれば、かなりの精度で指示通りに忠実に動くはずです。

連動性を見分ける

近所の人たちが集団ストーカーに参加しているかどうか確認するのに以下の観点が役立つかもしれません。

  • 自分が玄関のドアを出たり、ベランダで洗濯物を干そうとすると、かならず誰かが通り過ぎる(徒歩・自転車・バイク・車など)
  • 集団ストーカーは「嫌がらせビジネス」で、費用がかかっているターゲットほどストーカーの人数と頻度は高いのです。近所の人のつきまとい(近所でない遠方からきた人も参加しています)が少ないからといって違うと判断するのは早いかもしれません。

  • 近所の人が自分の動きにあわせて窓やドアをあけたり家から出てくる
  • 近所の人が「自分の攻撃する」というのは何も直接的なことではないことも含まれます。たとえばゴミを自宅前に捨てたり、風も吹いていないのにベランダにゴミが入っている場合もあります。これも連動性の表れでターゲットの人にはとことん粘着的にストーカーする意味を近所の人に要所ごとに分担させていることの現れでしょう。

  • 近隣住民の窓にカーテンがなく外から丸見えになっている
  • 今までずっとカーテンをしめていたのに、急にある時間帯は必ずカーテンを開けて夜でも中が見えるようになってことがあります。見えることは通常「見られる側」が嫌なのですが、敏感になっている被害者の視界に入ることで「不愉快」にする目的の嫌がらせもあります。覗き込むように見てしまうと変な噂話を流されるリスクがあり注意しましょう。

  • テクノロジー犯罪も加わると家の中にいる自分の動きにあわせて何かしてくる

これは集団ストーカーでもお金がかなりかかっており目的をもってターゲットにされている場合に起こります。自分が家のどこに居ても「音や電磁波」を仕掛けてくるのは、あなたの動きを把握しようと粘着しており、こうなると組織犯罪の疑いがあります。

近隣の人たちがグルになって攻撃してくる

どのような攻撃か

近隣がグルになって行なう「攻撃」は、洗濯物に嫌な臭いをつけてきたり、植木が折れていたりと些細なことからが多く見受けられます。目的は、「明らかに人為的なことをされている」と気付かせることで、近隣住民全てが「敵」だと思わせる手法が組織犯罪の特徴です。

攻撃性を見分ける

近隣の人を巻き込んだ集団ストーカーの攻撃というのは、長期的にしようという意図が見え隠れしているので派手な内戦のようなバトルが繰り広げられることは稀ではないでしょうか。むしろ陰湿でわかりづらくあくまでも自然を装いながら粘着してするというのが主流のようです。

派手でなければないほど犯行が分かりづらいので、ご自身で犯行を知ろうとしてもよく分からないかもしれません。むしろ暴力的な感じで近所の人たちが自分にたいして辛くあたってくるというのは警察沙汰になり早期終了の可能性があり集団ストーカーかどうかは不明です。

近隣の人たちが自分を追い出そうとしてくる

自分がどうされそうなのか

「近所の人たちが一致団結して村八分にしてくる場合はありますか?」
はっきりいうと、あなたが普段から近所づきあいがなければ村八分策が意図的にされても効果がないでしょう。しかし普段から近所づきあいがある方は慎重に行動したほうがよいでしょう。

但し、仕事に行くなど普段の生活習慣を変えても、職場で理由なき問題が多く起こってくると嫌がらせ工作が始まっている可能性があります。あまり放置しても集団ストーカーの場合、状況は悪化する一方ですので、解決のための証拠収集など行動にでるべきでしょう。

相手の態度や言動に注視

大概、近所の人たちの態度や言動に注目していると自分にたいして「何をしたいのか」内容が見えてきます。個人的な理由というよりも誰かに頼まれて犯行をしている様子など伺えれば、背後の誰かが指示していることが見えてきます。近所の人たちの感情や雰囲気から総合的に判断すれば個人の言動によるものか、集団ストーカーによる近隣を巻き込んだ嫌がらせなのか明確に分かってくるのです。

追い出し攻撃についての考察

追い出したい相手

もしあなたが近隣の人で追い出したい相手とは「だれか」考えるとよいでしょう。たとえばエアコン室外機や太陽光発電システムの室外機の音とかがうるさい、以前から変なことを言われていたり問題の火種になることを言われていて最近それが顕著のために出て行ってほしい、などです。

実際に自宅敷地内から騒音が発生していて、それがきっかけで火種となり言動が辛辣になるというのはご自身にも責任があります。しかし一番意味深なのは、あなたに何の落ち度もなく近所の人たちとは今まで穏便に当たり障りなくコミュニケーションを築いてきたという場合です。

そのために家にいることが多いあなたをターゲットにした場合、あなたの生活環境を下手にとりわざわざ近所の人たちを駒のように動かすというのもまた集団ストーカーの手口なのです。

追い出すのも一苦労

正直、人を今いる住居から追い出すというのは至難の業です。つまり、勝手に追い出すことは無理でも自ら進んで引っ越しするように嫌がらせ工作をするというのが集団ストーカーの本質です。なぜかというと引っ越しするのはお金がかかりますし、相手を孤立させるためにも引っ越しは手っ取り早いです。だからといってこの嫌がらせがなくなるわけではないのが集団ストーカーの特徴といえるでしょう。

個人の恨みなどの嫌がらせ

相反する相手の数

もはや言いがかりをつける相手が特定される場合には、集団ストーカーではないと判断してしまうところですが「騒音おばさん」のように裏で組織犯罪が介在している可能性もあるかもしれません。断定は直ぐにはできないのでやはり専門家に調査を依頼するのが早いです。

ご自身と相対する近隣の人がひとりではなく結構な数がいる場合は、人それぞれ考え方が違うのに、しかもグルになったとしても何のメリットもないのに相対に同調するのは一体水面下に何が働いているのかをよく考えてみましょう。おそらく個人の意識を超えた何者かの支配管理下での言動としっくりくる場合(もしくはしっくりこなくても)、集団ストーカーにあなたは遭遇している可能性が高いです。

恨みがある場合

あなたに個人的な恨みがある場合、特定の人物が特定の場所で延々とあなたに対し一方的に加害行為(騒音など)を行うことがあります。もしかすると復讐代行会社へ委託して復讐を果たすという目的があります。その場合、誰が何をどのような理由で行っているのか調査する必要があります。

集団ストーカーのターゲットとは

ターゲットとは

心当たりがあるならまだしも、まったく心当たりがないのに集団ストーカーに遭遇して日々嫌がらせを受けているというのは、もしかすると他のターゲットがいて二次被害三次被害を受けている可能性があるかもしれません。

ターゲットになるというのは「なぜ」を追求することはあまり意味を持たないでしょう。理由はターゲットにするのは目的がある場合と目的がない場合があるからです。ですので、仮に誰かの恨みをかったのでは?と思ったとしてもそれを受ける必要はないのです。

加害側で次はだれをターゲットにすればビジネスとして繋げて稼げることを目的としている場合があるからです。甘んじて受け入れる必要はないでしょう。そんな身勝手な理由でターゲットにされる必要はありません。

ターゲットになりやすい人

嫌な話ですが、ターゲットにされるのは女性や子どもが多いです。男性は言論の自由を信じて何かインターネットで書き込みなどをした場合も多いです。目的外のターゲットは分かりづらく行い、徐々に頻度を高くしていきます。やはり声を挙げにくいような人や人に興味のない方、あるいは気が付かないような人、弱い立場にある人が多いです。

なかには幼少時より長年にわたり犯行されている人たちもいます。

近隣の人と「集団ストーカー」相関関係

相関図一覧

集団ストーカーに関わり合いのある近隣の人というのは、素人の集まりと思ってください。素人の集まりは人数が集まれば羊の群れのようになります。羊の群れがターゲットの家を囲み四方八方に広がっていればいるほど、お金がかかっているのだということを自覚しましょう。

近隣には必ず指示者というのが紛れています。これを羊飼いの犬とします。遠いよりも近い方が近隣の人たちに指示を出しやすいからです。違う形をとっている場合もありますが、この相関関係は集団ストーカーによくある形式です。自分はこの形式を取られているか確認してみてください。

近隣の人が黙っている理由

あなたは思うでしょう。なぜ近隣の人たちは集団ストーカーに支配されて声を挙げたり断ったりしないのかと疑問を。自由意志というのがありますが、集団ストーカーは加害側も奴隷のように従わせて有無を言わさず犯させることで情報が外部に漏れないようにしているのです。

そこで力による支配と秘密を破った場合の報復と、常日頃のエサやり(金銭)の飴と鞭を使い分け、羊や羊飼いの犬を管理しているのかもしれません。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop