集団ストーカーレポート

Group-Stalker report

ホーム > 集団ストーカー関連記事 > 集団ストーカーレポート > 「繰り返し行なう洗脳攻撃」集団ストーカーの意図は?
公開日: 2021/04/25
集団ストーカー関連記事 - 集団ストーカーレポート
 公開日: 2021/04/25

「繰り返し行なう洗脳攻撃」集団ストーカーの意図は?

集団ストーカーがターゲットにしてきた人に多角的に洗脳をしようとしてきます。それも洗脳が徹底的になるまで繰り返し洗脳行為をしてきます。どのような洗脳をするのか、なぜ洗脳をするのか、その目的はなにかについてお伝えしていきます。

目次│集団ストーカー相談窓口

数字の暗号化

数字の仄めかし

集団ストーカーでよくある仄めかしに、「数字のゾロ目」があります。たとえば8絡みですとか、特定の数字が3つ4つ揃っているものですが、宗教的に意味があると考えられている数のようです。18,666も非常に重要なようでターゲットにされている人がご自身の身の回りに起きた不審な出来事や世界で起きる事件のなかには年月日や日付の合計数が18もしくは666が多いと考えられている方もいるようです。

数字の仄めかしをしたい理由

数字には神秘的な理由が宿ったり数字で何かを象徴したりするのは、古代から宗教儀式やシンボルとして用いられてきたことです。良い意味で使用される分にはよいですが、悪い意味を暗示するために意図して数字を仄めかしてくるのが本当の狙いです。加害側が数字に関して特別な思い入れがあって仄めかしてくるだけであり、意識しないようにすれば自然と無視できるようになります。

サイレンの音

パトカー、救急車、消防車のサイレン

集団ストーカーの洗脳活動の一種に、車のサイレン音を鳴らして近くあるいは遠くを通るというものです。内部の事情を知る者のなかには、ターゲットにしている人の周辺地域で、「嘘の通報 119番」を行なうこともあります。騒音に敏感になっている夜が多いのですが、ターゲットの精神状況によっては日中行なうこともあります。

とはいえ、すべてが「意図的な騒音」でもありません。仄めかしは「気にさせる」ことが達成できれば、あとは偶然通った緊急車両にも疑いを持つようになりますので、繰り返し行なうことはありません。

サイレンの音を仄めかしたい理由

被害者の方に、意図的に「こうなる」ことを仄めかしているだけのようです。つまり、そのうち救急車を呼ぶようなことがあったりパトカーを呼ばれることになったり消防署を呼ぶことになると「音で伝えたい」のかもしれません。

それは加害側の自作自演であり、事故や病気も被害者の方に人工的に起こさせて不幸にしようとする意図の現れに他なりません。 気にしないことが一番の対策になります。

人を意のままに操作してくる?

脳の洗脳方法

科学技術では人の思考や感情を意図的に周波数などを変えて操作することも可能です。脳の洗脳方法には2パターンあります。被害者が洗脳されていることが分からないように洗脳するケース、洗脳していることが本人にはっきりとわかるように電磁波を撃ってくるケースです。

たとえばひとりのターゲット(勝手に決められた)の人がいるとします。ターゲットにされた人の周辺には関わっている人がさまざまいます。この人たちがターゲットの人にたいして否定的な感情をもつように意図的に操作することが可能です。個人だけでなく集団洗脳も可能にします。

脳を洗脳する理由

勝手にターゲットにされた人の人間関係の分断や孤立を狙っており、社会から隔離し成功した場合に恒久的に洗脳と実験対象へ陥れようとしている可能性もあります。これが組織犯罪の闇であり、目的は人を不幸にし、不幸の輪の連鎖、ネガティブな状況へと人の輪を拡げていく活動を何らかの意図をもって行っている可能性が高いです。

しかし、人がやっていることですので確証を掴めればあっけなく終焉します。

集団ストーカーの目的

集団ストーカーは組織犯罪

集団ストーカーに加担する人たちには、何らかの理由があってメンバーに加わっているようです。考えられるのは次のようなケースです。

  • 個人的な理由で集団ストーカーの仲間入りをしている
  • 報酬目当てや生活のための闇バイト
  • 怨恨など、ターゲットにした相手を、社会的、経済的破綻させたい理由がある

集団ストーカーは組織で動いているので、特殊詐欺など、嫌がらせの背後には何かしらの犯罪が隠れている可能性もあります。昨今話題の煽り運転や学級内・職場でのいじめなどは、集団ストーカーの動きと類似した点も多く、もしかしたら犯罪組織に動かされているケースもあるのかもしれません。

海外では集団ストーカーは「ギャングストーキング」と呼ばれ、頻繁にニュースや雑誌などの特集で取り上げられていますが、日本では集団ストーカーが大々的に取り上げてられる機会はまだ少ないようです。

そのため「集団ストーカー」が逮捕案件に通じる犯罪だということはもちろん、「集団ストーカー」そのものを理解している人もまだ少ないようです。

感情をコントロールする力が必要

集団ストーカーの目的は、ターゲットにした相手につきまとう、監視するなどの嫌がらせをすることですが、その他にも嫌がらせを繰り返してターゲットを感情的にさせたり怒らせたりして、被害に遭っているのに「嫌がらせの加害者に仕立てる」ようなこともするので、どのような嫌がらせをされても、決して反撃に出たり、攻撃的な行動を起こしたりしないようにしてください。

物理的な暴力とは違う心理的な虐待

集団ストーカーに加担している人は、主犯格に命令されて動いている「駒」に過ぎません。指示どおりに動きますが、危害を加えてくるようなことはありません。プライバシーを覗き込み、盗撮や盗聴を繰り返す集団ストーカーは人権を無視した犯罪です。個人に対し集団でさまざまな嫌がらせをしてくるので恐怖を感じたり不安になったりするかもしれませんが、1人で悩まず私ども「ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口」にご相談ください。

コンシェルジュが必要な方へ

コンシェルジュの意義

集団ストーカー・嫌がらせの被害に遭っている方々の理解者になるべく、対策専門窓口では新たに「コンシェルジュサービス」を立ち上げました。コンシェルジュは集団ストーカー問題の調査経験者が担当しているので、ご相談をいただいたら、被害状況に合わせ、どのような対応策を講じることができるかを一緒に考えます。ご依頼者の負担が少しでも軽くなるように、また、1日も早く解決の糸口が見えるようにお手伝いをさせていただきます。

先述したように、理解者や協力者、支援者が増えるのをストーカー集団は嫌がります。1人でもストーカー被害の苦しみを理解してくれる人がいるだけで、これほど心強いことはありません。理解者が見つからず、心細くて不安な方は、当対策専門窓口の「コンシェルジュサービス」をご利用ください。コンシェルジュは集団ストーカー被害の苦しみやつらさをともに理解したうえで対応策を講じ、今の状況を変えるお手伝いをお約束します。


嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop