探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 通勤途中の嫌がらせ(コリジョンキャンペーン)
公開日: 2019/06/03 最終更新日: 2019/05/24
探偵ニュース
 公開日: 2019/06/03 最終更新日: 2019/05/24

通勤途中の嫌がらせ(コリジョンキャンペーン)

集団ストーカーの加害の1つに「コリジョンキャンペーン」という行為があります。当事務所のお問い合わせで、「故意にぶつけられた」など都会の通勤・通学の時間帯の駅の改札口、乗り換えの接続、満員電車のなか、まったく混んでないのにワザと靴や鞄をぶつけられたなど、たまたま偶然を装った集団での嫌がらせは後を絶ちません。ここでは問い合わせが多かった、コリジョンルールについてご紹介いたします。

コリジョンキャンペーン対策相談室

コリジョンキャンペーン

コリジョンキャンペーンとは何か

改札口を通りにくくしたり、満員電車のなかでカバンや体の一部にぶつかる行為。明らかに故意に仕掛けてくる加担者と満員電車の人の流れに装って行為する2つのケースがある。コリジョンでトラブルを作り被害者に因縁をつける危険人物をでっち上げる材料として利用される。コリジョンを行う人物は、幅広く見た目で判断は難しい。

コリジョンルールは「ぶつかる」「通行の妨げ」車両であれば「煽り運転」を行うなど、被害者をイライラさせたり焦らせるなど目的があります。被害者の周囲を加害者で囲み、仄めかしや故意にぶつかってくる行為を多数の加担者を動員して行います。なぜ、コリジョンルールをやるのか?

「リラックスした時間を与えない」「被害者楽しい気持ち・楽しい時間を奪う」「時間を奪い遅刻させ信用を失わせる」など様々ですが、コリジョンの目的は「嫌がらせ」です。

その行為を毎日、1人〜複数でやることにより被害者を外に出すことを気力を無くさせて、引きこもり状態にさせて、次の被害の準備に入る構造になっているのです。

コリジョンは自然を装ってやることを前提にしてますから、タイミングが合わなければその場を去るしかありません。複数人で加害行為をすることもありますが、ほとんど怪我をするようなレベルでないので、気にしなければ害はありません。注意点としては、その場にいる人全てが加担者でないので、むやみに写真を撮ったり注意したりせず専門家に任せた方が無難です。

通勤途中の嫌がらせ相談事例

事例1:通勤途中の妨害行為

会社の行き帰りの通勤途中でいつも人がぶつかってきたり、電車の出入り口を占領されて降りさせないようにする老若男女に囲まれてきています。隣車両で座ってる人から「悪口」など言われた気がして、隣車両をみるとイヤホンを耳にしながら爆睡していたので、気のせいかな?とやり過ごしていました。

ある時は、相席になった人からスマートフォンのカメラで撮られてたり、プラットホームで待ってると睨みつける人がいたり、咳払いをする人に遭遇する回数が多いのです。相談しても「偶然」「酔っ払いに絡まれただけ」で相手にしてくれません。

本当に単なる偶然なのでしょうか。

専門家のアドバイス

満員電車で足を踏まれる、出入り口付近を占領されるのはよく見かける風景ですが、相談者様の話を聞くと、意図的な嫌がらせの可能背が高いです。まず、「悪口」をいう乗客は普通いません。

誰かの指示で言わせてるか、相談者様しか聞こえないようなパラメトリックスピーカーで聞かせてる可能性が高いです、この被害を「コリジョンキャンペーン」と呼ばれる嫌がらせの一種で「故意に妨害する」意図的な嫌がらせを行う加害行為が存在するのです。

彼らの理由は様々ですが、相談者から社会の繋がりを断絶して、孤立させることを目的に行っている可能性もあります。会社の中で仕事に支障がないから、外で嫌がらせを行っているのです。

対策として、ICレコーダーを常にオンにして持ち歩いてください。「悪口」とか入れば誰かに言われるという証拠になります。コリジョンキャンペーンをやる加害者は録音されることを非常に嫌います。もし、可能であればコリジョンキャンペーンを行ってる人の特徴を記録してみてください。

できれば通勤通路や時間帯を変えるなどして混雑する時間帯を避けるなど様子を見ながら、基本は「無視」でやり過ごすようにしましょう。 被害が悪化するようであれば専門家に相談することも検討してみてください。

コリジョンキャンペーンの対策

自分でできる対策

明らかに故意的であれば、スマートフォンのビデオ機能でその瞬間を撮影して駅の職員や警察に相談しましょう。また、やられたらやり返すという被害者もいますが、おすすめしません。トラブルにならないように警察にきてもらうようにしましょう。

被害者が取っている対策とは

  • 故意的なぶつかり行為を撮影して通報する
  • 警察や駅の職員に連絡する
  • 人混みなど避けてトラブル回避する
  • 加担者が通り過ぎるまで隅によって待機する

最近は近くのコンビニとかに潜んでいましたが、迷惑行為防止条例により被害者の行動範囲のどこかにきて、スマホを片手に連絡する仕草が目撃されています。コリジョンキャンペーンをやる1つとして、とにかく被害者を外に出させないこと、社会かや友達から断絶することで、加害行為をやりやすいように被害者の行動範囲を狭めることです。

大人数でコリジョンキャンペーンをやるには、何かしら配置と準備が必要です。手信号で合図することもあれば、無線での指示で待機してる加担者に伝えます。その準備を整うまで、妨害する役割もいますからとてもやっかいです。時には避けれないこともあると思いますが、何も気にせずに自分の行きたいところ。やりたいものをやればいいと思います。

命の危険まで感じる行為をすることは少ないため、加害者の思惑にまけないように過ごしてください。決して、皆さんは「世間の邪魔もの」ではありません。下手くそな俳優が演技してると思って、避けられる範囲で避けるようにこちらも工夫しましょう。

コリジョン被害の料金案内

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

調査料金の比較

コリジョン対策に関する相談窓口

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop