探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 集団ストーカー被害の相談先選び
公開日: 2019/12/22 最終更新日: 2020/10/14
探偵ニュース
 公開日: 2019/12/22 最終更新日: 2020/10/14

集団ストーカー被害の相談先選び

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口では、集団ストーカー調査に特化しており解決事例も豊富で、依頼人それぞれのお悩みに沿った解決方法をご提案することで、集団ストーカー行為の解決までスムーズに進めることを目指しております。専門調査が24時間待機しています。どんな質問にも的確にお答えしますのでお問合せください。

集団ストーカー対策相談センター

集団ストーカーとは

集団ストーカーの特徴

迷惑防止条例、数々の法律の範囲ギリギリの悪質な行為(嫌がらせ)をする犯罪が増加傾向にあります。不特定多数の人間が特定の人物に24時間365日、ありとあらゆる手法で監視やつきまといを行うこともあります。

集団ストーカーの特徴は「日常のなかの嫌がらせ」特定の人物がいない環境だと、加害者はよく見かける通行人です。車両を運転するドライバーだったり、いろいろな仕事に携わっている人たちに過ぎません。特定の人物がいる時だけ、相手にわかるような行動をします。

常に「自分」の時だけ、おかしな現象を目撃する機会が多くなり、自意識過剰な人を演出させて、家族や友人に相談しても「気のせい」「神経質」と理解を求めることが困難な環境を作られてしまいます。

しかも、加害行為をやってる人が通りすがりの通行人なため、自分のことなど知る由もない人物である以上、知らないうちに「盗聴されてるかもしれない」「盗撮されてるかもしれない」と不安が大きくなったり、自分のことを見えない「誰か」に常に監視されてると植え付けられます。

このように毎日、加害行為が行われる状況を作り出す「心理状態を利用した手法」が一般的に使われただけではありません。エスカレートすると車両・バイクの煽り運転、信号無視など共同危険行為を行います。この集団ストーカーは、プライベートの時間だけで起こるわけではありません。

仕事の妨げとなる妨害行為をしたり、インターネットを利用して誹謗中傷を拡散して近所のコミュニティから孤立させる手法を取ります。その他にも騒音被害、電磁波被害、異臭被害、盗聴、盗撮被害が複数重なっている被害に加えて個々の弱点や性格を細かく調査をして偶然が偶然を装った犯罪を集団ストーカーと呼んでいます。

警察に相談する

被害の証拠がないと警察は動けません

集団ストーカーの相談にいくと「精神疾患」として扱われてしまう話があるほどです。警察では、「誰がやっているかわからない」「被害の証明ができない」状況では動けないため、そう思われてしまうのも理解できます。あまりしつこく相談すると「オオカミ少年」扱いされて誰も信じてもらえない状況ができあがってしまうので、警察に相談する時は「加害者」と「被害の証拠」を揃えてから相談することをおすすめします。

どのようにすればよいのか?

集団ストーカーの加害行為は自分で証拠がとれやすいものもあります。走行妨害が煽り運転、危険運転とみなせば、ドライブレコーダーを提出して容疑者逮捕へと繋げることができます。つきまといや仄めかしであれば、ボイスレコーダーや携帯電話で撮影することも可能です。しかし、ネットストーカーなどの誹謗中傷に関しては、本人の名前が書いてないと、サイバーポリスが動かない可能性があります。

近所の防犯パトロールで運よく現行犯逮捕されて解決したケースもありますが稀です。地道に証拠を集めることを考えるか、無視できる範囲から無視を通したほうがよい場合もありますので、自分での判断が難しい場合、一度警察に相談してみるのもよいでしょう。

警察のトラブル相談窓口

「#9110」では、ストーカー・DV被害・悪質商法・霊感商法の被害・近所や職場でのトラブル、生活しているうえで不安を感じていること、など多様な相談事に対応しています。

弁護士に相談

弁護士にする前に知っておくこと

嫌がらせを受けている場合、「その行為が犯罪に該当するのか?」「慰謝料を請求することはできるのか?」「慰謝料の相場はどの程度なのか?」「裁判で勝てる見込みはあるのか?」といったことを相談できますが、集団ストーカーに関していえば相談事例は少ないと言えます。理由は、直接危害をくわえてくるような嫌がらせではないため、証拠不十分で負けてしまう可能性があるからです。

集団ストーカーの一つ一つの行為は、「迷惑行為」にあてはまりますが、これらも法律の範囲ギリギリの段階で留まっています。悪口も「あいつ」「こいつ」「あだな」で言われと弁護士に相談しても、本人かどうか確認が取れなければ弁護士に相談しても意味がないのです。弁護士に相談する時は「加害者情報」と「被害の証拠」を揃えてから相談することをおすすめします。

弁護士の相談先

嫌がらせの解決のために弁護士に相談する時の注意点は「弁護士は証拠集めを手伝ってくれない」ということです。証拠集めが必要な場合は探偵になりますが、その前にどのような証拠があればよいのかどうすれば被害の証明をできるかなど弁護士に相談してみるのもよいでしょう。

「法テラス(日本司法支援センター)https://www.houterasu.or.jp/
法律に詳しい専門家に聞いたほうが解決の道が近くなると言えます。

探偵に相談する

証拠収集と加害者特定

警察、弁護士に相談しても、結果、物的な証拠が必要になります。被害者自身も被害のなかで日常を取り戻す努力や工夫も必要となっていきます。被害が軽い場合、無視できる範囲の被害であれば、あえて加害者に刺激を与えずに、自分は様子を見ることも対策のひとつです。ただし、集団ストーカー被害が、気が付いてから何カ月も続くようであれば真剣に対策を考えましょう。

探偵事務所を選ぶ重要なポイント

探偵事務所に調査依頼すると費用がかかるので、せっかく依頼するのなら良い探偵事務所を選びたいはずです。そこで、良い探偵事務所を見極めるために重要な2つのポイントについて解説していきます。

「デメリットやリスクに関して説明する探偵事務所か」

良い探偵事務所というのは必ず依頼者に対してデメリットやリスクの説明を行います。依頼者が「このようにしてほしい」と言われても、担当が「それはこういうリスクを伴うので辞めたほうが良い」と依頼者のリスクを考えた上での発言があれば良い調査事務所と言っても差し支えないでしょう。一方、何に対しても「できます!大丈夫です!」という探偵事務所は少し注意をしたほうがよいかもしれません。

集団ストーカー被害対策相談

証拠収集から解決までお考えの方へ

嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。集団ストーカー対策は、一般的な探偵が行う調査とは違い、集団ストーカー対策に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

集団ストーカー相談は気が付いた時に!

集団ストーカーは統合失調症の妄想や、単なる思い込みや偶然ではなく「れっきとした犯罪」です。当事務所では集団ストーカー調査を徹底的に行っています。そのためには、皆さんの被害状況の確認が必要です。小規模な組織だと顔が割れるリスクからネット上の誹謗中傷行為を行う「ネットストーカー」の傾向があるので、「オンライン調査」が専門で行える探偵が必要です。間違って違う人物を犯人と決めつけてしまうと、解決まで遠回りするので、専門家にアドバイスしてもらうことで状況の整理ができるはずです。

まず、現状について相談することから始めましょう。

集団ストーカー被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop