現状把握調査レポート

Current-State report

ホーム > 現状把握調査関連記事 > 現状把握調査レポート > 電磁波攻撃と思っていたら統合失調症?それとも特異体質?
公開日: 2021/11/09 最終更新日: 2021/11/05
現状把握調査関連記事 - 現状把握調査レポート
 公開日: 2021/11/09 最終更新日: 2021/11/05

電磁波攻撃と思っていたら統合失調症?それとも特異体質?

電磁波攻撃と思っていたら精神病だったというのは、もはや精神科の医師の話が大半です。実際に調査しないと分からないですが、調査の結果、電磁波攻撃だった場合とそうでないケースがあり今回は電磁波攻撃ではなかったケースについてご紹介します。

目次│電磁波攻撃を疑う前に

相談しても医師に統合失調症扱いされるケース

医師の言うことがすべてではない

あなたが電磁波攻撃されているのではないか?と疑いがあるとき、誰に相談しても「精神科や心療内科に行ったほうがいいよ」と声掛けされるかもしれません。

病院へ行き、相談しても医師から「分かりました。ではお薬を出しますので一か月それを飲んで様子を見てください。来月必ず受診して薬が合うかどうか確認しましょう」となります。しかしあなただけがそういわれるのではなく大概の人は同じことを言われます。

十把一絡げで統合失調症扱いされることがあります。しかし、それを受け入れるかどうかはあくまでもあなた次第です。

科学的調査で実際に電磁波攻撃をされているかどうかはわかります。なかには検証不能な人もいて統合失調症扱いされてなすがままの人もいることは確かなことでしょう。

自分で分からないときは、色々な集団ストーカーの傾向をチェックして自分に当てはまるか一度客観的にチェックしましょう。もし、やはり怪しいと思うのであれば、私ども専門家にご相談ください。

心療内科への受診

霊障を統合失調症と間違えるかどうか

霊障と電磁波攻撃は違うもの

霊障現象というのは、体感した人でないとなかなか分からない世界といいます。たとえば、部屋に自分以外誰もいないのに首を絞めつけられるとか、コップがひとりでに落ちる、バンバンとラップ音がするなど科学的に説明がつかない現象があります。

これらの現象は主に夜中に起こり昼間は起こらないと言われています。 霊障現象は生霊つきや現代では説明がつかない異次元空間がこの世界に合った時に異次元空間から何かが起こる現象と言われることもあります。

しかし、そのような特異体験をする人は多くないため、実体験が少ないため説明がつかないことが一般的に認知されています。こういう霊的現象が起こる人はすぐに霊的現象だと分かります。

昼間に集団でストーカーをされているとは感じないことと、何か人間関係でトラブルなどがなく原因が霊的現象や憑依によるものだと理解し、霊媒師に依頼したりします。

ですので、霊的現象体験をしている人が電磁波攻撃を受けていると勘違いすることはほとんどないと考えられます。もちろん霊障現象の人を統合失調症扱いするというのはちょっと違うということは明らかでしょう。

霊障を統合失調症扱い?

人間関係不調が統合失調症扱い?

環境に問題がある場合、精神病にされるのは変

よくあるケースが相談者の「人間関係による心の問題」なのに、精神病と決めつけられてしまう方が見受けられます。

本来、環境による問題が本人の心を阻んでいるのに問題解決ではなくすり替え、つまり本人の精神性を薬の効果で不調を感じなくさせようとします。しかし本人の環境問題が変わらない限り決して本人の不調は治りません。

もし、医師の判断は自分の問題に対応していないと感じるのであれば、自分の気持ちに素直に従い通院するのをやめることも選択肢の1つです。

実際に自分がいる環境は何か工作されているのでは?と心当たりがあるのであれば、人間の勘は当たっていることもあります。そういう時には私どものような専門家に相談していただければ科学的及び実地調査により原因が分かることがあるのです。

たとえば今まで引越し・転校・転職して環境を変えてみても新天地でまた人間関係のトラブルが発生し続けるのは一度、客観的に調査したほうがいいでしょう。

環境問題

現状把握調査相談

無料出張相談も24時間いつでも可能!

今回は「電磁波攻撃」を主張するケースの人に当てはまる例をまとめてみました。

医師に診てもらうことはとても重要ですが、「長期間治療をしても改善しない」「常に他に原因があるのではと考えてしまう」「電磁波過敏症も併発している」など他に原因が含まれていると考えているその「モヤモヤ」を改善することも重要です。

当事務所では、科学的及び実地調査により「事実」をお伝えすることができますので、まずは今の状況をお聞かせください。

  • お問合せご相談

    1 お問合せ&ご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-506-862)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談&ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼&調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まとめ

「真実」は1つ

現状把握調査で「自分が正しい」と思っていた状況と違っていた場合、あなたならどうしますか?素直に受け入れることができるでしょうか?わたしたちが行なう現状把握調査は「真実」をお伝えします。

かといって、全て受け入れる必要はございません。ただ、自分が正しいと思っていることに「少しでも疑いをも持つきっかけ」になれば、調査の意味があると信じています。

「自分の問題なのか」「外的要因なのか」「科学では証明できない何かなのか」、答えにつながるまでサポートさせていただきます。

まず、現状把握調査について相談することから始めましょう。

現状把握調査相談フォーム

現在お持ちのお悩み事に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop