現状把握調査関連記事

Current-State

ホーム > 現状把握調査関連記事 > 現状把握調査の必要性とは?
公開日: 2021/01/11 最終更新日: 2021/07/06
現状把握調査関連記事
 公開日: 2021/01/11 最終更新日: 2021/07/06

現状把握調査の必要性とは?

誰も味方がいない…被害を信じてもらえずお困りの方へ

嫌がらせが続いているのに、周りに助けになる人がおらず、説明しても理解を得られない。そうした経験をした方をサポートし、解決をするためには現状把握調査がおすすめです。こちらのページでは、現状把握調査についての解説とご案内をしております。

状況把握調査の解説│目次

現状把握調査とは?

自分が病気ではないと証明するために

現状把握調査とは『被害者の被害が病気によるものではないと証明するための調査』をいいます。嫌がらせの被害者たちは自分の身に起きている状況を家族や友人といった助けてもらいたい人たちに相談をしても「気のせい」だったり「妄想」、「心の病気」として扱われ『理解してくれない』ことがあります。現状把握調査は周囲に理解を示してもらうための調査であり、被害者の孤立を防ぐ役割を持った重要な調査でもあるのです。

現状把握調査が必要な事例

嫌がらせを受けているのに、自分の被害状況を周囲に理解してもらえないといった事例は多くあります。以下は全国から寄せられたご相談内容から事例をご紹介します。自分にも当てはまる点があったり、被害状況を家族や友人に知ってもらいたい方はお気軽にお問い合わせください。

  • 嫌がらせ被害を家族に訴えたら精神疾患を疑われ精神科の病院に連れていかれたが結果は異常なしだった。
  • 家族に相談しても「そんなことはない」「考えすぎ」といわれ信じてもらえない。
  • 友人に嫌がらせ被害を訴えても真剣に聞いてくれない。
  • Twitterなどの情報をみせて説明しても理解を得られない。
  • 嫌がらせ被害が妄想ではないことを証明して周りの協力を得たい。

現状把握調査お役立ちページ

現状把握調査について知っておきたいこと

以下の項目に現状把握調査についての解説ページや役立つ情報を載せたページをご案内しております。今後、随時レポートを更新し、現状把握調査の最新情報をお届けしますので、ぜひご覧ください。

私と同じ悩みを持つ人の話しを聞きたい

現状把握調査のコンシェルジュサポート

コンシェルジュの目的

コンシェルジュは皆さんの理解者となるべく立ち上げました。嫌がらせ被害者と接してわかったことは、被害者がネットの情報を鵜呑みにしてしまい、被害と関係のないことでも、「これは加害行為だ!」と思い込んでしまう傾向になりやすいのです。そんな状況を経験したことで、「第三者の冷静な状況把握」がとても大切であることを知りました。現状把握に必要な情報は被害者によって違うため、被害者同士の情報共有(成功例や失敗例)が時に被害を悪化させるリスクもありました。

コンシェルジュは、現状把握調査に関するノウハウを持つ「理解者」であり、自分の身に起きている被害を対策するためのサポートができる「協力者」でもあります。1人で悩まずにお気軽にご相談ください。

まず、自分の現状を把握することから始めましょう。

現状把握調査相談フォーム

現状把握調査について詳しくお聞きした方の専用相談フォームになります。

お名前 (必須) (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop