現状把握調査関連記事

Current-State

ホーム > 現状把握調査関連記事 > 現状把握調査の必要性とは?
公開日: 2022/03/19 最終更新日: 2022/09/01
現状把握調査関連記事
 公開日: 2022/03/19 最終更新日: 2022/09/01

現状把握調査の必要性とは?

誰も味方がいない…被害を信じてもらえずお困りの方へ

「集団ストーカーの被害に遭っている」「周囲から嫌がらせ行為を受けているが、証明できないため、家族など身近な人に相談しても理解してもらいない」といったケースがあります。あるケースでは、それを“妄想”と決め付け、精神疾患を疑われることもあります。

こうして、被害者は孤立を深める結果となり、どんどん深みにはまっていきます。こうした時に必要なことが、「今、自分に何が起きているのか」を調査する「現状把握調査」なのです。

状況把握調査の解説│目次

専門家
現状把握調査
2022年3月19日
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、周囲の理解が得られないでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

「現状把握調査」とは

現状把握の必要性とは?

「妄想ではない」ことを証明するために

「現状把握調査」とは、嫌がらせなどの被害が、「妄想」や「気のせい」といった心の病ではないことを証明するための調査です。

もし、家族など身近な人が突然、「集団ストーカーの被害に遭っている」「嫌がらせ行為を受けている」と相談されても、困惑するばかりか、精神疾患を疑い、精神科への通院を勧めることもあるでしょう。

しかしながら、それは被害者にとっては、「現実に起きていること」であり、精神疾患扱いされることによって、身近な人との信頼関係にもヒビが入り、孤立を深める結果となります。

「現状把握調査」によって、被害者にいったい何が起きているのかを調査することで、周囲にも理解させ、被害者の孤立を防ぐ役割を果たします。

第三者的目線で客観的な調査

現状把握調査においては、“結果ありき”とした調査は一切行いません。当然のことながら、ご依頼者の言い分を全て聞き入れた上で、必要な調査を行いますが、結果「異状なし」というケースも考えられます。

一方で、第三者的目線から客観的に調査することで、ご依頼者とその周辺からすれば、心の安寧を得ることができます。

どのような結果でもご依頼者に寄り添います

納得されるまで寄り添います

もちろん、「異状なし」という結果を受け入れることは難しく、ご納得いただけないご依頼者もいらっしゃることでしょう。しかしながら、当事務所ではご依頼者に対し“妄想扱い”することは決してありません。

万に一つでも、それが嫌がらせ行為によるものであれば、被害者を孤立させることは、加害者にとって“思うツボ”であるからです。

よって、当事務所では、「現状把握調査」のご依頼があれば、ご納得いただけるまで、継続的に調査することをお約束します。

嫌がらせ行為だった場合は

調査の結果、嫌がらせ行為が確認された場合は、当事務所の嫌がらせ相談窓口が被害の実態や加害者の特定を行います。

ここで重要なことが、ご依頼者様は、自身に起きている事象に過剰に反応することなく、淡々とやり過ごすことと、調査に必要な、どんな些細な情報でもご提供いただくこと。

そして、周囲の方に関しては、被害者に寄り添い、精神病院に連れていくなどの対応を避け、嫌がらせ被害に対して共感し、ともに戦う姿勢を見せることが必要となります。

真実を知らなければ何も変わらない

現状把握調査のコンシェルジュサポート

コンシェルジュの目的

コンシェルジュは皆さんの理解者となるべく立ち上げました。嫌がらせ被害者と接してわかったことは、被害者がネットの情報を鵜呑みにしてしまい、被害と関係のないことでも、「これは加害行為だ!」と思い込んでしまう傾向になりやすいのです。

そんな状況に陥ったときこそ、「第三者の冷静な状況把握」がとても大切なのです。

コンシェルジュは、現状把握調査に関するノウハウを持つ「理解者」であり、自分の身に起きている被害を対策するためのサポートができる「協力者」でもあります。1人で悩まずにお気軽にご相談ください。

まず、自分の現状を把握することから始めましょう。

現状把握調査相談フォーム

現状把握調査について詳しくお聞きした方の専用相談フォームになります。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop