ホーム > ストーカー調査関連記事 > ストーカー相談サポート > 婚活アプリでのストーカー被害を防ぐ方法|安全な出会いのためのガイド
公開日: 2024/07/10 最終更新日: 2024/07/05
ストーカー調査関連記事 - ストーカー相談サポート
 公開日: 2024/07/10 最終更新日: 2024/07/05

婚活アプリでのストーカー被害を防ぐ方法|安全な出会いのためのガイド

婚活アプリの利用が増える中、ストーカー被害も増加しています。

本記事では、婚活アプリを安全に利用するための具体的な対策や、ストーカー被害に遭った際の対応方法を詳しく解説します。

安心して婚活を進めるための必須ガイドです。

婚活アプリの普及とストーカー被害の増加

近年、婚活アプリの利用者は急増しています。

その背景には、以下の要因があります。

  • 利便性:スマートフォンを通じて、いつでもどこでも利用できるため、多忙な現代人に適しています。
  • 広範な出会い:地理的な制約を超えて、多くの異性と出会うことが可能です。
  • コストの低さ:従来の結婚相談所や合コンに比べ、婚活アプリの利用料金は比較的安価です。

婚活アプリ市場は拡大を続けており、特に20代から30代の利用者が多いです。

例えば、TinderやPairs、Omiaiなどのアプリは日本国内でも高い人気を誇り、多くのカップルがこれらのアプリを通じて出会っています。

ストーカー被害の増加原因

婚活アプリによるストーカー被害が増加している原因として、以下の要素が挙げられます。

  • 匿名性:アプリ内では匿名でやり取りができるため、相手の身元がわかりにくいことが、トラブルの原因となります。
  • 個人情報の過剰な共有:プライバシー意識が低く、初期段階で過度に個人情報を共有してしまうことがあります。
  • 依存と執着:簡単に出会える反面、別れ際に相手に強い執着心を抱くケースが多く見られます。

婚活アプリの利便性と同時に、そのリスクについても理解し、安全に利用するための知識を身につけることが大切です。

婚活アプリでのストーカー被害の実態

婚活アプリの利用が増加する中で、ストーカー被害も深刻な問題となっています。

以下に、具体的な事例と被害の傾向を紹介します。

ストーカー被害の事例

なりすまし投稿

ある男性は、婚活アプリで出会った女性と別れ話を切り出したところ、女性が執拗にメッセージを送り続け、SNSで偽の情報を流すようになりました。

女性は「最低男」とのメッセージを送り続け、ストーカー規制法違反で逮捕されました。

過剰な連絡

別のケースでは、婚活アプリで知り合った相手から過剰な連絡が続き、被害者は強いストレスを感じました。

相手は何度も電話をかけ、メッセージを送り続け、被害者のプライバシーを侵害しました。

被害の傾向とパターン

個人情報の過剰共有

婚活アプリでは、相手に早期に個人情報を共有することがトラブルの原因となることがあります。

具体的には、住所や電話番号、勤務先などの情報を簡単に教えてしまうケースが多く見られます。

依存と執着

婚活アプリで出会った相手に対し、過度に依存し、別れ際に強い執着心を抱くケースが多くあります。

これにより、別れた後もストーカー行為が続くことがあります​。

婚活アプリを利用する際は、個人情報の管理に注意し、相手をよく知るまで慎重に進めることが必要です。

婚活アプリ利用時の安全対策

個人情報の管理

個人情報の非公開: 姓名、住所、電話番号、勤務先などの個人情報は、信頼できる相手に出会うまで公開しないようにしましょう。

写真はSNSと同じものを使わないことで身元特定を防ぎます。

実際に会う際の注意点

初回は公共の場所で:カフェやレストランなどの公共の場で会うことで、予期せぬトラブルを回避できます。

友人や家族に知らせる:誰とどこで会うのかを友人や家族に伝えておくことが重要です。万が一の事態に備えて、帰宅時間を知らせておくと安心です。

安全機能の充実したアプリ

信頼性のあるアプリの選定:レビューや評価を参考にし、信頼性が高く、安全機能が充実したアプリを選びましょう​。

プライバシー保護機能:プライバシー保護機能や通報システムが整備されているアプリを利用することで、安全性を高めることができます。

婚活アプリを利用する際は、個人情報の管理に注意し、安全なコミュニケーションを心掛けましょう。

ストーカー被害に遭った場合の対処法

ストーカー被害に遭った場合、冷静に対処することが重要です。

下のステップに従って、適切な対処を行ないましょう。

証拠の収集

  • メッセージ保存:しつこいメッセージや脅迫的な内容はすべて保存します。スクリーンショットを撮り、日時を記録しておきましょう。
  • 通話履歴の保存:不審な電話の履歴も保存し、必要に応じて音声録音を行います。録音機能のあるアプリやデバイスを活用すると便利です。
  • 写真や動画の撮影:被害の証拠となる写真や動画を撮影します。不審な人物や車両、場所などを記録しておきます。

専門家への相談

  • 警察への通報:被害が深刻な場合は直ちに警察に通報します。証拠を提供し、詳細な被害内容を説明します。
  • 弁護士の活用:ストーカー行為に対する法的措置を検討するために、弁護士に相談します。接近禁止命令や保護命令を申請することが可能です。
  • ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口:ストーカー対策の専門窓口に相談し、証拠収集を進めることも効果的です。

安全対策の実施

  • 住居のセキュリティ強化:防犯カメラの設置やドアの施錠強化、窓の補強など、住居のセキュリティを強化します。
  • 安全な移動方法:日常の移動ルートを変え、公共交通機関を利用することで安全を確保します。夜間の外出を避け、信頼できる人と一緒に行動することが推奨されます。
  • ソーシャルメディアのプライバシー設定:SNSのプライバシー設定を見直し、個人情報の公開範囲を限定します。

ストーカー被害に遭った場合は、冷静に証拠を収集し、専門家に相談することが最善の対策です。

自己防衛策を講じることで、安全を確保しながら適切な対応を行ないましょう。

婚活アプリでのストーカー被害相談

婚活アプリを利用する中でストーカー被害に遭ってしまった方、まずは一人で悩まずにご相談ください。

当事務所は、婚活アプリ利用者の安全を守るために専門のサポートを提供しています。

具体的な被害状況をお聞きし、適切な対策を一緒に考えましょう。

証拠の収集方法や法的な対応策についてもアドバイスいたします。

お問い合わせフォーム

    個人情報の取り扱い

    ファミリー調査事務所(以下、弊社)は、個人情報の重要性を認識し、それらの保護に関する法令などを遵守する為、プライバシーポリシーを制定して個人情報の保護を業務に従事する全ての者に対し徹底しております。

    • ○お問合せ頂いた内容に的確に対応する目的
    • ○個別説明会への対応
    • ○その他、上記に附随する目的

    ご記載いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に従い適正に管理しています。

    個人情報の相談等については、お問い合わせ窓口までお申し出ください。

    ×

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい
    個人情報の取り扱い
    →個人情報取り扱いについて


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-506-862

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop
    メール相談 LINE相談 電話相談