探偵ニュース

Detective News

公開日: 2019/10/04 最終更新日: 2019/10/09
探偵ニュース
 公開日: 2019/10/04 最終更新日: 2019/10/09

電磁波の種類と電磁波攻撃の作用「電磁波被害対策相談」

電磁波調査の案内ページです。相談、依頼の仕方から料金など、電磁波対策が必要な場合の電磁波に関する様々な知識、情報や、方法などをお伝えします。電磁波の被害でお困りな方は参考にしていただき、電磁波について初めてのご相談の方は、被害に対し科学的に被害を証明することが重要であることを知って頂ければと思います。

電磁波被害相談窓口

電磁波の種類について

電磁波について

電磁波は非電離放射線と電離放射線に分かれます。非電離放射線は静電磁界(0 Hz)、超低周波(1Hz〜300Hz)、極超長波(300Hz〜3KHz)、超長波(3KHz〜30kHz)、長波(30KHz〜300KHz)、中波(300KHz〜3MHz)、短波(3MHz〜30MHz)、超短波(30MHz〜300MHz)、マイクロ波(300MHz〜300GHz)、サブミリ波(300GHz〜3THz)、赤外線(3THz〜30THz)、可視光線(30THz〜3PHz)、紫外線(3PHz〜30PHz)があります。電離放射線は放射線(30PHz以上)です。

電磁波の悪用

集団ストーカーの電磁波攻撃に使われたのは、超低周波と短波〜サブミリ波をまとめて高周波(電波)のものです。超音波も攻撃に使われますが、これは人の耳には聞こえない高い振動の音波です。超低周波で攻撃をされると、痺れ、凝り、だるさ、吐き気、動悸、頭痛、不眠、幻覚などの症状が出ます。

高周波で攻撃をされると、頭痛、耳鳴り、動悸、目、耳の痛み、不眠、鬱症状などの症状が出ます。日常で使われる電気製品は高周波で、対策グッズが沢山売られています。日常生活でこのような症状になったら大変ですので、電磁波過敏症になっていない方もしっかり対策した方が良いでしょう。電磁波攻撃により電磁波過敏症になった方も対策とアーシングを毎日して健康を維持しているようです。

すぐにできる対策としては、スマートフォンや携帯電話は離しておくことだと思います。できたら部屋の電気製品の位置も見直すと良いと思います。その他に使わない電気製品のコンセントを抜くのも良いと思います。根本的な解決を望む場合、やはり専門家の力が必要になります。

電磁波の測定方法と日用家電の測定値

電磁波を測定する

電磁波の測定方法は、磁界において人の体が占める空間の平均値を求めます。 空間の分布の違いと電力設備の種類によって測定方法があります。空間が均一な場合、地面や建物内の床から1mの一点で測ります。空間が不均一な場合(地中ケーブルの上方や路上変圧器など)、地表や建物の床から0.5mと1mさらに1.5mの三点を測り平均値で出します。

自分で入手できる値段の機械では心配だという方は測定器の貸し出しがあります。ただし、電磁波測定だけで解決する問題ではないという方は専門機関に一度ご相談ください。

では実際に身の回りの電気製品を測ってみるとどのくらいになるでしょうか。家電の中でも特に磁場の多い電子レンジです。「10cm離れて29.4mG」平均が3mGなので、基準値を大きく上回っています。しかし1m離れると2.2mGまで下がります。「ノートパソコンで300V/m」基準値が2V/mなので非常に高いです。ACアダプタを抜くと180V/mに下がりますが、基準値より高いです。そして居間を測ってみますと、3V/mで問題ありませんでした。

対策としてはやはり発生源にはあまり近づかないこと、パソコンなどは目的が終わったらだらだらと使わないことです。もう一つ情報として、電信柱から外の壁に引いてある電線の近くは磁場が高いので、壁の近くにベッドを置く時は30cm以上離すと良いそうです。これらのことをふまえて電磁波対策をしていくと良いでしょう。

電磁波攻撃を受けた時の相談窓口

電磁波被害は必ずご相談ください!

「電磁波 相談窓口」と打ち込むと、電磁波の測定器を貸し出している所や、電磁波について相談する所がいくつか出てきます。しかしこれだと電磁波についてしか解決できません。

電磁波攻撃を受けている場合、「集団ストーカー」行為も受けている方が大半だと思います。なので集団ストーカーも扱っている所の方が良いかと思います。「集団ストーカー 相談窓口」で検索すると、集団ストーカーを扱っている探偵事務所がいくつか出てきます。

ある人のケースでは、被害を受けたのは七年半程前からでした。しかしその頃は集団ストーカーを扱う事務所があまりヒットしませんでした。 今は集団ストーカーについて沢山の事務所が力を入れています。集団ストーカーが早期解決できる時代になっています。

しかしまだ知識の浅い事務所が多いため、良い事務所選びが必要になります。そこで「集団ストーカー」、「電磁波」について詳しく知識があるか確かめる必要があります。そして具体的に何件解決したことがあるのか、集団ストーカーの実体について答えられるか、電磁波攻撃をどういった方法で止めさせることができるのか、確認することが必要です。

その被害者が集団ストーカーに遭って二年目くらいの時に、「集団ストーカー」と大きな文字で書かれている探偵事務所に電話したのですが、「盗聴器については盗聴発見器があるのであれば分かりますが、その他はやってみないと分かりません。」と言われてがっかりしてやめてしまったと言います。

電磁波攻撃を受けている時は、体の痺れ、頭痛、体の痛み、体のチクチク、心臓のドキドキ、体の異常な凝り、皮膚のただれ、むくみ、眼球の痛みなどがあり、「おかしいな」と感じたらすぐに専門家に相談して下さい。

電磁波調査料金について

電磁波調査料金のご説明

電磁波の測定料金で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。電磁波測定に関して一番重要なのが、「測定した時間帯に何も起こらなくて調査が終わってしまった」となるケースを避けなくてはなりません。たった1時間前後測定して「何もなかった」で何万円も負担することはあってはならないことです。

ストーカー・嫌がらせ専門窓口では、朝から深夜までの測定で料金の変動は一切ありません。加害者がいつくるかわからない恐怖に打ち勝つために、異常な電波を確認するまで室内から室外まで徹底的に測定調査を行います。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

電磁波調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

以下の関連記事に答えがあるかもしれません!

解決につながる情報収集

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop