電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート

Electromagnetic-Waves report

ホーム > 電磁波測定調査関連記事 > 電磁波測定調査レポート > 不眠症の原因「電磁波過敏症」の改善相談
公開日: 2022/03/30 最終更新日: 2022/04/07
電磁波測定調査関連記事 - 電磁波測定調査レポート
 公開日: 2022/03/30 最終更新日: 2022/04/07

不眠症の原因「電磁波過敏症」の改善相談

不眠をはじめとする睡眠障害を引き起こす原因は人によってさまざまですが、原因の一つに電磁波が影響していることを知っていただければと思います。電磁波に関する相談から、対策方法までさまざまな情報をお伝えします。電磁波の影響を疑っている方は是非参考にして頂ければと思います。

目次│電磁波被害相談窓口

専門家
不眠症の原因と電磁波の関係
2022年3月30日 更新
ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口の「社員による寄稿記事のご紹介 」ページです。ストーカー・嫌がらせ対策のプロフェッショナルが体験して得た最新情報になりますので、不眠症でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

電磁波過敏症で眠れない

電磁波と距離を置いてみる

電磁波過敏症の症状に悩まされ、夜も眠れないという方もいます。その方はアメリカの方で、高いキンキンする音が聞こえ、眠れなくなり、米ウェストバージニア州グリーン ・バンクの電波を飛ばすことを規制された町に避難したそうです。

そして、その原因となるのは自律神経の乱れで、電磁波過敏症は自律神経失調症とかなり重なり、自律神経失調症の治療で改善される可能性があります。

人口143人のグリーンバンクが、電磁波過敏症に悩まされている人たちのメッカとなっていて、ここへ移り住んできた人たちは一様に、片頭痛などの悩んでいた症状が消えたと述べています。

電磁波の影響をうけている時は、体の痺れ、頭痛、体の痛み、体のチクチク、心臓のドキドキ、体の異常な凝り、皮膚のただれ、むくみ、眼球の痛みなどがあり、「おかしいな」と感じたらすぐに専門家に相談して下さい。

電磁波の熱作用が原因で起こる不眠

電磁波の影響が原因

電磁波は多くの研究が行なわれており、不眠の原因になるといわれてます。身体に電波を浴びると全て吸収しませんが、反射せず吸収された電波は主に発熱作用で体に影響を与えます。

電波の吸収量がある値を超えたときに体温を上昇させます。通信で使われる電波の人体への作用は、体を温める作用が支配的とあり、人体への影響はあると考えて良さそうです。

日常を安心して送るため、一度専門家に家の電波状況を調べてもらい、的確なアドバイスをもらうのも今の時代必要なことかもしれません。

自宅以外でも長時間利用する空間の電磁波を調べてることも可能なので、気になる方は一度ご相談してください。

不眠症の対策方法とは?

原因を取り除くことから

不眠の原因として思い当たることを全て取り除くことです。例えば、仕事や人間関係で悩んでいるという場合、その悩みを改善すれば不眠の改善につながる可能性が充分にあります。

精神的な不安から「不眠症」になることはよくあります。他にも、生活習慣を変えていくことで不眠の解消にもつながります。もし、精神的な問題がないのに電磁波を強く感じるかたは一度電磁波を測定することをおすすめします。

数値を正確に確認することで解決策が生まれる

電磁波による影響が人為的に行なわれている場合、測定だけでは解決しません。電磁波測定は「原因追及」であり探偵が行なう意味は、「加害者の特定」になります。

電磁波かもしれないなど確定要素がなくても「電磁波数値」を知ることで、ご自身が抱えている不安要素を取り除くことができます。

真実を知らなければ何も変わらない

対策案―低周波電磁波シールド材

電磁波

エプロンに使用

なかなか他の電磁波対策グッズでは叶えられないのが低周波からの電磁波対策でした。 しかし最近では、低周波電磁波シールド材が開発され、パソコンやIH調理機器周りなどの対策として主にエプロンの素材として使用されています。

研究結果により、低周波に効果があるとされています。料理をする女性の腹部周りを保護するものとしてエプロンとして用意されていると見ていいでしょう。

他に変電設備や分電盤の電磁波にも対応しますので、家庭内作業だけではなく仕事で作業する人用に作業服の裏地に加工するのも適しています。

効果は電磁波過敏症の人であれば、それなりの体感があるようです。低周波といってもエレクトロニクスハラスメントの場合、効果は一時的なものと考えてください。

対策案―高周波電磁波シールド材

あくまで電磁波過敏症の人用

たとえば高周波電磁波シールド材を使用したテントは携帯電話基地局や外部からの電波遮断に効果があるとされています。

しかし、エレクトロニクスハラスメント被害者に効果があるかというと、一軒家で地下室がなど場所によっては効果があるかもしれません。

ハードルが高いですが、軽減効果を期待するならありかもしれません。

ただし、他に原因がある場合、経済的にも精神的にもダメージを負ってしまうリスクがありますので、電磁波過敏症の人以外はお勧めできるとはいいがたいです。

対策案―素材の用途により保護ができる

全身を覆うことが可能であれば効果はある

現在では高機能の高周波(マイクロ波含む)、低周波、または広域にわたる電磁波を遮断する素材の製品が多く出回っており、素材の品質に信用できれば安価なもので試してみてもいいでしょう。

忘れないでいただきたいことは、エレクトロニクスハラスメントの場合、「死角」が発生します。

いくら保護材でくるんでも、リフォームをしても完璧に防ぐことは難しいと思ってください。軽減を期待するためであればおすすめできますが、完璧を求める場合おすすめしません。

では何がいいのかという話ですが、毎日10分は裸足を地面につけるアーシングが一番費用もかからず効率的ですのでお勧めします。

電磁波対策Q&A

Q

頭部を保護するタイプが多く出ていますが効果はありますか?

A

品質が保証された店舗での購入を推奨します。 信頼のおける素材を使用している正規販売店や代理店で購入すればある程度の効果が期待できます。電磁波過敏症であれば、グッズだけで症状が改善する方もいらっしゃいます。

Q

重度の電磁波過敏症ですが、なにかいい方法はありますか?

A

サプリメントの服用も効果的です。 電磁波過敏症への効果が期待されるサプリメントを開発する企業が増えています。アメリカでは、パパイヤ酵素が電磁波過敏傾向の人に効果があるとして、日本の研究機関が特許を取得しました。重度の方は、パパイヤ酵素のサプリなどをお試しされるのもいいかと思います。
ATPRESS:「電磁波過敏症の治療や認知症の発症予防に朗報! FPP(パパイヤ発酵食品)を用いた治療法が米国特許を取得」

Q

最初は効果を感じた「電磁波防御グッズ」の効果がなくなった気がします。

A

電磁波の回析現象が考えられます。 電磁波は空間を飛び交う「波」です。波は回析現象と呼ばれる性質を持ち、障害物を超えて回り込んできます。自宅内での電磁波対策の場合は、部屋全体を覆うほどの電磁波対策シートを施工しなければ十分な効果は得られません。また、電磁波対策グッズには眉唾物の偽商材も数多く存在しています。永続的に効果を実感できるものであれば本物の電磁波対策グッズと言えますが、プラシーボ効果による「電磁波が軽減された」と思い込んでしまい、効果が無くなったと誤認するケースもあるのです。通販サイトで品質や効果を確かめることは非常に困難であるため、アーシングを行なう方がより確実かもしれません。

探偵事務所が電磁波を測定する理由

電磁波測定はあくまで検出値が正常かどうかの「数値の確認」であり、数値に異常が認められた際に求められるのは、「誰が電磁波を発生させているのか」を特定することです。

原因不明の体調不良が続き、電磁波の影響をお疑いの方は、まず「電磁波の数値」を調べてみてはいかがでしょう。数値が正常値なら、電磁波の影響だと思っていた体調不良は気のせいかもしれません。

まず、電磁波について相談することから始めましょう。

電磁波被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、電磁波に関する質問や要望などのご相談が可能です。

    お名前 (必須) (匿名可)
    お住まい地域
    ご連絡先 (固定電話・携帯)
    メールアドレス (必須)
    現在の被害状況
    ※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
    現時点の情報
    ※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
    その他質問・要望
    希望予算 円くらい


    ※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

    嫌がらせ相談ランキング

    Ranking

    記事検索

    一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

    携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

    ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
    ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

    Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

    (C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

    pageTop