探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 電磁波攻撃┃集団ストーカー┃被害解決相談
公開日: 2019/08/31 最終更新日: 2019/08/30
探偵ニュース
 公開日: 2019/08/31 最終更新日: 2019/08/30

電磁波攻撃┃集団ストーカー┃被害解決相談

電磁波調査の案内ページです。相談、依頼の仕方など、電磁波対策が必要な場合の嫌がらせ調査に関する様々な知識、情報や、方法などをお伝えします。電磁波の被害でお困りな方は参考にしていただき、電磁波について初めてのご相談の方は、被害に対し科学的に被害を証明することが重要であることを知って頂ければと思います。

集団ストーカー電磁波被害解決相談窓口

電磁波を使った嫌がらせ

電磁波過敏症の原因

電磁波を使った嫌がらせとは、高周波、低周波、超音波など、様々な種類の電磁波をある人物に送り、その体調を狂わせるという嫌がらせです。では、強い高周波を浴びるとどのようになるかといいますと、体温の上昇、頭痛、耳鳴りのようなキーンとした音が聞こえる等が多く、低周波は、痺れ、むくみ、吐き気、めまいなどです。

高周波にも低周波にも共通の報告がありますが、心臓のドキドキ、めまいなどもあります。超音波を使った被害はあまりないと聞きますが、空気銃を当てられたような感覚があるといいます。近年「電磁波過敏症」という、身の回りの電気製品などに敏感に反応する体質の方もいらっしゃいますが、電磁波攻撃を受けますと、この三倍から五倍くらいの体の苦痛を感じると思います。

さらには、電磁波攻撃を長年受け続けると、「電磁波過敏症」になってしまう方もいますので、本当にやっかいな嫌がらせです。被害にあった場合はまず、専門機関に連絡して対策を行なってもらい、被害が終わったら「アーシング」をして体調を整えることが必要だと思います。アーシングはかなり効果があり、アーシングは基本的な健康管理のようなものなので、体調を整える意味でも必要な対策です。

電磁波攻撃を受けた影響

初期段階で対策を

「集団ストーカー」と「電磁波攻撃」は切っても切れない関係にあります。集団ストーカーにあってから他の被害者の被害報告を確認すると、必ずといっていい程、「電磁波攻撃をされています」という被害報告があります。よく出てくる話は、体の振動と「切り傷」ですが、強い電磁波を受け続けると、「電磁波過敏症」と「化学物質過敏症」も合併している場合があるため、おそらく「切り傷」は「化学物質過敏症」によるものだと思われます。

電磁波攻撃については、「二部屋から同時に電磁波を出し、交差した部分を被害者に向けて当てるパターンもある」との報告もあり、低周波攻撃の典型の「振動」に加えて、高周波攻撃の典型の「体温の上昇」もあります。このような被害に「もしかして」と気が付いた初期段階で専門家へ相談することを強くお勧めします。

高周波による被害

集団ストーカーによる電磁波攻撃の中で、高周波攻撃もあります。強い高周波を浴びると体温が上昇するというのは有名です。その他頭痛、キーンという音が聞こえる、心臓のドキドキなども報告があります。高周波の中には、超高周波(ミリ波6〜100G Hz)、極超短波〜マイクロ波(300M Hz〜6G Hz)、高周波ノイズ(数M Hz〜200M Hz)があり、高周波でノイズが発生します。

超高周波は波長が短く、体の表面に吸収されるようで、健康被害はまだわかっていません。極超短波〜マイクロ波は人体に吸収されやすいらしく、体への影響が大きいとあります。高周波ノイズはノイズの成分が体へ悪影響を及ぼすとあります。高周波の中にも種類があるということ、健康被害があるということ。

さらに健康被害には、目の痛み、耳の痛み、手のチクチク感、睡眠障害、倦怠感、鬱症状があり、長期間携帯電話を使うと発癌リスクがあります。だいたい一日30分間の通話で、10年後に発癌率が1.4倍だそうです。そして、デジタルの電波の方がアナログの電波より健康被害が大きく、健康被害があるということで、対策をきちんとして頂ければと思います。

電磁波と音波の関係

電磁波と音の被害について

電磁波と音波は別のものですが、両方自然界に存在するものです。音波は空気や物質などを伝わり、真空中は伝わらないとあり、電磁波は、空気中も真空も伝わるという性質があります。被害者の中には「集団ストーカー」に遭い「電磁波攻撃」を受けている時、頻繁にラップ音のようなビシッビシッという音を聞いたと報告があります。

電磁波攻撃をされているため、音の嫌がらせは「電磁波のようなもの」だと思っている方が多く、集団ストーカーがわざわざラップ音を特別に創って音の嫌がらせをしてきたとは考えないため、強い電磁波攻撃をすると、ラップ音も発生するということだと思い込ませる手法かと思っていて、音は別で調査する必要があると考えます。

ラップ音は心理的に不安にさせる効果があり、夜中にラップ音を聞くとなんともいえず不安になり「集団ストーカーは何か大きな目的があり、私につきまとっているんじゃないか」という妄想が膨らみます。集団ストーカーとは電磁波やつきまといを使って嫌がらせをしてくるというだけで、それ以上の目的はない。被害者の方は不安によって「敵」を大きくしないよう気をつけてください。

電磁波は周波数で種類が変わる

電磁波の種類について

周波数とは一秒間に繰り返し波打つ回数のことを言います。周波数が変わると電波から光、光から放射線線と呼び方が変わっていきます。 電波は300KHz〜300GHz、光は3THz〜30PHz、放射線は30PHz以上です。ちなみに電波の中に長波、中波、短波、超短波、マイクロ波、ミリ波があり、長波が船舶通信に使われ、マイクロ波が電子レンジや携帯電話に使われています。

周波数によって様々な体調の不調を故意に作りあげることができ、大切な会議やプレゼンの前後になると体調が悪くなるという傾向があれば、電磁波や低周波・マイクロ波などの超音波が異常に照射されてる可能性があります。

もし、このようなことが自宅や職場で起きてるのであれば、ワンボックスカーやワゴン車から照射を行ってる可能性があります。また、電波塔などが近くにあれば電波塔からの影響が強いので、職場の周囲に電波塔があるかどうか確認してみるのもいいかもしれません。

このような嫌がらせを一般に「エレクトロニックハラスメント」と呼ばれています。日本では馴染みがないエレクトロニックハラスメントは海外では問題視されてるハラスメントの種類で、アメリカでは電磁波などの異常な照射を州法のなかで禁止しています。

日本の場合、総務省が電波に関する管轄を行ってますがエレクトロニックハラスメントの対策は皆無に等しく放置したままの状態で、電波の規制を望む声がでています。話は脱線しましたが、自宅や職場の嫌がらせのなかにエレハラが隠れているかもしれませんので、その点も頭に入れおくと良いでしょう。

電磁波被害を相談しよう

<

嫌がらせ専門対策室とは

電磁波対策の依頼は必ず専門家にご相談ください

嫌がらせ専門対策の相談・調査依頼をお考えの方は、まず当サイトの(無料相談)のご利用を強くお勧めします。近年探偵事務所が激増していると言われています。しかし、それにもかかわらず、「調査の内容が不十分」など調査の品質についての不満や「高額な調査料金を請求された」など、良い探偵になかなか巡り会えないという相談が数多く寄せられています。電磁波対策は、浮気調査とは違い電磁波対策に関する専門知識と調査経験が必要とされますので、探偵社であればどこでも解決できるわけではありません。

難しい事件を歓迎します。

他社で断られた相談、解決できなかった電磁波対策を歓迎します。柔軟な思考と、証拠を発見する力に自信があるからです。ご相談には迅速な対応を心がけていますので、メールまたはお電話ください。きっとお力になれると思います。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop