探偵ニュース

Detective News

ホーム > 探偵ニュース > 「電磁波軽減対策」加害者を特定する前に必要なこと
公開日: 2019/05/25 最終更新日: 2019/05/16
探偵ニュース
 公開日: 2019/05/25 最終更新日: 2019/05/16

「電磁波軽減対策」加害者を特定する前に必要なこと

電磁波過敏症という症状がインターネット上で検索すると、かなり多くのキーワードがヒットする今日。集団ストーカーの被害者は、電磁波で攻撃されてるという事例が多く、「毎日頭痛がする」「体がピリピリする」どこからか火花が飛び散ってきたかのような静電気の痺れなど電磁波の強弱は人それぞれです。自分で機械を買って測定し加害行為を特定することは難しく専門家に相談することが一番の近道なのです。

しかし残念なことに、電磁波被害を相談すると総合失調症と判断されるさてしまう背景があるのも事実。私たちの力では、電磁波の攻撃を100%防御することは不可能なのですが、電磁波の攻撃から身を守るための防御策があります。被害の度合いや個人差もありますから、参考程度に見ていただけると幸いです。

電磁波軽減対策相談窓口

なぜ電磁波過敏症になるのか?

故意的に起こすアレルギー症状

集団ストーカー、テクノロジー犯罪被害者の共通してる点は「電磁波過敏症」にされてるということ。組織には電磁波を遠隔で被害者を照射する機材があるらしく、どこにいっても電磁波を照射される事例は多く報告が挙がっています。本来なら電磁波は人の体を通り抜けるはずなのに、集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害者に関しては、電磁波を体内に蓄電させられていると海外の被害者のブログに添付された画像が話題になっていますが情報操作も考えられます。近年では電磁波軽減対策の住宅があるほど、電磁波の影響で体調を崩してる人が多いのもネット社会が生んだ副産物だと言えます。

被害者が行ってる効果のある防御策

誰でも簡単にできる防御策

このページを見て頂いているみなさんが1番気になるのは電磁波攻撃の防御対策かと思います。電磁波の対策は人それぞれで効果が被害者の体質や被害状況によって違いがありますが、これは効果があったという防御策はありますので、参考にしてください。防御対策では解決には至らないとの意見もありますが、「加害行為をやめさせる」ために、まずは「自分を守る」ことで解決に向けた行動をおこせるのです。

室外に避難する

外に出ると電磁波の照射が軽減することがあるので、一旦外に避難する

代謝を上げる

汗をかくことで、体内にある異物を外に排出して電磁波の影響を受けないようにする。ストレッチしたり、軽く運動するとよい。※加害者は、被害者の代謝を下げるように加害行為をする傾向があります。

布団の周囲に備長炭を置く

備長炭が電磁波を軽減する効果は立証されており、被害者のブログにも備長炭の効果が紹介されています。もちろん。電磁波の攻撃を全て防御できるわけではありませんが、備長炭はマイナスイオンを発生する効果があり、安眠効果、血行促進、リラックス効果が期待されます。寝室の四隅に備長炭を置くと良いと被害者から報告がありました。

お風呂につかる、サウナに入る

電磁波は体内に侵入しても心配はする必要はありません。電磁波は水に溶けるというか弱いため、電磁波の攻撃がひどくなったらお風呂に浸かる被害者が多いです。湿気が多いところだと電磁波の影響が弱まるため、加湿器、家でミストサウナができる電化製品を使って、室内での電磁波を軽減できます。

岩盤浴で汗を大量に流す

集団ストーカー被害があるから外出できない被害者もいると思います。電磁波の攻撃がひどい被害者の大半は定期的に岩盤浴で大量の汗をかくと、すごく体が軽くなるし被害が軽減したという事例がたくさん挙がってきています。

エコロガの電磁波対策グッズ

電磁波の防御策でかなりの予算を費やした被害者が多いのも事実。一番高周波電磁波対策に効果があったと聞く、エコロガーのプラチナ300。カーテンの端切れを2枚購入して顔 頭 耳 を覆ったところ、耳鳴りが軽減、布自体に電磁波を吸収してるので、体のだるさは少なくなった声をよく聞きます。エコロガーの製品は被害者で愛用している方が多く、帽子、電磁波測定器が人気です。
エコロガはこちら

自然の力を使ってアーシングする

塩水、川の水、木など自然と触れ合うこと。つまり、自然の力でアーシングするのもおすすめです。被害の度合いで難しいかもしれませんが、海辺が近い方は塩水に足をつかったり、土があるところは裸足で地面につくというのもおすすめです。

以上が被害者が考えた防御策です。1番のポイントは、「体から電気を放電すること」「汗を流すこと」この2つをポイントとして対策を考えてみてください。

測定と調査で電磁波の数値を把握すること

現状を把握すること

電磁波での身体被害を立証することは今の警察や法律では難しく諦めてる被害者の方もいます。しかし、電磁波の異常に照射してるということは異常電波として数値が分かれば、物的証拠となり迷惑行為で立証できます。まずは、予算があれば電波法測定器を設置して自分なりに調べて、磁界を数値を確認すること。本格的な調査で、電磁波が照射されてる方角を把握し犯人を特定することを行います。

電磁波で攻撃するということは、「被害者を病気にさせること」、もしくは「精神疾患にさせて孤立させる」目的で、全て加害者側の都合で行います。そんな加害者に負けないために、私たちもお手伝い致しますので、被害の現状に絶望することなく前向きにいてほしいと願うばかりです。

解決手段をどう選択するか

この状況をどうしたいか?

様々な試行錯誤の中から、やはり具体的な手段をとらなければ・・・と考えた時には、あなたが今の状況をどのように解決したいのかという明確な目的が調査には必要になってきます。その上で、具体的な手段を考えることになります。でも、なかなか頭の中でまとまらなかったりしますので、メモのような形で文章化して少しずつ整理していきましょう。なんらかの行動を起こす前に、まずは冷静になって、状況を的確に把握することが大切です。そのためには、具体的に何をすればいいのかを、専門相談員と一緒に考えてみましょう。

電磁波測定調査料金について

電磁波測定調査料金のご説明

電磁波の測定料金で必ず確認すべき項目をご説明します。まずは、「目先の料金」に惑わされないことです。電磁波測定に関して一番重要なのが、「測定した時間帯に何も起こらなくて調査が終わってしまった」となるケースを避けなくてはなりません。たった1時間前後測定して「何もなかった」で何万円も負担することはあってはならないことです。

ストーカー・嫌がらせ専門窓口では、朝から深夜までの測定で料金の変動は一切ありません。加害者がいつくるかわからない恐怖に打ち勝つために、異常な電波を確認するまで室内から室外まで徹底的に測定調査を行います。

調査料金は全てコミコミです!

  • 報告書制作費用
  • 証拠写真・動画
  • 調査員の人件費
  • 調査機材代
  • 調査車両・交通費
  • その他・諸経費

※お見積りには諸経費も含まれます。お見積り以外での追加料金が掛かることはございません。
当対策窓口では、調査費用のお見積もりは直接面談させていただきお話しをお伺いした後にご提示いたします。

電磁波調査依頼方法

  • お問合せご相談

    1 お問合せご相談

    お電話をいただき、面談のご予約をお取りください年中無休 24時間(TEL 0120-862-506)お電話によるご相談やお見積りも可能です。お電話で面談のご予約をいただく際に、ご相談内容の概要をお伝えください。

  • ご面談ご検討

    2 ご面談ご検討

    ご予約いただいた日時にお越しいただき、専門スタッフとの面談相談をお受けいたします。ご相談に関連する資料がございましたら面談時にご持参下さい。探偵には守秘義務がありますので、お話しいただいた内容が外部に漏れることは絶対にありませんのでご安心ください。ご予約後、キャンセルの必要が生じた場合は、前日までにお電話にてご連絡ください。

  • ご依頼調査開始

    3 ご依頼調査開始

    相談の結果、アドバイスのみではなく、調査をご依頼をお受けする場合、着手金・実費等の調査費用についてもご説明のうえ、ご了解いただいた内容に基づいて委任契約書を取り交わします。調査委任契約書とは、ご依頼いただく探偵業務の内容、期間及び方法や調査結果報告の方法、資料の処分に関する事項、探偵業の委託に関する定め、探偵業務の対価などを明記した契約書で、依頼者と受任者が同一内容のものを1通ずつ保有します。

  • ご報告アフターケア

    4 ご報告&アフターケア

    証拠に自信があります!裁判にも有効な報告書をご提供いたします。顔がはっきりと映っている、きちんと証拠として使える報告書は高い評価をいただいております。調査後のサポートも充実。各専門家を紹介することも可能です。

まず、現状について相談することから始めましょう。

電磁波被害相談フォーム

現在お持ちのお悩み事、被害の状況、対策依頼に関する質問や要望などのご相談が可能です。

お名前 (匿名可)
お住まい地域
ご連絡先 (固定電話・携帯)
メールアドレス (必須)
現在の被害状況
※出来る限り詳しくお聞かせ下さい
現時点の情報
※今お持ちの情報をお聞かせ下さい
その他質問・要望
希望予算 円くらい

※docomo・au・softbankなどの携帯電話アドレスはドメイン指定設定により毎月10件以上の「送信エラー」が起こっているため、フリーメール(GmailやYahoo!mail)の利用をおすすめします。しばらく経っても返信が来ない方はお電話にてご確認くださいませ。

嫌がらせ相談ランキング

Ranking

記事検索

一人で悩んでもなにも解決しません…是非ご相談を!

携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506 携帯/PHS対応 24時間365日対応 0120-862-506

ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口ホットラインは24時間受付ております。電話相談は何度でも無料です。
ご相談の段階では匿名でのご相談が可能です。調査が必要かわからない方も気軽にお問合せ下さい。

Copyright(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口. All Rights Reserved.

(C) ストーカー・嫌がらせ対策専門窓口

pageTop